Child pages
  • attribute-resolver.xml/attribute-filter.xmlの名前空間フラット化への対応手順

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Info
以下の手順は学認が提供している各テンプレートをカスタマイズして使っていることを前提としています。
なお、学認が提供しているテンプレートも最新版はフラット化されておりますので、参考にしていただければと思います。も最新版のattribute-resolver.xmlおよびattribute-filter.xmlはフラット化されておりますので、参考にしていただければと思います。
Note

attribute-resolver.xml/attribute-filter.xmlいずれの場合も、uApproveJPが提供している機能を利用するときの uajpmf: など、Shibboleth IdPパッケージに同梱されていないサードパーティのプラグイン関連のものはフラット化の対象外で、削除することができません。

...