2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Wikiはプロジェクトの概要説明に使用できます。ラボノート、連絡先、またはプロジェクトの詳細情報などをWikiに掲載することができます。WikiはMarkdownとMathJaxの構文をサポートしています。

Wikiではチーム全体のメンバーがコラボレーティブに編集作業を行えます。また、Wikiを一般公開してビジターによる編集も許可することも可能です。編集したWikiページは全てのバージョンが保存されますので、いつでも以前のバージョンに戻って、現在のコンテンツと比較することができます。

エディタを開く

プロジェクトメイン画面のナビゲーションバーの「Wiki」をクリックし、Wiki編集画面に移動します。

画面右上にあるツールバーの「Edit」ボタンがオンになっていない場合は、クリックしてオンにすると「Edit」ペインが表示されます。※(分割表示されるます。)

「Edit」パネル内にコンテンツを入力してください。

ツールバーの「View」ボタンをオンにすると、中央に「View」ペインが表示され、入力したコンテンツがプレビュー表示されます。


テキストにフォーマット付けをする

Markdown構文がわからなくても、「Edit」ペイン上のツールバーからWikiの書式設定が可能です。設定できるフォーマットは左から順に以下のとおりです。

  • 太字の書式設定
  • イタリック体の書式設定
  • ハイパーリンクの挿入
  • 引用ブロックの挿入
  • コードサンプルの挿入
  • 画像の挿入
  • 番号付きリストの挿入
  • 箇条書きリストの挿入
  • 見出しの挿入
  • 水平線の挿入

次につづく2つのボタンは書式設定ボタンではありませんが、入力のアンドゥとリドゥができます。

最後のボックスにチェックを入れるとオートコンプリートが有効になります。入力した文字からWiki構文を予測します。

ファイルを埋め込む

NIIストレージからのファイルの埋め込み

埋め込むファイルはあらかじめNIIストレージにアップロードしておいてください。

埋め込みたいファイルを開き、ファイルのURLからグローバル一意識別子(GUID)をコピーします。

アップロードしたファイルを開くと、URLは、以下のような書式になっています。

https://rdm.nii.ac.jp/ptsg4/

この例では、https://rdm.nii.ac.jp/以降のptsg4という5文字がGUIDになります。


Wikiエディタに、次の構文GUIDを貼り付け、次の構文を使用して埋め込みます

@[osf](GUID)

GUIDがptsg4の場合、以下のように書きます。

@[osf](ptsg4)

「Edit」ペイン下にある緑の「Save」ボタンをクリックすると、変更が反映され、Wikiに指定したファイルが埋め込まれます。


ローカルフォルダの画像ファイルをアップロードする

ローカルのフォルダから画像ファイル(複数可)を「Edit」ペインにドラッグアンドドロップできます。

「Edit」ペイン下にある緑の「Save」ボタンをクリックすると、変更が保存されます。

画像を埋め込む

Wikiに埋め込みたい画像は、あらかじめプロジェクトにアップロードする必要があります。ファイルをアップロードして表示する方法については、マニュアル内「ファイルの登録」を参照してください。

画像のファイル名をクリックして「File Detail」ページを開け、表示された画像を右クリックして「Copy image address」を選択し、画像のURLをコピーします。

wikiエディタのツールバーにある「画像の挿入」アイコンをクリックするとモーダルウィンドウが表示されます。

コピーした画像アドレスのURLをペーストし、「Add」をクリックすると画像がWikiページに埋め込まれます。

「Edit」ペイン下にある緑の「Save」ボタンをクリックし、変更を保存します。

画像サイズの調整

画像をWikiに埋め込むと、Markdown構文に脚注が含まれます。

画像サイズを変更するには、まずこの脚注と画像デスクリプション直後の脚注番号を削除します。

そして画像デスクリプションの直後に、半角括弧で囲んだ画像URLを追記します

![enter image description here](https://www.dev3.rcos.nii.ac.jp/...)

画像のサイズをピクセル指定するには、イメージURLの後に次の構文を追加します(nは任意のピクセル数)。

![enter image description here](https://www.dev3.rcos.nii.ac.jp/... =nxn)

画像のサイズをページ幅に合わせるには、URLの後に次の構文を追加します。

![enter image description here](https://www.dev3.rcos.nii.ac.jp/... =100%x)

画像のサイズを相対サイズで変更するには、パーセントを使用します(nは任意のパーセント数)

![enter image description here](https://www.dev3.rcos.nii.ac.jp/... =n%x)

リンクの挿入

Wikiにリンクを挿入するには、ツールバーにある「ハイパーリンクの挿入」ボタンをクリックします。

表示されたモーダルウィンドウにリンク先サイトのURLを入力します。

アンカーの挿入

まず、次の構文を使用して目次を追加します。

@[toc](optional_label)

「optional_label」がないときは、テキストに「Table of Contents」と表示されます。

それから次の構文を使用して、Wikiの任意の場所にアンカーを挿入します。

## linked text ##
## linked text ##

Youtubeなど外部サイト上の動画を埋め込む

簡単なMarkdown構文を使用して、Youtube、Vimeo、Vine、およびPrezi上の動画をwikiに埋め込むことができます。

Youtubeビデオの場合:

@[youtube](https://www.youtube.com/watch?v=NqC2uagJZpw)

Vimeoビデオの場合:

@[vimeo](https://vimeo.com/127891298)

Vineビデオの場合:

@[vine](https://vine.co/v/hApxwH3Uax2/embed)

Preziの場合:

@[prezi](https://prezi.com/9jcaq4arxj22/communicating-science-to-the-public/#)

URLを埋め込みたい動画やプレゼンテーションのアドレスに置き換えてください。

表の挿入

Markdown構文を使用して、Wikiページに表を挿入できます。

行は行ごとに改行し、セルは垂直パイプで区切ります。以下の例を参照してください。

| header cell 1 | header cell 2 |
| ----------- | ----------- |
| row 1 cell 1 | row 1 cell 2 |
| row 2 cell 1 | row 2 cell 2 |
| row 3 cell 1 | row 3 cell 2 |

  • No labels