2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

外部ストレージの追加

プロジェクトメイン画面上部にあるナビゲーションバーの「Settings」を押下し、プロジェクト設定管理画面に移動します。

「Select Add-ons」欄より、連携させたい外部ストレージサービスにチェックを入れます。

注意事項を記載したモーダルウィンドウ(子ウィンドウ)が表示されるので、内容を確認して「Confirm」ボタンを押下すると、「Select Add-ons」欄の下に「Configure Add-ons」欄が現れ、選択したサービス名がリストアップされます。

連携したいサービス名の横にある「Import Account from Profile」を押下すると、サービス連携の確認をするモーダルウィンドウ(子ウィンドウ)が表示されます。

「import」ボタンを押下すると、連携した外部ストレージのフォルダーツリーが表示されます。

連携はフォルダーごとに可能です。連携させるフォルダー名の横の「Select」ボタンを選択し、「Save」ボタンを押下します。

プロジェクトメイン画面に戻ると、「Files」のツリーに連携した外部ストレージのフォルダが追加されます。

Storageアドオンの追加と設定

  • NII Storage
  • Amazon S3
  • Azure Blob Storage
  • Box
  • Bitbucket
  • Dataverse
  • Dropbox
  • figshare
  • GitHub
  • GitLab
  • Google Drive
  • Nextcloud
  • One Drive
  • ownCloud
  • S3 Compatible Storage
  • Swift


ストレージ名1ファイル当たりのサイズ上限
NII Storage5GB
Amazon S3128MB

Azure Blob Storage

128MB

Box

250MB

Bitbucket

(read-only)

Dataverse


Dropbox

150MB

figshare

50MB

GitHub

100MB

GitLab

(read-only)
Google Drive5GB
Nextcloud3GB
One Drive(read-only)
ownCloud3GB

S3 Compatible Storage

128MB

OpenStack Swift

128MB

Dropboxプラグイン

共有フォルダを連携する方法

Dropboxアカウントと連携したのち、

Add-ons → Configure Add-ons → Dropboxを選んでChange→ 任意のフォルダをSelect →

Saveでdropbox内の他のフォルダを接続します。

次に、DropboxのWebインターフェースに、アクセスします。

共有するフォルダ/ファイルを右クリックします。右側にある共有ボタンをクリックすると、フォルダ/ファイルを共有しているユーザー一覧を表示します。


宛先部分に、共有したいユーザのメールアドレス/名前を入力し、共有ボタンを押すと、ファイルを共有できます。


Dropbox上ファイルの変更履歴

各ファイルにアクセスした際に表示される、Revisionsボタンをクリックすると、現在管理している変更履歴が表示されます。

この変更履歴は、DropboxのAPIで取得しています。

変更時間は表示されますが、変更者は表示されません。細かい変更履歴につきましては、Dropbox側のファイル変更履歴を参照してください。


  • No labels