Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

  • デプロイされている uApprove.jp-2.2.1 を削除します。

  • 設定ファイルは新しい設定ファイルを使用し、カスタマイズします。

    Tip

    新しいToUはカスタマイズ可能なHTMLファイルであり、uApprove.jp 2.2.1 の ToU XML からプレーンな HTML ファイルにコピーするだけで使用できます。

  • uajpmf:AttributeUapprove マッチングルールは使用できません。
    uajpmf:AttributeInMetadata を使用したルールに書き換えてください。4.7 AttributeInMetadataマッチングルールを参照してください。

    Expand
    title書き換えのヒント...
    Tip
    1. メタデータに <RequstedAttribute> として宣言されている属性は isRequired 属性に従い、 true の場合は必須、 false の場合はオプショナルに、<RequstedAttribute> として宣言されてない属性およびそもそもメタデータに <AttributeConsumingService> がない場合は非表示とするルールは下記の通り書き換えできます。

      uApprove.jp 2.2.1 uApprove JP 2.5.0
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeUapprove"
                      isApproved="true" requestedOnly="true" />
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeInMetadata" onlyIfChecked="true"
                       onlyIfRequired="false" matchIfMetadataSilent="false" />
    2. メタデータに <RequstedAttribute> として宣言されている属性は isRequired 属性に従い、 true の場合は必須、 false の場合はオプショナルに、メタデータに <AttributeConsumingService> がない場合もオプショナルとするルールは下記の通り書き換えできます。ただし、メタデータに <AttributeConsumingService> があるがその中で <RequstedAttribute> として宣言されていない属性は、 uajpmf:AttributeUapprove ではオプショナルとなりますが uajpmf:AttributeInMetadata では非表示となります。

      uApprove.jp 2.2.1 uApprove JP 2.5.0
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeUapprove"
                       isApproved="true" requestedOnly="false" />
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeInMetadata" onlyIfChecked="true"
                       onlyIfRequired="false" matchIfMetadataSilent="true" />
    3. メタデータに <AttributeConsumingService> が含まれる場合に適用するポリシーは一対一の書き換えができないため、 が含まれる場合のみに適用されるポリシーが記述されている場合、一対一の書き換えができないため、 <PolicyRequirementRule><basicbasic:ANY> として、各ルールでは ANY として、当該ポリシー内の各ルールでは <AttributeConsumingService> が含まれない場合の挙動も考慮し matchIfMetadataSilent に反映させてください。

      uApprove.jp 2.2.1 uApprove JP 2.5.0

      <PolicyRequirementRule xsi:type="uajpmf:AttributeUapprove" />
      <AttributeConsumingService> が含まれる場合にマッチする

      <PolicyRequirementRule xsi:type="basic:ANY" />

      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeUapprove"
                       isApproved="true" requestedOnly="false" />
      かつ他のルールで <AttributeConsumingService> が含まれない場合に非表示としている場合
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeInMetadata" onlyIfChecked="true"
                       onlyIfRequired="false" matchIfMetadataSilent="false" />
      ※ただし2※ただし上記2.の場合と同じく、<AttributeConsumingService>が存在しかつ同要素中に<RequstedAttribute>として宣言されていない属性に対する挙動が変化する(オプショナル→非表示)ことにご注意ください。
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeUapprove"
                      isApproved="true" requestedOnly="true" />
      かつ他のルールで <AttributeConsumingService> が含まれない場合に非表示としている場合
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeInMetadata" onlyIfChecked="true"
                       onlyIfRequired="false" matchIfMetadataSilent="false" />
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeUapprove"
                      isApproved="true" requestedOnly="true" />
      かつ他のルールで <AttributeConsumingService> が含まれない場合にオプショナルとしている場合
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeInMetadata" onlyIfChecked="true"
                       onlyIfRequired="false" matchIfMetadataSilent="true" />
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeUapprove"
                      isApproved="true" requestedOnly="true" />
      かつ他のルールで <AttributeConsumingService> が含まれない場合に必須としている場合
      <PermitValueRule xsi:type="uajpmf:AttributeInMetadata" onlyIfChecked="false"
                       onlyIfRequired="false" matchIfMetadataSilent="true" />
      ※ただしisRequired="false"の属性に対する挙動が変化する(オプショナル→必須)ことにご注意ください。
      ※上記の場合の挙動を非表示にするには onlyIfRequied="true" としてください。
    4. メタデータに <AttributeConsumingService> が含まれない場合のみに適用されるポリシーが記述されている場合も上記3.と同様の対処が必要になります。 <PolicyRequirementRule>basic:ANY として、当該ポリシー内の各ルールでは <AttributeConsumingService> が含まれる場合の挙動も考慮し matchIfMetadataSilent に反映させてください。
    Info

    上記表の斜体の属性はデフォルト値であるため実際の設定では記載していないことが多い。

...