Skip to end of metadata
Go to start of metadata

metadata-providers.xml ファイルの変更 

メタデータの自動ダウンロードやローカルのメタデータを参照するためにmetadata-providers.xml ファイルを変更します。

実習セミナー内のDSサーバからメタデータをダウンロードする設定を行います。

以下のアドレスをダウンロード先に設定してください。
https://ex-ds.gakunin.nii.ac.jp/fed/ex-fed-metadata.xml

1. 証明書の設定

/opt/shibboleth-idp/credentialsにメタデータの署名検証用証明書をコピーします。 

# cp /root/GETFILE/ex-fed.crt /opt/shibboleth-idp/credentials/

  「/root/GETFILE」に取得したex-fed.crtをコピー

2. metadata-providers.xml の設定

/opt/shibboleth-idp/conf/metadata-providers.xml ファイルを以下のように編集します。 

The EntityRoleWhiteList saves memory by only loading metadata from SAML roles
that the IdP needs to interoperate with.
-->

<!--
 --> ← コメントアウト解除

<MetadataProvider id="HTTPMetadata"
                  xsi:type="FileBackedHTTPMetadataProvider"
                  backingFile="%{idp.home}/metadata/gakunin-metadata-backing.xml"
                  metadataURL="https://ex-ds.gakunin.nii.ac.jp/fed/ex-fed-metadata.xml">

<MetadataFilter xsi:type="SignatureValidation" certificateFile="%{idp.home}/credentials/ex-fed.crt" />
<MetadataFilter xsi:type="RequiredValidUntil" maxValidityInterval="P15D"/>
                                      ↑「30」から、「15」に変更
<MetadataFilter xsi:type="EntityRoleWhiteList">
  <RetainedRole>md:SPSSODescriptor</RetainedRole>
</MetadataFilter>
</MetadataProvider>

<!-- --> ← コメントアウト解除

※端末のサイズによっては表記がずれる可能性がございます。画面を広くしてご覧ください。



 

  Parent Page Next Page


  • No labels