メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

  attribute-resolver.xml ファイルの変更

0.事前準備

 デフォルトの /opt/shibboleth-idp/conf/attribute-resolver.xml をテンプレートで差し替え、下記にしたがい修正してください。 

 


1.属性の定義部分を、以下の例に従い有効にします

各属性の定義方法はここを参照下さい。

(1) eduPersonPrincipalNameを有効とする例:

    <!-- Attribute Definition for eduPersonPrincipalName -->
    <!-- --> ← コメント終了を追加して、以下を有効とします
    <resolver:AttributeDefinition xsi:type="ad:Scoped" id="eduPersonPrincipalName" scope="%{idp.scope}" sourceAttributeID="uid">
      scopeはidp.propertiesを参照するので設定不要です。
       
sourceAttributeIDにLDAP内の属性名を設定します。 
        <resolver:Dependency ref="myLDAP" />
        <resolver:AttributeEncoder xsi:type="enc:SAML1ScopedString" name="urn:mace:dir:attribute-def:eduPersonPrincipalName" encodeType="false" />
        <resolver:AttributeEncoder xsi:type="enc:SAML2ScopedString" name="urn:oid:1.3.6.1.4.1.5923.1.1.1.6" friendlyName="eduPersonPrincipalName" encodeType="false" />
    </resolver:AttributeDefinition>
    <!-- --> ← コメント開始を追加して、上記を有効とします
 

  
(2) eduPersonEntitlementのurn:mace:dir:entitlement:common-lib-termsを有効とする例:

    <!-- Attribute Definition for eduPersonEntitlement -->

    <resolver:AttributeDefinition xsi:type="ad:Simple" id="eduPersonEntitlement" sourceAttributeID="eduPersonEntitlement">
        <resolver:Dependency ref="staticEntitlementCommonLibTerms" />
        <resolver:AttributeEncoder xsi:type="enc:SAML1String" name="urn:mace:dir:attribute-def:eduPersonEntitlement" encodeType="false" />
        <resolver:AttributeEncoder xsi:type="enc:SAML2String" name="urn:oid:1.3.6.1.4.1.5923.1.1.1.7" friendlyName="eduPersonEntitlement" encodeType="false" />
    </resolver:AttributeDefinition>
    <!-- --> ← コメント開始を追加して、上記を有効とします
    <!-- Static Connector for eduPersonEntitlement (common-lib-terms) -->
    <!-- --> ← コメント終了を追加して、以下を有効とします
        <resolver:DataConnector id="staticEntitlementCommonLibTerms" xsi:type="dc:Static">
        <dc:Attribute id="eduPersonEntitlement">
            <dc:Value>urn:mace:dir:entitlement:common-lib-terms</dc:Value>
        </dc:Attribute>
    </resolver:DataConnector>
    <!-- -->
 ← コメント開始を追加して、上記を有効とします

※属性値としてcommon-lib-terms以外を送信する場合は、しかるべき人にそのような値を生成するDataConnectorを用意し、上記5行目にDependencyとして追加してください。

 

 


2.利用するコネクタを設定します

 現在学認で配布しているバージョンでは ldap.properties を参照するようになっていますので、ここで設定することは特にありません。
 LDAPコネクタの有効化のみ実行してください。

   <!--Example LDAP Connector -->
   (中略)
    <!-- --> ← コメント終了を追加して、以下を有効とします
    <resolver:DataConnector id="myLDAP" xsi:type="dc:LDAPDirectory"
        ldapURL="%{idp.attribute.resolver.LDAP.ldapURL}"
        baseDN="%{idp.attribute.resolver.LDAP.baseDN}"
        principal="%{idp.attribute.resolver.LDAP.bindDN}"
        principalCredential="%{idp.attribute.resolver.LDAP.bindDNCredential}"
        useStartTLS="%{idp.attribute.resolver.LDAP.useStartTLS:true}">
        <dc:FilterTemplate>
            <![CDATA[
                %{idp.attribute.resolver.LDAP.searchFilter}
            ]]>
        </dc:FilterTemplate>
    </resolver:DataConnector>
    <!-- -->
 ← コメント開始を追加して、上記を有効とします

※ attribute-resolver.xmlに記述する内容に '&' や '<' を含む場合は '&amp;' や '&lt;' のように記述してください。逆にldap.propertiesに記述する場合はそのまま記述してください。
  → meatwiki:GakuNinShare:トラブルシューティング

ComputedIdやStoredIdのコネクタも同様ですが、sourceAttributeやsaltは saml-nameid.properties ファイルを参照するようになっていますので、そちらで設定してください。また、直上の %{idp.persistentId.sourceAttribute} という疑似属性定義も有効化することを忘れないでください。
その他詳細はテンプレートファイル中のコメントをご参照ください。

Previous Page Parent Page Next Page

  • ラベルなし