Skip to end of metadata
Go to start of metadata

属性設定とメタデータのテンプレートを提供しています。下記をクリックして必要なテンプレートをダウンロードしてご利用ください。ご利用方法は、上記のIdP,SP構築方法をご参照ください。メタデータに関しましては、学認申請システムにて自動生成されますので、本テンプレートは補助的な目的でご利用ください。

  • 属性設定テンプレート(IdP用)
    利用方法はIdP設定の attribute-resolver.xml / attribute-filter.xml をご参照ください。

    更新情報2019年7月18日(3.4.0)

    今回からeduPersonTargetedID(ComputedId,StoredId)のエンコード方法がプロパティ idp.persistentId.encoding の値を反映するようになっています。以前のバージョンから引き続き本バージョンおよびそれ以降をお使いになる場合は、現在使っているエンコード方法を調査し、saml-nameid.properties に記載の値と差異がある場合は当該ファイルを修正の上本バージョンを適用してください。

    調査の例:
    使用している attribute-resolver.xml のComputedId/StoredId DataConnectorに
    - encodingが設定されていなければBASE64、
    - 固定値(BASE64もしくはBASE32)が設定されていればその値、
    - すでに上記プロパティを参照しているなら修正の必要なし。

    Shibboleth IdP 3.4.x向けテンプレート - 3.4の配布物をベースとして再作成しました。

    Shibboleth IdP 4.0で廃止予定の設定を代替の方法に修正、もしくは削除しました。
    詳細: https://wiki.shibboleth.net/confluence/display/IDP30/DeprecatedIdPV4

    更新情報2018年8月23日(3.3.0)

    Shibboleth IdP 3.3.x向けテンプレート - attribute-resolver.xmlにおいても名前空間を省いたフラット化を行いました。

    学認技術運用基準(v2.2)に新たに追加された属性  eduPersonAssurance, eduPersonUniqueId, eduPersonOrcid の設定例を追加しました。


     過去の更新情報
     2017年1月18日(3.2.2) - attribute-resolver.xmlのみ

    デフォルトの名前空間の宣言が3系になって抜けていたので足しました。<resolver:AttributeDefinition>のような書き方に加えて名前空間を省略した形(<AttributeDefinition>等)でも記述できます。

     2016年12月16日(3.2.1) - attribute-resolver.xmlのみ

    従来コメントアウトされていた LDAP Connector を有効化しました。

     2016年5月27日(3.2.0)

    Shibboleth IdP 3.2.0向けテンプレート

    [upki-fed:01034]のReturnAttributesの件ですが、本テンプレートではデフォルトで記述されておりません。つまりldap.propertiesの記述によらず全てのLDAP属性を取得します。ldap.propertiesのidp.attribute.resolver.LDAP.returnAttributesの設定を反映したい場合はテンプレート内のコメントに従って修正してください。

     2014年6月19日(2.0.1) - attribute-resolver.xmlのみ

    gakuninScopedPersonalUniqueCode の設定例で誤って Simple Attribute Definition を使っていたところを Prescoped Attribute Definition に修正しました。

    ダウンロード: attribute-resolver-template-2.0.1.xml

     2014年1月28日(2.0.0)

    学認技術運用基準(v2.0)に新たに追加された属性  gakuninScopedPersonalUniqueCode, isMemberOf の設定例を追加しました。

    ダウンロード: attribute-resolver-template-2.0.0.xml, attribute-filter-template-prodfed-2.0.0.xml, attribute-filter-template-testfed-2.0.0.xml

     2012年6月21日(1.2.0)

    各属性に割り当てるid(attributeID)をシステム運用基準に合わせる形で以下のように修正しました。今後SP接続情報等で掲載する情報はこちらを元にしたものになります。また、更新する場合はattribute-resolver.xml/attribute-filter.xml両方を同時に行わないと不整合が生じます。みなさまにおかれましてはIdPの属性設定ファイルの最新版(バージョン1.2.x)への更新をご検討ください。

    • email → mail
    • organizationalUnit → organizationalUnitName
    • jaorganizationName → jaOrganizationName
    • jaorganizationalUnit → jaOrganizationalUnitName
    • jadisplayName → jaDisplayName
    • jagivenName → jaGivenName
    • jasurname → jaSurname

    ※ jaSurnameおよびsurnameは現行の学認技術運用基準(v2.0)での表記と異なりますが、技術運用基準を修正予定です。→v2.1で修正されました。(2015-03-12)

    ダウンロード: attribute-resolver-template-1.2.0.xml, attribute-filter-template-prodfed-1.2.0.xml, attribute-filter-template-testfed-1.2.0.xml

  • 属性設定テンプレート(SP用)
    • attribute-map.xml
      このファイルについて詳しくは、SPカスタマイズの属性の追加方法をご覧ください。
      属性の追加方法
    • attribute-policy.xml
      gakuninScopedPersonalUniqueCodeのScopingRulesを追加しています。その他、IdPから渡された属性をフィルタしてアプリケーションに渡す場合には適宜設定を追加してください。

    更新情報2019年7月18日(3.3.0)

    Shibboleth SP 3.0.x向けテンプレート - 3.0の配布物をベースとして再作成しました。
    特にattribute-map-template.xmlについては、targeted-idの削除、unscoped-affiliationのコメントアウト、eppnへの caseSensitive="false" の指定の追加などが行われております。

    更新情報2018年8月23日(3.2.2)

    学認技術運用基準(v2.2)に新たに追加された属性 eduPersonAssurance, eduPersonUniqueId, eduPersonOrcid を追加しました。

    一部のja属性に欠けていたcaseSensitive設定を付与しました。Apacheのrequire構文等で大文字小文字が区別されなくなります。


     過去の更新情報
     2016年12月16日(3.2.1)

    Shibboleth SP 2.6.0の配布物をベースとして再作成しました。

     2014年1月28日

    学認技術運用基準(v2.0)に新たに追加された属性  gakuninScopedPersonalUniqueCode, isMemberOf を追加しました。attribute-policy-template.xmlは gakuninScopedPersonalUniqueCode のスコープチェックのため今回新たに作成されました。

配布している属性設定テンプレートのファイル名と最新バージョンの対応は以下の通りです。Shibboleth IdP/SPのバージョンとは対応しておりませんのでご注意ください。

ファイル名最新バージョンベースとなるShibboleth IdP/SPバージョン
attribute-resolver-template.xml3.4.03.4.4
attribute-filter-template-prodfed.xml3.4.03.4.4
attribute-filter-template-testfed.xml3.4.03.4.4
attribute-map-template.xml3.3.03.0.4
attribute-policy-template.xml3.3.03.0.4
  • No labels