meatwiki メンテナンスのお知らせ

システムメンテナンスのため、7/20(土) 09:00-17:00 は、本Wikiをご利用いただけません。ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

Shibboleth IdP V5.0.0では、attribute-resolver.xmlにてeduPersonTargetedID属性を生成するSAML2NameIDの削除は見送られたため、Shibboleth IdP V4と同様にeduPersonTargetedID属性を生成して送信することが可能です。

ログについて若干誤解を招く表現があるようです。V4にて上記SAML2NameIDの使用がある場合は

書式設定済み
DEPRECATED xsi:type 'SAML2NameID', (file [/opt/shibboleth-idp/conf/attribute-resolver.xml]): This will be removed in the next major version of this software; replacement is (none)

のようにログに出力されますが実際には削除されておらず、V5でも従来通り動作します。なお現在でも削除対象ではありますが、V5では以下のように若干表現が緩められたログが出力されます。

書式設定済み
DEPRECATED xsi:type 'SAML2NameID', (file [/opt/shibboleth-idp/conf/attribute-resolver.xml]): This feature is at-risk for removal in a future version

install.shのコマンドラインオプション

install.shのコマンドラインオプションとして -D... の指定ができなくなりましたので、V5では以下の手順で実行してください。

...