Child pages
  • 11.データコンバータ

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Comment: Migrated to Confluence 5.3

Table of Contents

 

SWORDクライアントは、WEKOへのデータ一括登録をすべてWindowsアプリケーション上で行いますが、アップロード(デポジット)処理をWebブラウザで行うこともできます。

このデータコンバータは登録対象データをWEKOの一括登録用の形式に変換します。変換したデータはWEKOの画面からアップロードすることで、一括登録ができます。

11.1.起動

Windowsスタートメニューから、「すべてのプログラム」⇒「SwordClientForWeko」⇒「WekoDataConveterApp」をクリックします。

 

 

データコンバータが起動します。

 

11.2.コンバート

入力メタデータの「選択」ボタンをクリックし、コンバートを行うメタデータファイルを選択します。

変換フィルタのコンボボックスから、選択したメタデータファイルに対応するフィルターを選択します。

「データ変換」ボタンをクリックします。

※チェックボックス「Regist UTF-8 Server」は、zipファイルを作成する際、ファイル名をUTF8でエンコードするか否かという設定です。LinuxはUTF8ですので、Linuxサーバに上げる場合はここにチェックを入れます。

 

 

処理結果が表示されます。

「閉じる」ボタンをクリックして終了します。

 

 

WEKOのインポート機能で利用可能なzipファイルが作成されます。

 

11.3.インポート

WEKOに主担以上の権限を持つユーザでログインします。

WEKOの右上にある「編集」リンクをクリックします。

※NetCommonsのテーマによっては「編集」リンクが表示されない場合があります。その場合は、モジュール名にカーソルを合わせることでレンチのアイコンが表示されますので、そのアイコンをクリックしてください。

 

 

「インポート」タブをクリックします。

 

 

アイテムを登録するインデックスをインデックスツリーから選択します。

インポートするアイテムの「参照」ボタンをクリックし、インポートファイル(11.2.で作成したZIPファイル)を選択します。

「インポート」ボタンをクリックします。

 

 

インポート完了画面が表示され、指定したインデックス以下にアイテムが登録されます。