下記メールでご案内の通り今月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。ご不明点等ございましたら、お問い合わせ先までご連絡ください。
[upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

改版履歴

版数

日付

内容

担当

V.1.0

2015/4/1

初版

NII

V.1.1

2016/12/26

認証局「NII Open Domain S/MIME CA」の追加に伴う修正

NII

V2.0

2018/2/26

対応環境をMicrosoft Office Outlook 2013以上に変更

NII

V.2.12019/8/9暗号化アルゴリズムを[3DES]から[AES(256-bit)]に変更NII


目次
1. S/MIME証明書のインストール手順
1-1. 動作環境について
1-2. 前提条件
1-3. インストール手順
2. デジタル署名付きメールの送信
2-1. デジタル署名付きメールの送信手順
2-2. 送信したデジタル署名付きメールの確認手順

...

証明書のインストール手順

  1. Microsoft Office Outlookより[ファイル]タブを押してください。


  2. [Outlookのアカウント情報]画面が表示されますので、[オプション]を押してください。

     
  3. [Outlookのオプション]画面が表示されますので、[セキュリティセンター]を選択し、[セキュリティセンターの設定(T)]を押してください。

     
  4. [セキュリティセンター]画面が表示されますので、[電子メールのセキュリティ]を選択してください。
    [送信メッセージにデジタル署名を追加する(D)]と[署名されたメッセージを送信する際は、クリアテキストで送信する(T)]にチェックをし、[設定(S)]を押してください。


  5. [セキュリティ設定の変更]画面が表示されますので、[セキュリティ設定名(S)]に任意の文字列を入力してください。
    [この暗号化メッセージ形式の既定のセキュリティ設定として使用する(T)]と[すべての暗号化メッセージの既定のセキュリティ設定として使用する(M)]にチェックをし、[選択(C)]を押してください。

     
  6. [Windowsセキュリティ]画面が表示されますので、S/MIME証明書を選択し、[OK]を押してください。

     
  7. [ハッシュアルゴリズム(A)]より[SHA256]、[暗号化アルゴリズム(L)]より[3DESAES(256-bit)]を選択し、[署名済みメッセージで証明書を送信する(E)]にチェックをし、[OK]を押してください。
    Image Removed Image Added
    ※[ハッシュアルゴリズム(A)]はご利用の環境に合わせて選択してください。

  8. [OK]を押してください。

     
  9. [OK]を押してください。


    以上でS/MIME証明書のインストールは完了です。

...