Skip to end of metadata
Go to start of metadata

属性設定とメタデータのテンプレートを提供しています。下記をクリックして必要なテンプレートをダウンロードしてご利用ください。ご利用方法は、上記のIdP,SP構築方法をご参照ください。メタデータに関しましては、学認申請システムにて自動生成されますので、本テンプレートは補助的な目的でご利用ください。

  • 属性設定テンプレート(SP用)
    • attribute-map.xml
      このファイルについて詳しくは、SPカスタマイズの属性の追加方法をご覧ください。
      属性の追加方法
    • attribute-policy.xml
      gakuninScopedPersonalUniqueCodeのScopingRulesを追加しています。その他、IdPから渡された属性をフィルタしてアプリケーションに渡す場合には適宜設定を追加してください。

    更新情報2018年8月23日(3.2.2)

    学認技術運用基準(v2.2)に新たに追加された属性 eduPersonAssurance, eduPersonUniqueId, eduPersonOrcid を追加しました。

    一部のja属性に欠けていたcaseSensitive設定を付与しました。Apacheのrequire構文等で大文字小文字が区別されなくなります。


     過去の更新情報
     2016年12月16日(3.2.1)

    Shibboleth SP 2.6.0の配布物をベースとして再作成しました。

     2014年1月28日

    学認技術運用基準(v2.0)に新たに追加された属性  gakuninScopedPersonalUniqueCode, isMemberOf を追加しました。attribute-policy-template.xmlは gakuninScopedPersonalUniqueCode のスコープチェックのため今回新たに作成されました。

配布している属性設定テンプレートのファイル名と最新バージョンの対応は以下の通りです。Shibboleth IdP/SPのバージョンとは対応しておりませんのでご注意ください。

ファイル名最新バージョンベースとなるShibboleth IdP/SPバージョン
attribute-resolver-template.xml3.3.03.3.3
attribute-filter-template-prodfed.xml3.3.03.3.3
attribute-filter-template-testfed.xml3.3.03.3.3
attribute-map-template.xml3.2.22.6.1
attribute-policy-template.xml3.2.22.6.1
  • No labels