Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

属性用途
o (organization)機関を識別するため。(必須)
eduPersonTargetedID

利用者を識別するため。(必須)

eduPersonAffiliation

教職員・学生を識別したID発行のため。(選択)

eduPersonEntitlement機関管理者権限の確認。(選択)

eduPersonTargetedID: 個人識別のための属性として必須となります。なお、eduroam 利用者に対するインシデントが発生した場合、eduPersonTargetedID に基づいて利用者を特定して頂くことになりますので対応関係の記録などのご配慮をお願い いたします。個人識別のための属性として必須となります。利用者がログインすると、eduPersonTargetedIDのハッシュ値部分がログインIDとしてサイト上に表示されます。
なお、eduroam 利用者に対するインシデントが発生した場合、eduPersonTargetedID に基づいて利用者を特定して頂くことになりますので対応関係の記録などのご配慮をお願いいたします。(Shibboleth IdPの場合の参考情報

eduPersonAffiliation: 教職員(faculty/staff)と学生(student)の識別に利用します。学生については、学生に対するアカウント発行可否、最長有効期限が適用されるとともに、ビジターアカウントの発行ができません。また、機関管理者からの操作による、年度更新確認の対象となります。属性情報がメンバー(member)または無指定(値なし)の場合は、ビジターアカウントの発行はできませんが、学生としての制限(発行可否、最長有効期間制限、年度更新確認)も適用されません。なお、属性値はシステム内には記憶されず、ログインするたびに参照され、その属性値に従った制限が適用されます。

...