Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Reverted from v. 8
用語内容
CASCentral Authentication
Service。OSF
Service。GakuNin RDMのログインサーバを提供します。https://www.apereo.org/projects/cas
CDContinuous
Delivery。継続的デリバリー
Delivery。継続的デリバリー。
CeleryRabbitMQ から処理を取り出し実行するタスク管理機能を提供します。http://www.celeryproject.org/
CIContinuous
Integration。継続的インテグレーション
Integration。継続的インテグレーション。
CiNii Research検索基盤 CiNii Research。 http://
ci
cir.nii.ac.jp/
COSCenter for Open
ScienceDMPRoadmap研究データ計画管理システムDSDiscovery Service
Science。GakuNin RDMの元となったソフトウェアOSFを開発した機関です。
DS認証システムのIdP検索システム。Discovery Service。
Elasticsearch
OSF
GakuNin RDM 上でのユーザーの活動を記録・検索する全文検索エンジンを提供します。
ember
OSF における PREPRINTS 、 REGISTRIES 、 MEETINGS の機能を提供します。
GakuNin RDM におけるWebサービスの機能を提供します。
ePPNeduPersonPrincpalName (ePPN)
。ユーザーの識別子として利用します。
。学認のユーザーの識別子としてGakuNin RDMの認証システムで利用します。
GakuNin (Shibboleth)
学術機関からの認証として利用しています。
学術機関からの認証システムとしてGakuNin RDMで利用しています。https://www.gakunin.jp/
GakuNin RDM国立情報学研究所(NII)で開発している研究データ管理サービスです。
GalaxyGakuNin RDMのAdd on 経由で利用できるデータ処理ワークフロー。GRDM の shibboleth SP の entityIDhttps://accounts.rdm.nii.ac.jp/shibboleth-sp/ 通常のサービスの利用
https://admin.rdm.nii.ac.jp/shibboleth-sp/ 管理画面の利用
IaaSInfrastructure as a
Service
Service。
IdP
Identity Provider
認証システムのID管理システム。Identity Provider。
JAIRO Cloud公開基盤、JAIRO Cloud(WEKO3)。https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/page/42
JupyterHubGakuNin
RDMのAdd on 経由で利用できるデータ処理ワークフロー。LP-exam Pro 2不正画像検出プログラムmAPmember Attibute Provider
RDMのJupyterHubアドオン経由で利用できるデータ処理ワークフロー。
mAP認証システムのグループ管理機能。member Attribute Provider。
mAP Core
ポータルサービスであるクラウドゲートウェイにおけるグループ管理機能として利用しています。
学認クラウドゲートウェイにおけるグループ管理機能。
MFRModule File
Renderer。PDF ファイルの Web ページ上へのレンダリング機能を提供します。
Renderer。GakuNin RDM中に保存されているファイルをWeb ページ上でレンダリングする機能を提供します。
MongoDBShareJS による編集内容を管理する為のデータベースを提供します。
MTBFMean Time Between Failure。平均故障間隔MTTRMean Time To Repair。平均修復時間OFPFOpen Facility PlatForm。先端研究機器の共有化。
NII国立情報学研究所 (NII: National Institue of Informatics)
NIIストレージ
NIIが提供しているストレージ領域です。
NIIが提供している標準ストレージ領域です。
OSFOpen Science
Framework
Framework。GakuNin RDM ベースとなったOSSです。
OSF
GRDM Admin
OSF
GakuNin RDM の管理機能を提供します。
OSF
GRDM APIユーザーやプロジェクト、ファイルに対する操作といった
OSF
GakuNin RDM の内部的な処理を扱う API を提供
します。
OSF
GRDM Web
OSF
GakuNin RDM のフロントエンドとなる Web UI を提供します。
OSSopen-source software
PaaSPlatform as a Service
PostgreSQL
OSF
GakuNin RDM のメインデータベースとして利用します。
RabbitMQ
OSF
GakuNin RDM 内で発生する処理を非同期に実行するためのメッセージキューを提供します。http://www.rabbitmq.com/
RIMSRIMS: Research Integrity Management System。全論文データの登録・保管・公開を支援するフレームワークの開発。
SaaSSoftware as a service
ShareJSプロジェクトの Wiki における共同編集機能を提供します。https://github.com/share
SP
Service Provider
認証システムにおけるアプリケーション(サービス)側を指します。Service Provider。
unoconvUniversal Office Converter。アップロードされた各種ドキュメントについて MFR を通してレンダリングできるよう PDF へ変換する機能を提供します。
UPKI
電子証明書発行サービス
NIIが提供する電子証明書発行サービス。 https://certs.nii.ac.jp/
WaterButler
OSF
GakuNin RDM で使用するファイルサーバ機能を提供します。
WEKO公開基盤(機関リポジトリ)。http://weko.at.nii.ac.jp/。
タイムスタンプトークンTST(Time Stamp Token)。時刻認証局でタイムスタンプリクエストにデジタル署名を行います。
タイムスタンプリクエスト時刻認証局に、データのハッシュ値を送ります。
マルチクラウドファイルマネージャー複数のクラウドストレージをまとめてファイル管理ができるファイルマネージャーです。
拡張ストレージ機関毎に準備したストレージ領域(クラウド/オンプレミス)をGakuNin RDMから利用できます。
学認技術ガイドhttps://www.gakunin.jp/technical/
管理画面
GRDM では、機関のユーザーに対して利用可能な GRDMの機能に対し一部制限をおこなう、また利用統計情報を参照する等の機能を利用するための管理画面を用意しています。
GakuNin RDM では、機関のユーザーに対して利用可能な GakuNin RDMの機能に対し一部制限をおこなう、また利用統計情報を参照する等の機能を利用するための管理画面を用意しています。
こちらを利用になるためには通常のサービスとは別に設定をいただく必要があります。
機関ストレージ機関のシステム管理者がいずれかのオブジェクトストレージを学内の標準ストレージとして1種類指定します。プロジェクト開始時に自動的にストレージをマウントします。NIIストレージは併用できません。
機関利用のための管理機能
機関の管理者による組織内のRDMサービスのカスタマイズを行う機能です。
機関の管理者により組織内のRDMサービスのカスタマイズを行う機能です。
研究データ共有機能学認による認証とグループ管理でデータ共有を行う機能です。
研究証跡の保存機能時刻認証事業者のタイムスタンプでファイルの存在を証明する機能です。GakuNin RDMを介さないデータの操作や内容変更を検知します。研究代表者や機関管理者が研究証跡を一元的に管理できます。
時刻認証局TSA ( Time Stamp Authority )
NII RDC
研究データ基盤。NII
NIIが提供する研究データ基盤。NII Research Data Cloud。
RDM
研究データ管理。RDM:research
研究データ管理。RDMはresearch data
management。
managementの略です。
文献管理アドオン

GakuNin RDM のadd on 機能からMendeley/Zoteroサービスをご利用いただけます。

プロジェクト
GakuNin RDMのいちばん大きな単位。実験、ラボ、論文等の単位で作成される。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360019737594-Create-a-Projectクォータ

quota設定により、ユーザごとあるいはグループごとのディスク容量の制限をかけることができます。

コンポーネントプロジェクトの下に作成できるサブプロジェクト。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360019737614-Create-Componentsプライベートコンポーネント自分がメンバーでないコンポーネント。プロジェクト管理者管理者権限では、読込み/書込み、メンバーの管理、プロジェクトの削除と登録が可能です。メンバーの追加マウント外部サービスをGakuNin RDMに連携させること。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360055351493-Add-onsチェックサム(MD5/SHA2)ファイルが同一であることを調べる方法。OSFのファイルバックアップについてはこちらを参照ください。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360019737894-FAQs#Backup-Preservation-Policy書誌ステータスプロジェクトの引用時に表示/非表示されること。メンバーメニューより設定できます。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360019737774-Edit-Contributor-Permissionsフォークプロジェクトとその配下のコンポーネントのコピーを作成します。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360019737914-Fork-a-Projectリンク

プロジェクトをリンクさせることでコンポーネントから関連プロジェクトを紐づけることができます。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360019930313-Link-to-a-Project

アクセスリクエストプロジェクトメンバー外のユーザーはプロジェクトの閲覧権限をリクエストすることができます。https://help.osf.io/hc/en-us/sections/360003569234-Requesting-accessWikiGakuNin RDMのアプリケーションとして提供されているコンテンツ管理システム。Wikiの設定 Wikiページの編集 Wikiページの追加・削除・ページ名変更 Wikiページの履歴 https://help.osf.io/hc/en-us/sections/360003569274-Wikiコメント設定 > コメント よりコメントの投稿設定が可能です。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360019737434-Comment-on-a-Projectメール通知各ユーザーは自身のアカウント設定画面よりアクションがあった際のメール通知を設定できます。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360019738034-Add-a-New-Email-Address-to-Your-Accountリダイレクトリンク設定 > リダイレクトリンク より 訪問者をプロジェクトページから外部Webページにリダイレクトすることが可能です。https://help.osf.io/hc/en-us/articles/360019737934-Add-a-Redirect-Link