Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

サービス名称英語名称Webサイト

サービス解説

学認GakuNinhttps://www.gakunin.jp/

日本における学術認証フェデレーションです。

サービス利用機関はIdPを構築し、学認に参加することで、様々なサービスをシングルサインオンで利用することができます。
サービス提供機関はSPを構築し、学認に参加することで、学認参加IdP保有機関にサービスを提供することができます。

特徴として、ID/パスワードなどのクレデンシャルの入力による認証は、IdPのみで完結し、SPに対してはSPの要求する必要なデータのみを送ることが挙げられます。
これにより、サービス利用側はユーザのIDやパスワードを直接サービスに入力する必要がなく、全てのSPを同一のIDとクレデンシャルで利用できます。またサービス提供側も利用者のアカウント管理コストが低減できます。

学認申請システムGakuNin Registration Systemhttps://office.gakunin.nii.ac.jp/学認への参加申請や、登録情報の変更申請を行うSPです。参加申請時には自機関のIdPが使えないため、OpenIdPのアカウントを取得してアクセスすることで利用できます。証明書の更新や担当者の交代、eduGAINへの参加なども申請項目として準備されています。
学認DSGakuNin DShttps://ds.gakunin.nii.ac.jp/学認が提供するCentral Discovery Serviceです。標準的なIdP/SP間の認証連携では、SPへのアクセス時に、一旦DSへと遷移することで、ユーザの所属する機関のIdPをリストから選択します。
学認mAPGakuNin mAP
→学認クラウドゲートウェイサービス
学認連携クライアント証明書発行システム
提供準備中

Shibboleth IdPで認証したユーザを対象に、UPKIのクライアント証明書(個人認証用およびS/MIME証明書)を発行するSPです。

UPKI電子証明書発行サービス利用機関であり、かつ、学認に参加するか、Shibboleth IdPを運用している機関が利用できます。

各機関ごとに構築が必要です。

学認連携 Moodle 講習サイトhttps://security-learning.nii.ac.jp/


2.学認クラウド 

サービス名称英語名称Webサイト

サービス解説

学認クラウドGakuNin Cloudhttps://cloud.gakunin.jp/

国立情報学研究所では、クラウドの導入を検討されている大学・研究機関等への情報提供やコンサルティング、研究や教育でクラウドを利活用するためのツールの提供等、クラウドの導入から利活用までを幅広く支援するサービスを展開しています。「学認クラウド」は、これらの支援サービス群の総称で、現在、以下のサービスを提供しています。

学認クラウド導入支援サービス

GakuNin Cloud Adoption Support Service

https://cloud.gakunin.jp/cas/


学認クラウド導入支援サービスは、大学・研究機関がクラウドを導入・利用するための情報提供やコンサルティングサービスであり、大学・研究機関に対して、以下を実施します。

  • クラウド利活用セミナーやスタートアップガイドによる情報提供
  • 個別相談、ワークショップ等による参加機関への導入支援・情報提供
  • 大学等がクラウドを導入する際のチェックリストを策定
  • クラウドプロバイダが自社サービスに関して回答したチェックリストを検証し参加機関に提供

学認クラウドゲートウェイサービス

GakuNin Cloud Gateway Service

https://cloud.gakunin.jp/cgw/

ゲートウェイサービスは、研究・教育活動に必要な各種クラウドや電子ジャーナル等のオンラインサービスにワンストップでアクセスするためのポータルです。大学・研究機関に所属する人は、ゲートウェイサービスにログインするだけで、所属機関が機関契約を行っているサービスならびにグループで利用しているサービスなどに素早く、簡単に、アクセス可能となります。自分が利用できるサービスが一目でわかり、ワンクリックでそのサービスへ移動することができます。

学認クラウドオンデマンド構築サービス

GakuNin Cloud On-demand Configuration Service

https://cloud.gakunin.jp/ocs/

学認クラウドオンデマンド構築サービスは、研究・教育活動に必要な計算機環境をクラウド上に容易に構築できるサービスです。本サービスにログインし、テンプレートを選択して起動することで、クラウドの計算資源やストレージ資源を構築することができます。また、テンプレートにはアプリケーションの実行環境の構成方法も記述することができます。つまり、必要な時に、必要な資源量の、必要な機能(アプリケーション)を持ったクラウド環境を容易に構築できます。利用機関とクラウドプロバイダの間はVPNにより安全に接続します。また、一部のクラウドプロバイダについてはSINETクラウド接続サービスを利用した高速・安定・安全な直接接続ができます。

...