Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

English / 日本語

このページは、授業・セミナー等でNIIのオンライン分析システムを利用する学生・受講者の方向けの情報をまとめています。

できること

  • Jupyter Notebook と RStudio の分析環境をブラウザ上で利用できます。
    • 自分のパソコンに分析環境をインストールする必要がありません。
  • 分析環境には、講師が作成したプログラム、データファイル、依存パッケージ等が含まれています。
    • パッケージを追加でインストールしたりする必要がありません。

アカウント要件

本システムを利用するには、ご自身の所属機関(大学等)のアカウントか、OpenIdP のアカウントが必要です。講師の指示に従って適切なアカウントをご利用ください。

OpenIdP を初めて使う方は OpenIdP の使い方 を参照してください。

分析環境の使い方

  1. 講師から伝えられた URL をブラウザで開きます。
  2. 所属機関の選択で、ご自身の所属機関または OpenIdP を選び、[選択] ボタンをクリックします。
  3. ご自身の所属機関または OpenIdP のアカウントで認証します。
  4. 自分用の分析環境が新たに作られます。
  5. Files の右側にある New → RStudio をクリックします。RStudio が新しいタブで開きます。



  6. 講師の指示に従って RStudio を使いましょう。

手順1.で URL を開くたびに新たな分析環境が作られる点に注意してください。つまり、この URL を2回開いたら、受講者は2個の分析環境を持つことになります。ひとりの受講者が最大20個の分析環境を持つことができます。

作業を終えたら、変更したファイルを保存してブラウザを閉じます。ブラウザを閉じても分析環境は失われません。

以前に作った自分用の分析環境で作業を再開するには

  1. https://jupyter.cs.rcos.nii.ac.jp/ をブラウザで開きます。
  2. Named Servers の下にある URL をクリックします。複数の分析環境を作った場合、それぞれの URL が表示されます。

不要な分析環境を削除するには

  1. https://jupyter.cs.rcos.nii.ac.jp/ をブラウザで開きます。
  2. 右側の [stop] ボタンをクリックし、しばらく待ちます。
  3. 右側に現れる [delete] ボタンをクリックします。

分析環境の作り方

講師が作った分析環境とは別に、独自の分析環境を本システム上に作ることができます。詳しくは Binder のドキュメントを参照してください。URL の "https://mybinder.org/" を "https://binder.cs.rcos.nii.ac.jp/" に置き換えると、NII のオンライン分析システム上に環境が作られます。

サンプルとして以下のリポジトリがあります。

問い合わせ先

国立情報学研究所 オープンサイエンス基盤研究センター
オンライン分析システム担当 藤原一毅 <cs-support@nii.ac.jp>