2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

メタデータ記載の証明書更新手順(IdP)

IdPの証明書更新手順:

 サーバ証明書の有効期限が切れる場合の新しい証明書への切り替え手順をご紹介します。ポイントは、メタデータ上の記載変更とIdP/SPの設定変更の間にタイムラグを置いて、メタデータ伝播中にもIdP/SPが利用できない期間が発生しないようにしているところです。以下の記述は学認ウェブサイトの技術ガイドに従って構築した場合の記述です。そうでない場合は適宜読み替えてください。

この手順を始める際にすでに学認申請システム上で予備の証明書が登録されている場合は、必ず現在IdPがどちらの証明書を使う設定になっているか確認してください。idp.propertiesに記載されているファイル(通常server.crtおよびserver.key)を確認すればよいです。

SpringerLinkと連携している場合、IdPが有効期限切れの証明書をアサーションの署名に使っているとエラーになることが確認されていますので、証明書の有効期限内にメタデータ記載の証明書更新手順(IdP)の手順に従って証明書を更新するようご注意ください。
SpringerLinkに関する情報

サーバ証明書の有効期限については、Apacheに対して設定する証明書については有効期限切れにならないようご注意ください。

加えてWebExやBoxなど学認参加SP以外のSPにてメタデータ記載証明書の有効期限がチェックされる例がみられるようです。「X+15日目」が有効期限を越える場合などご注意ください。詳しくは以下をご参照ください。
個々のソフトウェア/サービスのシボレス対応状況

この証明書を暗号化にも使用している場合にはこの手順の限りではありません。特殊なSPと連携していてIdPへ送信されるデータを暗号化していることが確かな場合には、下記手順を修正してSPと同様の手順を取り、IdPへの証明書追加設定については conf/credentials.xml のコメントを参照してしかるべき変更を行ってください。

例えば、(Shibboleth SPからのSP-initiatedな)Single Logout (SLO)を使っている場合、NameIDが暗号化される場合があるようですので、上記のような対応を行う必要があります。

証明書の設定について

証明書については、多くの場合WebサーバおよびShibboleth IdPの双方で同じものを使用することになります。それぞれ必要な場所に証明書ファイルと秘密鍵をコピーしてください。

1日目 更新用証明書発行
鍵およびCSR生成、申請、証明書受領
(詳細は各機関の登録担当者に確認のこと)
<証明書取得>
1日目 Apacheに対して証明書の更新(※1)
1日目 学認申請システムにて証明書を追加(予備の欄に)
<承認待ち>
X日目 承認、学認メタデータに反映
(ほとんどの場合数日のうちに承認されますが、そうでない場合
を考慮してX日目としています)
<公開されているメタデータに新証明書が追加される>
<メタデータ伝播待ち>
X+15日目 attrviewer13でSAML1のテスト(運用フェデレーションに参加している場合)(※4)
X+15日目 IdPに対して証明書の更新(※2)
X+15日目 再びattrviewer13でSAML1のテスト(運用フェデレーションに参加している場合)(※4)
X+15日目 問題がなければ,学認申請システムから古い証明書を削除
(ついでに、新しい証明書を予備の欄から移動)
<承認待ち>
Y日目  承認、学認メタデータに反映
(ほとんどの場合数日のうちに承認されますが、そうでない場合
を考慮してY日目としています)
<公開されているメタデータから旧証明書が削除される>
<attrviewer13へのメタデータ伝播待ち>
Y+1日目 最後にattrviewer13でSAML1のテスト(運用フェデレーションに参加している場合)(※4)


※1「Apacheに対して証明書の更新」の手順
1. /etc/pki/tls/private/server.key
    /etc/pki/tls/certs/server.crt
    を新証明書のもので上書きする
    参考:サーバ証明書の設定(IdPv3)
2. httpdを再起動する


※2「IdPに対して証明書の更新」の手順
1. /opt/shibboleth-idp/credentials/server.key
    /opt/shibboleth-idp/credentials/server.crt
    を新証明書のもので上書きする
    参考: サーバ証明書の設定(IdPv3)
    ※Tomcatプロセスからserver.keyが読み取れるよう、パーミッションにはご注意ください
2. /opt/shibboleth-idp/credentials/server.p12
    を更新する(※3)
    ※同様にserver.p12のパーミッションにはご注意ください
3. Tomcatを再起動する


※3 「server.p12を更新」の手順
サーバ証明書の設定(IdPv3)の「Back-Channelの設定」の「1.キーストアの設定」にある手順のうち、最後の2つを実行して、
サーバ証明書の部分を更新します。具体的には以下のような手順になります。

# cd /opt/shibboleth-idp/credentials
# openssl pkcs12 -export -out server.p12 -in サーバ証明書.crt -inkey サーバ秘密鍵.key -name サーバ名
(ここで聞かれるエクスポートパスワードはserver.xmlに指定した「P12パスワード」を入力してください。もしくは任意のものを設定し、server.xmlを修正してください。)

エラーが表示されなければ更新完了です。


※4 attrviewer13でSAML1のテストについて
運用フェデレーションに参加している場合は、attrviewer13でSAML1のテストを行なうことを推奨します。(テストの際には事前にattrviewer13に属性送信する設定にしておいてください)
計3回テストを挿入していますが、前2回は更新前に正常な動作をしているかを確認するためのもので、万一更新作業に失敗していてもテストは成功する可能性があります。
通常のSPには属性送信できているが最後のテストでattrviewer13には属性送信できなくなった場合、上記※3「server.p12を更新」の手順を再度ご確認ください。

  • No labels