下記メールでご案内の通り今月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。ご不明点等ございましたら、お問い合わせ先までご連絡ください。
[upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Child pages
  • コード署名用証明書管理手順
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

改版履歴

版数

日付

内容

担当

V.1.1

2014/12/22

初版

NII

V.1.2

2015/2/13

誤植の修正
利用管理者情報更新申請ファイル中の制限追記

NII

V.1.3

2015/4/1

サーバ証明書の発行・更新機能の修正
クライアント証明書の発行・更新・失効機能の追加
コード署名用証明書の発行・更新・失効機能の追加

NII

V.1.4

2015/12/11

全角文字使用可能文字の範囲を追記
Firefox操作時の条件を追記

NII

V.1.5

2016/4/21

誤植の修正

NII

V.1.6

2016/12/26

有効期限切れ間近の証明書更新の運用を修正
連絡先電話番号の修正

NII

V.1.7

2017/2/28

コード署名用証明書のダウンロード種別P12を削除

NII

V1.8

2017/7/25

ホップアップメッセージの修正

NII

V2.0

2018/2/26

SHA-1に関する記述削除
WindowsVistaの設定削除
発行証明書統計照会の説明追記

NII

V2.12018/7/9メールテンプレートにおけるLの修正とSTの追記NII


目次
1. コード署名用証明書管理手順
1-1. コード署名用証明書新規発行
1-1-1. 利用管理者による鍵ペア・CSRの作成
1-1-2. 利用管理者によるコード署名用証明書新規発行申請TSVファイル作成
1-1-3. TSVファイルの受け取り及び審査
1-1-4. コード署名用証明書新規発行申請TSVファイルのアップロード
1-1-5. ダウンロード完了通知メール受信
1-2. コード署名用証明書更新発行
1-2-1. 利用管理者による鍵ペア・CSRの作成
1-2-2. 利用管理者によるコード署名用証明書更新申請TSVファイル作成
1-2-3. TSVファイルの受け取り及び審査
1-2-4. コード署名用証明書更新申請TSVファイルのアップロード
1-2-5. ダウンロード完了通知メール受信
1-3. コード署名用証明書失効
1-3-1. 利用管理者によるコード署名用証明書失効TSVファイルの作成
1-3-2. TSVファイルの受け取り及び審査
1-3-3. コード署名用証明書失効申請TSVファイルのアップロード
1-3-4. コード署名用証明書失効完了メール受信
1-4. コード署名用証明書情報取得
1-4-1. コード署名用証明書情報取得手順

1. コード署名用証明書管理手順

本章では、サービス参加機関の利用管理者に配付するコード署名用証明書の発行・更新・失効及び管理を行う登録担当者の操作方法について記述します。
サービス参加機関の利用管理者からコード署名用証明書の発行要求があり、コード署名用証明書の新規発行が必要な場合は「1-2. コード署名用証明書新規発行」を行ってください。
既にコード署名用証明書を本システムから発行していて、有効期間が切れるコード署名用証明書の更新、失効された証明書の再発行を行う場合は「1-3. コード署名用証明書更新発行」を行ってください。
コード署名用証明書の失効を行う場合は「1-4. コード署名用証明書失効」を行ってください。

手続きの種別

手続きを行う主な機会

新規証明書発行
(1-1.コード署名用証明書新規発行)


新規にコード署名用証明書の発行を必要とする場合。

コード署名用証明書の記載内容(主体者DN)を変更する場合。

証明書更新発行
(1-2.コード署名用証明書更新発行)



コード署名用証明書の記載内容(主体者DN以外)を変更する場合。

コード署名用証明書を、継続利用したい場合。

失効されたコード署名用証明書の再発行を行う場合。

証明書失効
(1-3.コード署名用証明書失効)

コード署名用証明書が不要になった場合や秘密鍵が危殆化した場合。


1-1. コード署名用証明書新規発行


以下に記述する手続きにより、コード署名用証明書の新規発行を行います。

コード署名用証明書新規発行

【利用管理者→登録担当者】
①コード署名用証明書を申請する際に必要となる鍵ペア及びCSRの作成を行います。(1-1-1に記載)
②コード署名用証明書新規発行申請TSVファイルを作成します。TSVファイルに①で生成したCSRを貼り付けます。(1-1-2に記載)

【登録担当者作業】
③コード署名用証明書新規発行申請TSVファイルを利用管理者から受け取ります。利用管理者からTSVファイルを受け取るときには、利用管理者の本人確認を行ってください。(1-1-3に記載)
④コード署名用証明書新規発行申請TSVファイルのアップロードを行ってください。(1-1-4に記載)

【利用管理者作業】
⑤コード署名用証明書発行受付通知メール受信を受信します。
・ コード署名用証明書発行受付通知メールの情報を元に、利用管理者用証明書取得URLにアクセスします。
・ コード署名用証明書のダウンロード。

【登録担当者作業】

⑥ダウンロード完了通知メール受信。(1-1-5に記載)


1-1-1. 利用管理者による鍵ペア・CSRの作成

利用管理者はコード署名用証明書の発行申請を行うため事前に鍵ペア及びCSRの作成を行います。

1-1-2. 利用管理者によるコード署名用証明書新規発行申請TSVファイル作成

利用管理者は、コード署名用証明書新規発行申請TSVファイルを作成します。
作成したTSVファイルを登録担当者宛にメールで送付します。

1-1-3. TSVファイルの受け取り及び審査

登録担当者は、利用管理者からコード署名用証明書新規発行申請TSVファイルを受領します。その際、各機関の定められた手続きに従い利用管理者の本人性・実在性を審査してください。

1-1-4. コード署名用証明書新規発行申請TSVファイルのアップロード

「1-1-3. TSVファイル受け取り及び審査」で受け取ったTSVファイルを本システムへアップロードしてください。アップロードする方法を以下に記述します。

コード署名用証明書新規発行申請手続き

  1. コード署名用証明書の[発行・更新・失効]を選択してください。


  2. コード署名用証明書 発行・更新・失効画面が開きましたら、処理内容で[コード署名用証明書 発行]を選択してください。


  3. 証明書発行種別が決まりましたら、処理中にエラーが発生した場合の支援システムの動作について選択し、チェックを入れてください。選択できる動作は以下の2つとなります。

         全件処理を中断する・・・申請データに1件でもエラーがあった場合すべての申請を取りやめる。
        入力値不備のないデータのみ登録する・・・申請データにエラーがあった場合、エラーがあったデータのみ申請を無視して処理を続行する。

    ※ アップロードを行うTSVファイルの管理を容易にするために、通常は「全件処理を中断する」を 選択することを推奨致します。

    処理中のエラー動作内容を選択後、[参照]を選択して「1-1-3. TSVファイル受け取り及び審査」で受け取ったTSVファイルを選択し、[アップロード]を選択してください。

  4. アップロードを押すと、審査項目がポップアップされますので、各項目を確認後、問題がなければ[OK]を選択してください。


  5. 下記画面が表示されれば、コード署名用証明書新規発行申請は完了です。


  6. TSVファイルにエラーがある場合は、以下のようにエラー内容が表示されますので、エラーの内容を確認し、TSVファイルの修正を利用管理者に依頼して、修正を行った上で再度アップロードを行ってください。



  7. アップロード終了後、[ログアウト]を選択し、本システムを終了してください。


1-1-5. ダウンロード完了通知メール受信


コード署名用証明書新規発行依頼者である利用管理者がコード署名用証明書のダウンロードを行った場合、本システムより、登録担当者宛にダウンロードが完了したことを通知するメールが自動送信されます。このメールは、電子署名されています。

コード署名用証明書ダウンロード完了通知メール

【件名】
コード署名用証明書取得通知

【本文】

・・・・・
貴機関利用管理者の方がコード署名用用証明書の取得を完了致しましたので、
下記の通り連絡をさせていただきます。

                                          

【対象証明書DN】 
-------------------------------------------- 
CN=test1.example.ac.jp 
O=testkikan 
L=Chiyoda-ku
ST=Tokyo 
C=JP 
--------------------------------------------


【対象証明書シリアル番号】

・・・・・

一定期間がたってもダウンロード完了通知メールが受信されない場合は、該当の利用管理者へ電話にて連絡を行い、状況を確認してください。


1-2. コード署名用証明書更新発行

コード署名用証明書更新

【利用管理者→登録担当者】
①コード署名用証明書を申請する際に必要となる鍵ペア及びCSRの作成を行います。(1-2-1に記載)
②コード署名用証明書更新申請TSVファイルを作成します。TSVファイルに①で生成したCSRを貼り付けます。(1-2-2に記載)

【登録担当者作業】
③コード署名用証明書更新申請TSVファイルを利用管理者から受け取ります。利用管理者からTSVファイルを受け取るときには、利用管理者の本人確認を行ってください。(1-2-3に記載)
④コード署名用証明書更新申請TSVファイルのアップロードを行ってください。(1-2-4に記載)

【利用管理者作業】
⑤コード署名用証明書更新受付通知メール受信を受信します。
・ コード署名用証明書更新受付通知メールの情報を元に、利用管理者用証明書取得URLにアクセスします。
・ コード署名用証明書のダウンロード。

【登録担当者作業】 

⑥ダウンロード完了通知メール受信。(1-2-5に記載)


1-2-1. 利用管理者による鍵ペア・CSRの作成

利用管理者はコード署名用証明書の更新申請を行うため事前に鍵ペア及びCSRの作成を行います。

1-2-2. 利用管理者によるコード署名用証明書更新申請TSVファイル作成

利用管理者は、コード署名用証明書更新申請TSVファイルを作成します。
作成したTSVファイルを登録担当者宛にメールで送付します。

1-2-3. TSVファイルの受け取り及び審査

登録担当者は、利用管理者からコード署名用証明書更新申請TSVファイルを受領します。その際、各機関の定められた手続きに従い利用管理者の本人性・実在性を審査してください。

1-2-4. コード署名用証明書更新申請TSVファイルのアップロード

「1-2-3. TSVファイル受け取り及び審査」で受け取ったTSVファイルを本システムへアップロードしてください。アップロード方法に関しましては「1-1-4. コード署名用証明書新規発行申請TSVファイルのアップロード」をご確認ください。

コード署名用証明書更新申請手続き

  1. コード署名用証明書更新申請TSVファイルのアップロード時、[コード署名用証明書 更新]を選択してください。


1-2-5. ダウンロード完了通知メール受信

コード署名用証明書更新依頼者である利用管理者がコード署名用証明書のダウンロードを行った場合、本システムより、登録担当者宛にダウンロードが完了したことを通知するメールが自動送信されます。このメールは、電子署名されています。

コード署名用証明書ダウンロード完了通知メール

【件名】
コード署名用証明書取得通知

【本文】

・・・・・
貴機関利用管理者の方がコード署名用用証明書の取得を完了致しましたので、

下記の通り連絡をさせていただきます。

【対象証明書DN】 

-------------------------------------------- 

CN=test1.example.ac.jp 
O=testkikan 
L=Chiyoda-ku
ST=Tokyo 
C=JP 

--------------------------------------------
【対象証明書シリアル番号】

・・・・・

一定期間がたってもダウンロード完了通知メールが受信されない場合は、該当の利用管理者へ電話にて連絡を行い、状況を確認してください。

1-3. コード署名用証明書失効


以下に記述する手続きにより、コード署名用証明書の失効を行います。

登録担当者用証明書取得手続き概要

【利用管理者作業】

①コード署名用証明書失効申請TSVファイルを作成します。(1-3-1に記載)

【登録担当者作業】

②コード署名用証明書失効申請TSVファイルを利用管理者から受け取ります。利用管理者からTSVファイルを受け取るときには、利用管理者の本人確認を行ってください。(1-3-2に記載)

③コード署名用証明書失効申請ファイルのアップロード。(1-3-3に記載)

④コード署名用証明書失効完了通知メール受信。(1-3-4に記載)


1-3-1. 利用管理者によるコード署名用証明書失効TSVファイルの作成

利用管理者は、コード署名用証明書失効TSVファイルを作成します。
利用管理者は、作成したTSVファイルを登録担当者宛にメールで送付します。

1-3-2. TSVファイルの受け取り及び審査

登録担当者は、利用管理者からコード署名用証明書失効申請TSVファイルを受領します。その際、各機関の定められた手続きに従い利用管理者の本人性・実在性を審査してください。
コード署名用証明書失効申請TSVファイルは登録担当者操作端末の適切な場所に保存します。
尚、コード署名用証明書失効申請TSVファイルの「失効対象証明書シリアル番号」項目の調べ方については「1-4. コード署名用証明書情報取得手順」に記載しています。

1-3-3. コード署名用証明書失効申請TSVファイルのアップロード

証明書の失効処理を実施する必要がある場合は、以下の手続きを実施してください。

コード署名用証明書失効申請手続き

「1-3-2. TSVファイル受け取り及び審査」で受け取ったTSVファイルを本システムへアップロードしてください。本システムへのアップロード時、[コード署名用証明書 失効]を選択してください。


以下の画面が表示されたら失効申請が終了です。登録担当者と利用管理者宛に失効完了通知メールが送信されます。


1-3-4. コード署名用証明書失効完了メール受信

コード署名用証明書の失効を行った場合、本システムより、登録担当者と利用管理者宛に失効完了通知メールが送信されます。このメールは、電子署名されています。

コード署名用証明書失効完了通知メール

【件名】
コード署名用用証明書失効完了通知

【本文】
・・・・・
下記コード署名用証明書の失効が完了致しましたので、
連絡をさせていただきます。

                                       

【失効証明書DN】 
-------------------------------------------- 
CN=test1.example.ac.jp 
O=testkikan 
L=Chiyoda-ku
ST=Tokyo 
C=JP 
--------------------------------------------


【失効証明書シリアル番号】 
xxxxxxxxxx


【失効理由】 
その他

・・・・・


1-4. コード署名用証明書情報取得

コード署名用証明書の情報取得について説明します。

主な利用用途

  1. 過去に申請したコード署名用証明書発行・失効・更新履歴や処理状況を知りたい場合。
  2. コード署名用証明書の更新・失効に当たり、旧コード署名用証明書のシリアル番号を確認したい場合。
  3. 過去に申請したCSR一式、あるいは過去に発行されたコード署名用証明書一式を取得したい場合。
  4. 各コード署名用証明書の利用管理者情報を知りたい場合。


1-4-1. コード署名用証明書情報取得手順

コード署名用証明書取得手順について説明します。
※取得したファイルの中身については「支援システム操作手順書 / 登録担当用 / その他 -利用管理者情報、TSVファイル形式-」 2.本システムで扱うファイル形式 を参照してください。

コード署名用証明書情報取得方法

[証明書一括ダウンロード]を選択し、コード署名用証明書 証明書情報一括ダウンロード画面で[ダウンロード]を選択してください。



  • No labels