Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

Panel
borderColorsilver
bgColorwhite
title$IDP_HOME$/conf/global.xml

 ...

<bean id="shibboleth.FallbackLanguages" parent="shibboleth.CommaDelimStringArray" c:_0="#{'%{idp.ui.fallbackLanguages:}'.trim()}" />
<util<util:map idmap id="shibboleth.CustomViewContext">
    <entry key="OptionalAttributeFunction">
        <bean class="jp.gakunin.idp.consent.logic.impl.OptionalAttributeFunction" />
    </entry>
    <entry key="AttributeIntendedUseFunction">
        <bean class="jp.gakunin.idp.consent.logic.impl.AttributeIntendedUseFunction" p:defaultLanguages-ref="shibboleth.FallbackLanguages" />
    </entry>
</util:map>

...

$IDP_HOME$/system/conf/services-system.xmlに、以下の変更を行います。id="shibboleth.AttributeFilterService"bean定義の<constructor-arg name="strategy">を以下のように変更してください:

...

このルールは<PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeInMetadata">のように記述します。以下のオプショナルな属性を使用できます:

onlyIfRequired

必須とマークされた属性のみ送信を許可し、オプションとマークされたものは送信しないブーリアンフラグです。

デフォルト値は true です。

matchIfMetadataSilent

メタデータに <AttributeConsumingService> がない場合にオプションとマークするかどうかを決定するブーリアンフラグです。

デフォルト値は false です。

onlyIfChecked

オプションとマークされた属性の送信を利用者が許可/拒否できるかどうかを示すブーリアンフラグです。
false の時の動作は Shibboleth IdP 3.2.0 以降の AttributeInMetadata と同一になり、オプションとマークされた属性も必須とマークされた属性と同様にチェックボックスなしで表示されます。

デフォルト値は false です。 

AttributeInMetadataマッチファンクションを使用した<PermitValueRule>の書き方は下記のようになります:

...

この属性は<ResquestedAttribute>にて定義します:

uajpmd:description

属性の使用用途の文字列です。

uajpmd:descrptionを使用した<RequestedAttribute>の設定例:

...

<uajpmd:RequestedAttributeExtension>は以下の必須属性と一つ以上の<uajpmd:Description>と共に設定します:

uajpmd:FriendlyName関連づけたい<RequestedAttribute>FriendlyName属性の値です。

<uajpmd:Description>には属性の使用用途を記述します。<uajpmd:RequestedAttributeExtension>は以下の必須属性と共に設定します:

xml:lang

属性の使用用途の言語です。

<uajpmd:RequestedAttributeExtension>の設定例:

...