Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

# cd /root/PKG

IdP v3.4へのアップグレード
# tar xzvf shibboleth-identity-provider-3.4.?.tar.gz
# cd shibboleth-identity-provider-3.4.?

IdP v4.0へのアップグレード

# tar xzvf shibboleth-identity-provider-4.0.?.tar.gz
# cd shibboleth-identity-provider-4.0.?

# ./bin/install.sh -Didp.conf.filemode=640 -Didp.conf.credentials.filemode=640


以降は、IdP4へのアップグレード時にJava11とTomcat9をインストールする手順となります。以降は、IdP4へのアップグレード時の手順となります。
※インストール自体は、基礎編でも記載されています。インストール自体は、基礎編に記載されている手順に沿って行います。
 → IdP v4インストール(基礎編)

ここには、TomcatからJettyに切り替えるための事前に行っておく手順を記載します。

・Tomcat 7のアンインストール

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

# yum remove tomcat

...

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

# yum remove java-1.8.0-openjdk

...


・httpdの再起動とTomcatの起動を行います。(すでにJettyが起動している場合はstopしてから行ってください)

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

#

yum install java-11-openjdk java-11-openjdk-devel

・Tomcat 9のインストール

現在CentOS 7環境のため標準パッケージにはないので、Apache Software Foundationが配布するTomcatパッケージを使用します。
パッケージは、以下のように/root/PKG配下に配置しています。

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid
# cd /root/PKG
# tar zxv -C /usr/share -f apache-tomcat-9.?.??.tar.gz
# rm -rf /usr/share/tomcat
# ln -s /usr/share/apache-tomcat-9.?.?? /usr/share/tomcat

・起動スクリプトの配置

Info

ここで使用する起動スクリプトは、基礎編のインストール手順で配布しているものと同一です。

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid
# cp /root/GETFILE/tomcat.service /etc/systemd/system

・自動起動の設定

以下のコマンドで自動起動設定を有効にします。

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

...

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid
#

systemctl

enable tomcat
補足:
以下のコマンドで自動起動設定を無効にすることができます。
# systemctl disable tomcat

・所有者、パーミッションの設定

以下のコマンドでその他Tomcat関連の設定ファイルやディレクトリの所有者、パーミッションを設定します。

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid
# chown -R tomcat:tomcat /usr/share/tomcat/{temp,logs,work}
# chown tomcat:tomcat /usr/share/tomcat/webapps
# chmod +t /usr/share/tomcat/webapps
# chmod go+rx /usr/share/tomcat/conf

# chgrp tomcat /usr/share/tomcat/conf/*.*
# chmod g+r /usr/share/tomcat/conf/*.*
# mkdir -p /usr/share/tomcat/conf/Catalina/localhost
chgrp -R tomcat /usr/share/tomcat/conf/Catalina
chmod -R g+r /usr/share/tomcat/conf/Catalina
chmod -R +t /usr/share/tomcat/conf/Catalina
# chgrp -R tomcat /usr/share/tomcat/{bin,lib}

・profileの修正

/etc/profile.d/java-tomcat.sh を以下の内容で修正します。

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java #export MANPATH=$MANPATH:/usr/java/default/man CATALINA_HOME=/usr/share/tomcat CATALINA_BASE=$CATALINA_HOME PATH=$JAVA_HOME/bin:$CATALINA_BASE/bin:$CATALINA_HOME/bin:$PATH export PATH JAVA_HOME CATALINA_HOME CATALINA_BASE

追加した環境変数を読み込みます。

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid
 # source /etc/profile

・tomcatの設定

旧tomcatのバックアップから設定を戻しますが、ここではインストール時と同様な修正を行います。
$CATALINA_BASE/conf/server.xmlを下記のように修正します。
他の用途で使用する予定がなければConnector port="8080"をコメントアウトしてください。

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

<!--
<Connector port="8080" protocol="HTTP/1.1"
connectionTimeout="20000"
redirectPort="8443" />
-->

Connector port="8009"に以下のように追加してください。

Panel
borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

<Connector port="8009" protocol="AJP/1.3" redirectPort="8443"
enableLookups="false" tomcatAuthentication="false" address="127.0.0.1" maxPostSize="100000" />

・jstl-1.2.jar について

jstl-1.2.jarは、予め「/root/PKG」配下にあります。
IdP v4では、edit-webapp/ 配下に配置し、idp.warに含めます。
また、旧環境で使用した不要なファイルを削除します。

...

borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

...

・idp.warの登録

${CATALINA_BASE}/conf/Catalina/localhost/idp.xml という新規ファイルを以下の内容で作成し、idp.warをTomcatが認識できるようにします。

...

borderColor#cccccc
bgColor#eeeeee
borderStylesolid

...

# systemctl restart httpd # systemctl start tomcatjetty


...

3. 手順書

まず、下記「IdP v3アップデートに関する情報」の「2.アップデート手順」にてIdP v3.4で動作できるところまで進めます。

...