下記メールでご案内の通り今月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。ご不明点等ございましたら、お問い合わせ先までご連絡ください。
[upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Child pages
  • はじめに -登録担当者用 支援システム操作手順書について-

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

改版履歴

版数

日付

内容

担当

V.1.1

2014/12/22

初版

NII

V.1.2

2015/2/13

誤植の修正
利用管理者情報更新申請ファイル中の制限追記

NII

V.1.3

2015/4/1

サーバ証明書の発行・更新機能の修正
クライアント証明書の発行・更新・失効機能の追加
コード署名用証明書の発行・更新・失効機能の追加

NII

V.1.4

2015/12/11

全角文字使用可能文字の範囲を追記
Firefox操作時の条件を追記

NII

V.1.5

2016/4/21

誤植の修正

NII

V.1.6

2016/12/26

有効期限切れ間近の証明書更新の運用を修正
連絡先電話番号の修正

NII

V.1.7

2017/2/28

コード署名用証明書のダウンロード種別P12を削除

NII

V.1.8

2017/7/25

ホップアップメッセージの修正

NII

V.2.0

2018/2/26

SHA-1に関する記述削除
WindowsVistaの設定削除
発行証明書統計照会の説明追記

NII

V.2.12018/3/26用語変更(事務局 ⇒ サービス窓口 )NII
V.2.22018/7/9タイムスタンプURL画面の追加NII
V.2.32019/9/10Keygen廃止に伴う情報の追記NII


目次
1. 本書の範囲
2. 登録担当者初期設定
2-1. 登録担当者用証明書取得までの概要
2-2. 登録担当者用証明書取得事前準備
2-2-1. 証明書取得URLの通知
2-2-2. アクセスPINの取得
2-3. 登録担当者用証明書取得
2-3-1. Internet Explorer(OS:windows10)での登録担当者用証明書取得手順
2-3-2. Firefoxでの登録担当者用証明書取得手順
3. 本システムへのログインと使い方
3-1. 証明書申請手続き概要
3-2. ログイン方法
3-3. 本システムの画面の解説
3-4. ログアウト方法

...


ここでは「Firefox(OS:windows10)」での証明書取得について記述します。

Info

<Firefoxでのブラウザ発行につきまして>

 Firefoxは2019年9月3日リリースのバージョン69以降、Keygenが廃止されます。 それにともない、UPKI電子証明書発行サービスでは、Firefoxでのブラウザ発行ができなくなります。  
Firefoxでのブラウザ発行をご希望の場合は、Firefox 68 ESRのご利用をお願いいたします。
 
Firefox ESRは、約1年に1回の間隔で最新のブラウジング機能やパフォーマンス向上に更新されるため、
Firefox 68 ESRにてご利用いただける期間は、2019年7月9日から約1年後までの期間となります。
 
Firefoxの延長サポート版(ESR)_Mozillaページ
https://www.mozilla.jp/business/
 
なお、Internet Explorerを使用する場合、ブラウザ発行は継続してご利用いただけます。

Firefox(OS:Windows10での登録担当者用証明書発行手続き

本システムを実際に利用するブラウザを「既定のブラウザ」と指定しておくことで クライアント認証(アクセス不可等)の失敗を防ぐことができます。
本書では、証明書取得前に以下の設定を行うことを推奨しています。
ブラウザより[メニュー]→[オプション]をクリック、 [一般]タブで[起動]-[Firefoxを既定のブラウザに設定する(D)]をクリックしてください。


  1. 「2-2-1. 証明書取得URLの案内メール受信」の指示に従って、メールに記述された証明書取得URLにアクセスしてください。アクセスPINの入力画面が表示されますので、「2-2-2. アクセスPINの取得」で受け取ったアクセスPINを入力してください。

    ≪新規/紛失による証明書取得の場合≫
    デジタル証明書の選択画面が表示される場合は、キャンセルしてください。


    ≪有効期限切れ間近の証明書更新の場合≫
    登録担当者用証明書を既に取得しており、証明書を更新する場合は、現在使用中の証明書の選択画面に表示されますので選択してください。




  2. アクセスPINの認証が成功しましたら、鍵長を選択する画面に遷移します。鍵長を選択してください。鍵長は高強度の暗号化を選択後、[発行]を選択してください。


  3. 証明書の発行が成功すると、以下のポップアップが表示されますので、[OK]を選択してください。


  4. 証明書受け取り画面に遷移しますので、実際に登録担当者用証明書が使用しているブラウザに入っているか確認します。詳細はこちらの「証明書の存在確認手順」をご参照ください。[囲み線①]のリンク先に表示された手順に従い、証明書マネージャダイアログを開き、証明書名([囲み枠②]内の一番下部の記述)が[登録担当者 氏名ローマ字]であり、発行者名([囲み枠②]内の証明書名の一つ上の記述)が[National Institute of Informatics]であることを確認後、[OK]を選択してください。
    ※[囲み線①]のリンク先に記載の操作を行うと[囲み線②]のような画面が表示され登録担当者用証明書がダウンロードできていることを確認できます。
    ※証明書名は実際の画像と異なります。


    <実際にダウンロードされた登録担当者用証明書>


    証明書選択画面が表示されない場合は以下の設定が必要です。
    [ツール]-[オプション]をクリック、[プライバシーとセキュリティ]-[セキュリティ]で[証明書]-[サーバが個人証明書を要求したとき]のチェックボックスを[毎回自分で選択する(A)]にします。

  5.  

  6. 証明書の確認画面に遷移しますので、Webページの手順に従い、ブラウザのSSL状態クリアを行ってください。その後、Webページに記載されているURLを選択し、本システムにログインできることを確認してください。


  7. ログインできることを確認したら、[閉じる]を選択してログアウトしてください。

...