Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

A. 機関管理者の機能を有効にする(管理者権限になる)ためには、利用申請システムからサービスのご登録を行う必要がございます。学認LMSサービスのご利用申請後、オプション機能として情報セキュリティ講座の「受講履歴取得機能」をお申込みいただくことで、学認LMSログイン時に機関管理者の機能をお使いいただけるようになります。

 お申込みに関する詳細情報は、以下をご参照ください。お申込みに関する詳細情報は、以下をご参照ください。
 <学認LMSユーザサポートサイト 利用申請方法><学認LMSユーザサポートサイト 利用申請方法>
https://meatwiki.nii.ac.jp/confluence/pages/viewpage.action?pageId=67617611

...

A. 学認LMSは2021年6月より正式運用となりました。これに伴い、試行期間から学認LMSをご利用いただいていた機関様にも、改めて新しい利用申請システムに最初の手順からお申込みをお願いしています。
まずは下記URLより「コミュニティサポート by JPCOAR and NII」の「システム利用申請」をお願いします。
https://community.nii.ac.jp/s/user-account-application
なお、申請に際しては、これまでご担当いただいていた前任の方の情報を入力する必要はなく、新しい担当者の情報をご入力ください。
「システム利用申請」完了後、「コミュニティサポート by JPCOAR and NII」 にログインしていただき、学認LMSの「サービス申請」を実施していただきます。
 
 「サービス申請」の手順については下記URLのマニュアルをご覧ください。「サービス申請」の手順については下記URLのマニュアルをご覧ください。
https://ap5.salesforce.com/sfc/p/#7F0000001aZU/a/7F000001r9YN/q45nCf9dCtB1iOT1cElzWtUL8oZYAz9h.SjSs7r1DKo

...

A. 大学等の高等教育機関に該当しない場合は、前提条件となる学認への加盟条件が満たせないこととなり、機関としてはご利用いただけません。代替手段としては、OpenIdPにて個人単位でアカウントをご取得いただくことで、学認LMSにログインできるようになります。個人単位での利用のため、同機関ユーザの受講管理等、学認LMSのオプション機能はお使いいただけませんが、「倫倫姫の情報セキュリティ教室」コース等を個人で学習いただくことは可能となります。


OpenIdP
https://openidp.nii.ac.jp/

...