2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Child pages
  • はじめに -登録担当者用 支援システム操作手順書について-
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

改版履歴

版数

日付

内容

担当

V.1.1

2014/12/22

初版

NII

V.1.2

2015/2/13

誤植の修正
利用管理者情報更新申請ファイル中の制限追記

NII

V.1.3

2015/4/1

サーバ証明書の発行・更新機能の修正
クライアント証明書の発行・更新・失効機能の追加
コード署名用証明書の発行・更新・失効機能の追加

NII

V.1.4

2015/12/11

全角文字使用可能文字の範囲を追記
Firefox操作時の条件を追記

NII

V.1.5

2016/4/21

誤植の修正

NII

V.1.6

2016/12/26

有効期限切れ間近の証明書更新の運用を修正
連絡先電話番号の修正

NII

V.1.7

2017/2/28

コード署名用証明書のダウンロード種別P12を削除

NII

V.1.8

2017/7/25

ホップアップメッセージの修正

NII

V.2.0

2018/2/26

SHA-1に関する記述削除
WindowsVistaの設定削除
発行証明書統計照会の説明追記

NII

V.2.12018/3/26用語変更(事務局 ⇒ サービス窓口 )NII
V.2.22018/7/9タイムスタンプURL画面の追加NII
V.2.32019/9/10Keygen廃止に伴う情報の追記NII


目次
1. 本書の範囲
2. 登録担当者初期設定
2-1. 登録担当者用証明書取得までの概要
2-2. 登録担当者用証明書取得事前準備
2-2-1. 証明書取得URLの通知
2-2-2. アクセスPINの取得
2-3. 登録担当者用証明書取得
2-3-1. Internet Explorer(OS:windows10)での登録担当者用証明書取得手順
2-3-2. Firefoxでの登録担当者用証明書取得手順
3. 本システムへのログインと使い方
3-1. 証明書申請手続き概要
3-2. ログイン方法
3-3. 本システムの画面の解説
3-4. ログアウト方法

1. 本書の範囲

本書では以下(a、b、c、d、e、f)の作業について記述します。

マニュアル名

作業名

証明書自動発行支援システム操作手順書 (登録担当者用)

a.登録担当者用証明書の取得について

b.登録担当者が実施する本システムへのサーバ証明書の管理について

c.登録担当者が実施する本システムへのクライアント証明書の管理について

d.登録担当者が実施する本システムへのコード用証明書の管理について

e.登録担当者が実施する本システムへの利用管理者情報の管理について

f.登録担当者が本システムで扱うファイル形式について

証明書自動発行支援システム操作手順書(利用管理者用)

g.利用管理者が実施する本システムへのサーバ証明書発行申請・取得について(「支援システム操作手順書 / 利用管理者用」 2.サーバ証明書管理手順 に記載)

h.利用管理者が実施する本システムへのサーバ証明書更新申請・取得について(「支援システム操作手順書 / 利用管理者用」 3.クライアント証明書管理手順 に記載)

i.利用管理者が実施する本システムへのサーバ証明書失効申請について(「支援システム操作手順書 / 利用管理者用」 4.コード署名用証明書管理手順 に記載)

j.本システムへの証明書アップロードフォーマットについて(「支援システム操作手順書 / 利用管理者用」 5.本システムで扱うファイル形式 に記載)

サーバ証明書インストールマニュアル※1

k.CSRと鍵ペアの作成方法について

l.サーバ証明書のインストール方法について

クライアント証明書インストールマニュアル※2

m.Webブラウザへの証明書(P12)インストール手順について

n.Webブラウザへインストールされた証明書(P12ファイル)の確認手順について

o.S/MIME証明書インストール手順について

p.デジタル署名付きメールの送信について

コード署名用証明書利用マニュアル※3

q.CSRと鍵ペアの作成方法について

r.コード署名用証明書のインストール方法について

s.コード署名用証明書を利用する手順について

※1 以下のマニュアルを総称して「サーバ証明書インストールマニュアル」と呼びます。
・証明書自動発行支援システム サーバ証明書インストールマニュアル はじめに -サーバ証明書インストールマニュアルについて-
・証明書自動発行支援システム サーバ証明書インストールマニュアル Apache(mod_ssl)編
・証明書自動発行支援システム サーバ証明書インストールマニュアル IBM HTTPServer編
・証明書自動発行支援システム サーバ証明書インストールマニュアル IIS7.5編
・証明書自動発行支援システム サーバ証明書インストールマニュアル IIS8.0・IIS8.5編
・証明書自動発行支援システム サーバ証明書インストールマニュアル IIS10.0編
・証明書自動発行支援システム サーバ証明書インストールマニュアル OpenLDAP編
・証明書自動発行支援システム サーバ証明書インストールマニュアル Tomcat編
・証明書自動発行支援システム サーバ証明書インストールマニュアル Nginx編


※2 以下のマニュアルを総称して「証明書インストールマニュアル」と呼びます。
・Webブラウザへのインストールマニュアル はじめに -Webブラウザへのインストールマニュアルについて-
・Webブラウザへのインストールマニュアル Internet Explorer・Edge・Chrome・Opera編 (Windows)
・Webブラウザへのインストールマニュアル Safari・Chrome・Opera編 (macOS)
・Webブラウザへのインストールマニュアル Firefox編 (Windows・macOS)
・Webブラウザへのインストールマニュアル Android編
・Webブラウザへのインストールマニュアル iOS編
・メーラーへのSMIME証明書インストールマニュアル はじめに -メーラーへのS/MIME証明書インストールマニュアルについて-
・メーラーへのSMIME証明書インストールマニュアル Microsoft Office Outlook編
・メーラーへのSMIME証明書インストールマニュアル Mozilla Thunderbird編
・メーラーへのSMIME証明書インストールマニュアル Apple Mail編


※3 以下のマニュアルを総称して「コード署名用証明書利用マニュアル」と呼びます。
・コード署名用証明書利用マニュアル はじめに -コード署名用証明書利用マニュアルについて-
・コード署名用証明書利用マニュアル 鍵ペアの生成とCSRの作成~ 証明書の申請から取得まで
・コード署名用証明書利用マニュアル Windows用(.exe,.cab,.dll)形式編
・コード署名用証明書利用マニュアル Windows PowerShell用スクリプト形式編
・コード署名用証明書利用マニュアル JAVA .jar形式編
・コード署名用証明書利用マニュアル Adobe AIR形式編
・コード署名用証明書利用マニュアル VBAマクロ形式編
・コード署名用証明書利用マニュアル Android用 .apk形式編


2. 登録担当者初期設定

本章では、登録担当者が本システムにログインするための証明書(以下、「登録担当者用証明書」)の取得方法、ログイン方法および登録担当者の操作画面について記述します。
本システムを利用するにあたって事前に以下のことを準備頂く必要があります。

事前確認事項

  1. 所属機関がサービスに参加していること。
    (サービスの参加状況につきましてはサービス窓口までお問い合わせください)
  2. 登録担当者用証明書取得URLの案内メールを受信していること。


以下に、登録担当者用証明書の取得方法について記述します。

2-1. 登録担当者用証明書取得までの概要

登録担当者用証明書取得手続き概要

≪新規/紛失による証明書取得の場合≫

①本システムから証明書取得URLを記述したメールが登録担当者宛に送信されます。受信したメールに記載された内容に従い、サービス窓口へ電話にて連絡を行ってください。(2-2-1に記載)

②サービス窓口へ電話し本人性確認後、アクセスPINをFAX又は郵送にて取得することができます。(2-2-2に記載) ※アクセスPIN:証明書取得URLにアクセスするためのパスワード

③①で受信したメールに記載されている証明書取得URLへアクセスしてください。(2-3に記載)

④アクセス後、②で受け取ったアクセスPINを入力してください。

⑤アクセスPINが正しければ証明書の発行・ダウンロードが開始されます。

≪有効期限切れ間近の証明書更新の場合≫

①本システムから証明書取得URLを記述したメールが登録担当者宛に送信されます。受信したメールに記載された内容に従い、サービス窓口へ電話にて連絡を行ってください。(2-2-1に記載)

②登録担当者用証明書による認証を行い、本人性確認を行います。 現在使用中の登録担当者用証明書をお手元に準備してください。

③本システムから証明書更新手順を記述したメールが登録担当者宛に送信されます。

④受信したメールに記載された内容に従い、メールに記載されている証明書取得URLへアクセスしてください。(2-3に記載)

⑤アクセス後、現在使用中の登録担当者用証明書を選択してください。

⑥証明書が正しければ証明書の発行・ダウンロードが開始されます。


2-2. 登録担当者用証明書取得事前準備


2-2-1. 証明書取得URLの通知

所属機関のサービス参加が受理されると、サービス窓口は本システムに機関情報の登録を行います。機関の登録が終了すると、登録された機関の登録担当者宛に、登録担当者用証明書の取得先URLを通知します。
以下のようなメールを本システムより受信したら、「2-2-2. アクセスPINの取得」に進んでください。
 ※登録担当者用証明書取得が完了するまでこのメールは大切に保管してください。

証明書取得URL通知メール

【件名】
登録担当者用証明書発行受付通知

【本文】
 ・・・・・

【登録担当者用証明書取得方法】 #以下の宛先に連絡し、アクセスPINを取得してください。

1) 証明書取得URLに必要なアクセスPINの取得
本メール受領後、下記宛先まで電話にてご連絡ください。登録担当者本人の確認を以って、3)の証明書取得URLへアクセスする際に必要となるアクセスPINを、折り返しFAXにて登録担当者様宛に送信させていただきます。
アクセスPINの取得に関するご連絡先:
 国立情報学研究所 学術基盤課 総括・連携基盤チーム(認証担当)
 電話番号:<受信したメールをご参照ください>(受付時間 9:00~12:00  13:00~17:00 土日祝日を除く)
 

#以下のURLにアクセスし、証明書を取得してください。

  2) 登録担当者用証明書の取得 

次の証明書取得URLへアクセスして、登録担当者用証明書をダウンロードしてください。

証明書取得URL:https://~

・・・・


2-2-2. アクセスPINの取得

証明書取得URLの案内メールを受信後、メール本文に記載された内容に従い、下記連絡先まで電話にてご連絡ください。
アクセスPIN取得のための電話番号はメール本文をご参照ください。 
サービス窓口による本人確認後、登録担当者へアクセスPINをFAX等で通知します。

  • サービス窓口への電話は、メールを受信した登録担当者が必ず行ってください。 原則として、代理人を通したアクセスPINの通知は禁止としております。


連絡先

国立情報学研究所 学術基盤推進部  学術基盤課 総括・連携システムチーム(認証担当)
UPKI電子証明書発行サービス サービス窓口
E-Mail:certs@nii.ac.jp


2-3. 登録担当者用証明書取得

アクセスPINの取得後、「2-2-1. 証明書取得URLの通知」に記載されたURLにアクセスし、登録担当者用証明書を取得してください。

  • ブラウザによって、取得方法が異なりますので注意してください。  (2-3-1:Internet Explorer、2-3-2:Firefox に記載)
  • 特段の理由がなければ、設定が不要なFirefoxの利用をおすすめします。
  • Firefox と Internet Explorer 以外のブラウザでは、登録担当者用証明書は取得できません。

2-3-1. Internet Explorer(OS:windows10)での登録担当者用証明書取得手順


ここでは「Internet Explorer11(OS:windows10)」での証明書取得について記述します。

Internet Explorer11(OS:windows10)での登録担当者用証明書発行手続き

本システムを実際に利用するブラウザを「既定のブラウザ」と指定しておくことで クライアント認証(アクセス不可等)の失敗を防ぐことができます。
本書では、証明書取得前に以下の設定を行うことを推奨しています。
ブラウザより[ツール]→[インターネットオプション]→[プログラム]→[Internet Explorerを規定のブラウザーにします。]をクリックしてください。


既定のプログラムで Internet Explorer を選択し、[OK]をクリックします。このウインドウは閉じてください。


  1. Windows10で Internet Explorer を用いて登録担当者用証明書を取得する場合、ActiveXコントロールの設定を変更しておく必要があります。
    「はじめに -支援システム操作手順書について-」の1-3-1. Internet Explorerの設定方法をご参照の上、必ず設定を行ってから以下の手順を進めてください。

  2. 「2-2-1. 証明書取得URLの案内メール受信」の指示に従って、メールに記述された証明書取得URLにアクセスしてください。

    ≪新規/紛失による証明書取得の場合≫
    デジタル証明書の選択画面が表示される場合は、キャンセルしてください。

     

    ≪有効期限切れ間近の証明書更新の場合≫ 登録担当者用証明書を既に取得しており、証明書を更新する場合は、現在使用中の証明書の選択画面に
    表示されますので選択してください。


  3. アクセスPINの入力画面が表示されますので、「2-2-2. アクセスPINの取得」で受け取ったアクセスPINを入力してください。


  4. セキュリティ警告のポップアップとWebアクセスの確認のポップアップが表示されますが、[はい(Y)]を選択してください。




  5. アクセスPINの認証が成功しましたら、CSP(Cryptographic Service Provider)と鍵長を選択する画面に遷移します。CSPと鍵長をそれぞれ選択してください。
    CSPは「Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0、鍵長は2048bitとしてください。選択後、[発行]を選択してください。

    CSPの初期表示

    ※CSPの初期表示は、「Microsoft Base Cryptographic Provider v1.0」になります。
     選択する必要のある「Microsoft Enhanced Cryptographic Provider v1.0」とお間違えのない様、ご確認ください。

    CSPと鍵長に何も表示されない場合

    ActiveX コントロールの設定が完了していない可能性があります。

    「はじめに -支援システム操作手順書について-」の1-3-1. Internet Explorerの設定方法をご参照の上、設定を行ってから再度手順を進めてください。

  6. Webアクセスの確認のポップアップが表示されますので[はい(Y)]を選択してください。


  7. 証明書発行サイトに移動します。クライアント証明書のインストールには、ルート証明書が端末にインストールされている必要があります。
    クライアント証明書のインストールを行う前に、[ルート証明書のインストール]を選択し、[ファイルを開く(O)]を選択してください。


  8. 証明書ダイアログが開きますので、[証明書のインストール(I)]を選択してルート証明書のインストールを実施してください。


  9. 証明書インポートウィザードが開きますので、[次へ(N)]を選択して証明書のインストールを実施してください。


  10. [証明書をすべて次のストアに配置する(P)]にチェックし、次に[参照(R)]を選択してください。


  11. 証明書ストアの選択画面で、[信頼されたルート証明機関]を選択し[OK]を選択します。手順10の画面に戻り、証明書ストア欄に[信頼されたルート証明機関]が表示されたことを確認し、[次へ(N)]を選択します。


  12. 証明書のインポートの完了画面が表示されるので[完了]を選択し、インポートウィザードを終了してください。


  13. [OK]を選択して、以下の画面を閉じてください。


  14. インターネットエクスプローラの[ツール]アイコン-[インターネット オプション(O)]を選択してください。


  15. インターネットオプションの設定ダイアログボックスが表示されます。[コンテンツ]タブを開き[証明書(C)]ボタンをクリックください。


  16. 証明書ストアのダイアログボックスが表示されます。[信頼されたルート証明機関]タブを開き、一覧の発行者列が「NII Operating CA – G2」である証明書を探してください。
    ルートCA証明書を選択し、[表示(V)]ボタンをクリックください。


  17. 証明書のダイアログボックスが表示されます。[全般]タブを開き[発行先][発行者]を確認してください。
    ※イメージ中の証明書の発行先・発行者・有効期間についてサンプルのため実際には異なる値が表示されます。


  18. [証明のパス]タブを開き、[証明書の状態(S)] が[この証明書は問題ありません。]となっていることを確認してください。



  19. ルート認証局の証明書のインポートが終了したら、クライアント証明書のインストールを実施します。[クライアント証明書のインストール]を選択すると、セキュリティ警告のポップアップとWebアクセスの確認のポップアップが表示されますが、すべて「はい(Y)」を選択してください。




  20. クライアント証明書のインストールが成功したら以下のポップアップが表示されるので[OK]を選択してください。


  21. 証明書受け取り画面に遷移しますので、実際に登録担当者用証明書が使用しているブラウザに入っているか確認します。ブラウザに表示された[囲み線①]内の手順に従い、証明書ダイアログを開き、発行先が[登録担当者 氏名ローマ字]であり、発行者が「NII Operating CA - G2」であることを確認後、[OK]を選択してください。
    ※[囲み線①]に記載の操作を行うと[囲み線②]のような画面が表示され、登録担当者用証明書がダウンロードできていることを確認できます。
    ※発行者、発行先は実際の画像と異なります。




  22. 証明書の確認画面に遷移しますので、Webページの手順に従い、ブラウザのSSL状態クリアを行ってください。その後、Webページに記載されているURLを選択し、本システムにログインできることを確認してください。


  23. ログインできることを確認したら、[閉じる(C)]を選択してログアウトしてください。

    ※「はじめに」の「1-3-1. Internet Explorer の設定方法」で設定した「互換表示設定」を解除したい場合は、以下の手順を実施してください。

  24. [ツール[T]]を選択し、[互換表示設定[B]]を選択します。 ※[ツール(T)]が表示されていない場合は、[Alt]キーを入力します。


  25. [互換表示に追加したWebサイト(W):]の[secomtrust.net]を選択し、[削除(R)]を選択します。


  26. [互換表示に追加したWebサイト(W):]から[secomtrust.net]が削除されていることを確認し、[閉じる(C)]を選択します。


2-3-2. Firefoxでの登録担当者用証明書取得手順


ここでは「Firefox(OS:windows10)」での証明書取得について記述します。

<Firefoxでのブラウザ発行につきまして>

 Firefoxは2019年9月3日リリースのバージョン69以降、Keygenが廃止されます。 それにともない、UPKI電子証明書発行サービスでは、Firefoxでのブラウザ発行ができなくなります。  
Firefoxでのブラウザ発行をご希望の場合は、Firefox 68 ESRのご利用をお願いいたします。
 
Firefox ESRは、約1年に1回の間隔で最新のブラウジング機能やパフォーマンス向上に更新されるため、
Firefox 68 ESRにてご利用いただける期間は、2019年7月9日から約1年後までの期間となります。
 
Firefoxの延長サポート版(ESR)_Mozillaページ
https://www.mozilla.jp/business/
 
なお、Internet Explorerを使用する場合、ブラウザ発行は継続してご利用いただけます。

Firefox(OS:Windows10での登録担当者用証明書発行手続き

本システムを実際に利用するブラウザを「既定のブラウザ」と指定しておくことで クライアント認証(アクセス不可等)の失敗を防ぐことができます。
本書では、証明書取得前に以下の設定を行うことを推奨しています。
ブラウザより[メニュー]→[オプション]をクリック、 [一般]タブで[起動]-[Firefoxを既定のブラウザに設定する(D)]をクリックしてください。


  1. 「2-2-1. 証明書取得URLの案内メール受信」の指示に従って、メールに記述された証明書取得URLにアクセスしてください。アクセスPINの入力画面が表示されますので、「2-2-2. アクセスPINの取得」で受け取ったアクセスPINを入力してください。

    ≪新規/紛失による証明書取得の場合≫
    デジタル証明書の選択画面が表示される場合は、キャンセルしてください。


    ≪有効期限切れ間近の証明書更新の場合≫
    登録担当者用証明書を既に取得しており、証明書を更新する場合は、現在使用中の証明書の選択画面に表示されますので選択してください。




  2. アクセスPINの認証が成功しましたら、鍵長を選択する画面に遷移します。鍵長を選択してください。鍵長は高強度の暗号化を選択後、[発行]を選択してください。


  3. 証明書の発行が成功すると、以下のポップアップが表示されますので、[OK]を選択してください。


  4. 証明書受け取り画面に遷移しますので、実際に登録担当者用証明書が使用しているブラウザに入っているか確認します。詳細はこちらの「証明書の存在確認手順」をご参照ください。[囲み線①]のリンク先に表示された手順に従い、証明書マネージャダイアログを開き、証明書名([囲み枠②]内の一番下部の記述)が[登録担当者 氏名ローマ字]であり、発行者名([囲み枠②]内の証明書名の一つ上の記述)が[National Institute of Informatics]であることを確認後、[OK]を選択してください。
    ※[囲み線①]のリンク先に記載の操作を行うと[囲み線②]のような画面が表示され登録担当者用証明書がダウンロードできていることを確認できます。
    ※証明書名は実際の画像と異なります。


    <実際にダウンロードされた登録担当者用証明書>


    証明書選択画面が表示されない場合は以下の設定が必要です。
    [ツール]-[オプション]をクリック、[プライバシーとセキュリティ]-[セキュリティ]で[証明書]-[サーバが個人証明書を要求したとき]のチェックボックスを[毎回自分で選択する(A)]にします。

  5.  

  6. 証明書の確認画面に遷移しますので、Webページの手順に従い、ブラウザのSSL状態クリアを行ってください。その後、Webページに記載されているURLを選択し、本システムにログインできることを確認してください。


  7. ログインできることを確認したら、[閉じる]を選択してログアウトしてください。


3. 本システムへのログインと使い方


本章では本システムにアクセスするまでの流れ、本システムの機能について記述します。

3-1. 証明書申請手続き概要

証明書申請手続き概要

[2-3. 登録担当者用証明書取得]で取得した登録担当者用証明書を用いて本システムにログインしてください。(3-2に記載)

URL: https://scia.secomtrust.net/upki-odcert/lra/SSLLogin.do


サーバ証明書の発行・更新・失効申請を行います。「支援システム操作手順書 / 登録担当者用 / サーバ証明書管理手順」 に記載
クライアント証明書の発行・更新・失効申請を行います。(「支援システム操作手順書 / 登録担当者用 / クライアント証明書管理手順」 に記載
コード署名用証明書のの発行・更新・失効申請を行います。(「支援システム操作手順書 / 登録担当者用 / コード署名用証明書管理手順」 に記載


ログインするブラウザに、「2-3. 登録担当者用証明書取得」で記述した証明書が導入済みであることをご確認下さい。

3-2. ログイン方法

「2-3. 登録担当者用証明書取得」で記述したとおり、ブラウザに登録担当者用証明書を事前にインストールしてください。事前に取得した登録担当者用証明書を用いて、本システムへログインする方法を記述します。

本システムへのアクセス方法

  1. [2-3. 登録担当者用証明書取得]にて証明書をインストールしたブラウザで以下のURLにアクセスしてください。
    URL: https://scia.secomtrust.net/upki-odcert/lra/SSLLogin.do
    ※ブラウザの「お気に入り」などに上記URLを保存しておくことをお勧めします。

  2. アクセスするとクライアント認証のための証明書の確認画面が表示されます。
    ①デジタル証明書欄で[2-3.登録担当者用証明書取得]にて証明書をダウンロードした証明書が選択されていることを確認します。
    [名前]:機関情報申請tsvファイルにて指定した[登録担当者氏名の英字]項目のローマ字が表示されます。
    [発行者]:[NII Operating CA - G2]が表示されます。
     ②[OK]を選択して下さい。


  3. SSLクライアント認証が完了し、以下の画面が表示されればログイン成功です。


    以下の画面がでる場合、登録担当者用証明書が失効されているか証明書が無効です。

    クライアント認証の失敗画面がでると本システムを利用することができませんので、
    選択した登録担当者用証明書が適切な証明書か再度確認してください。
    それでも問題が解決しない場合、サービス窓口へ登録担当者用証明書の再発行を依頼してください。



3-3. 本システムの画面の解説

本システムのインターフェースの説明を行います。

本システムインターフェースの説明

  1. 本システムは「サーバ証明書-発行・更新・失効」、「サーバ証明書-証明書一括ダウンロード」、「クライアント証明書-発行・更新・失効」、「クライアント証明書-証明書一括ダウンロード」、「コード署名用証明書-発行・更新・失効」、「コード署名用証明書-証明書一括ダウンロード」、「利用管理者情報-更新」、「利用管理者情報-全証明書情報一括ダウンロード」、「利用管理者情報-発行証明書統計照会」、「タイムスタンプ利用情報-タイムスタンプURL」、「ログアウト」の11個のインターフェースを持ちます。各インターフェースの機能は以下の「インターフェースの詳細説明」のとおりです。


    【インターフェースの詳細説明】

    サーバ証明書発行・更新・失効サービス参加機関のサーバ証明書の発行・更新・失効に使用
    証明書情報一括ダウンロード本システムより発行したサーバ証明書の情報を取得するときに使用
    クライアント証明書発行・更新・失効サービス参加機関のクライアント証明書の発行・更新・失効に使用
    証明書情報一括ダウンロード本システムより発行したクライアント証明書の情報を取得するときに使用
    コード署名用証明書発行・更新・失効サービス参加機関のコード署名用証明書の発行・更新・失効に使用
    証明書情報一括ダウンロード本システムより発行したコード署名用証明書の情報を取得するときに使用
    利用管理者情報更新本システムより申請を行った利用管理者情報を更新するときに使用
    全証明書情報一括ダウンロード本システムより申請を行った利用管理者情報を取得するときに使用
    発行証明書統計照会本システムにて、各ドメインごとに発行状況の統計を表示するときに使用
    タイムスタンプ利用情報⑩タイムスタンプURLタイムスタンプクライアント(例 SigntoolやAcrobat)で利用可能なタイムスタンプURLを参照する際に使用
    ログアウト⑪ログアウト本システムからログアウトするときに使用

    ※権限の付与状況により表示されるインターフェースが異なります。


3-4. ログアウト方法

「3-3. 本システムの画面の解説」で説明した【⑪ログアウト】のボタンを選択することで、本システムからログアウトし、セッションをクリアすることができます。
ログアウトボタンを押さずに本システムとのセッションを遮断した場合、本システム作業者のログアウト情報をログに記録することができません。作業終了後は可能な限りログアウトボタンをクリック作業を終了してください。


  • No labels