Page tree

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

目次

...

1.アイテムタイプについて

...

JAIRO Cloudでアイテムタイプとは、アイテムに登録するメタデータのデータ型を定義したものを指します。Properties画面は、[Item Types]をクリックして[Properties]をクリックすると表示されます。

1.1.デフォルトアイテムタイプ

この画面は、プロパティの新規登録、保存済みプロパティの更新ができます。デフォルトアイテムタイプとして、以下の2種類が用意されています。

1.2.プロパティを追加する

(1) プロパティ名を入力します。

Image Removed

(2) [+Add]をクリックします。

属性の項目が追加されます。

Image Removed

(3) テキストエリアに項目名を入力し、ドロップダウンリストからメタデータ属性を選択します。

入力が必須な属性にする場合、[Required]をチェックします。入力内容を削除する場合、[×]をクリックします。

メタデータ属性の設定内容については、「4.2.メタデータ属性を編集する」を参照してください。

Image Removed

(4) [JSONスキーマ]をクリックします。

設定したプロパティ情報が、項目の下のテキストエリアにJSON形式で表示されます。JSONコードを削除する場合、[×リセット]をクリックします。

Image Removed

(5) [保存]をクリックします。

プロパティが追加されます。

1.3.メタデータ属性の設定内容

メタデータ属性として選択できる項目を次に示します。

表 メタデータ属性の項目

...

メタデータ属性

...

表示例

...

説明

...

テキスト

...

Image Removed

...

1行のテキストで値を入力します。

...

テキストエリア

...

Image Removed

...

複数行のテキストで値を入力します。

...

チェックボックス

...

Image Removed

...

複数選択のチェックボックスで値を入力します。

...

選択式(ラジオ)

...

Image Removed

...

単一選択のラジオボタンで値を入力します。

...

選択式(プルダウン)

...

Image Removed

...

単一選択のプルダウンメニューで値を入力します。

...

日付

...

Image Removed

...

次のどちらかの形式で値を入力します。

  • yyyy-mm-dd形式で入力
  • エリアフォーカス時に表示するカレンダーで日付を選択して入力

...

オブジェクト

...

Image Removed

...

複数の項目を入力します。入力項目がセットになっています。例えば、「作成者」プロパティの「作成者所属」が該当します。

...

リスト

...

Image Removed

...

複数の項目を繰り返し入力できます。入力項目がセットになっています。例えば、「権利者情報」プロパティの「権利者識別子」が該当します。

  • デフォルトアイテムタイプ(シンプル)
  • デフォルトアイテムタイプ(フル)

※デフォルトアイテムタイプは、今後のサービスのバージョンアップの際、機械的な更新を実施する可能性があります。
 項目の追加以外の修正は上書きされる可能性があります。上書きを避けたい場合は、アイテムタイプをコピーしてご利用ください。(4.4.アイテムタイプを別名で保存する

【補足】
「作成者識別子Scheme」「寄与者識別子Scheme」「権利者識別子Scheme」について、選択肢等表示エリアには「Separate options with the | character」と表示されています。これらの項目は、著者DB管理>編集画面のID Prefixタブにある「Scheme」のリストを参照し、アイテム登録時の「Item Registration」画面の各項目のプルダウンのリストとして表示されます。

注※

メタデータ属性で、チェックボックス、選択式(ラジオ)、または選択式(プルダウン)を選択した場合、選択肢入力欄が表示されます。

選択肢入力欄には、各選択肢を「|」(半角パイプ)区切りで入力します。

例:AAA|BBB|CCC

1.4.プロパティを編集する

(1) プロパティを選択します。

Image Removed

(2) メタデータの項目を編集します。

  • テキストエリアに項目名を入力し、ドロップダウンリストからメタデータ属性を選択します。メタデータ属性の設定内容については、
    1.3.メタデータ属性の設定内容」を参照してください。
  • 入力が必須な属性にする場合、[Required]をチェックします。入力内容を削除する場合、[×]をクリックします。
  • 属性の項目を追加する場合、[+Add]をクリックします。

...

設定したプロパティ情報が、項目の下のテキストエリアにJSON形式で表示されます。JSONコードを削除する場合、[×リセット]をクリックします。

Image Removed

(4) [保存]をクリックします。

...

2.アイテムタイプの表示

アイテム登録に利用するアイテムタイプを作成または編集できます。

メタデータの編集画面は、[Item Types]をクリックして[Meta]をクリックすると表示されます。メタデータの編集画面は、[Administration]へアクセスし、[アイテムタイプ管理]をクリックして[メタデータ]をクリックすると表示されます。

3.アイテムタイプの登録

3.1.アイテムタイプの種類ごとに実行できる操作

メタデータの編集画面で、アイテムタイプを切り替えることができます。

Image RemovedImage Added

[標準アイテムタイプ]を選択すると、アイテム登録に利用できるアイテムタイプが表示されます。

...

このアイテムタイプは、アイテム登録では利用できません。[削除済みアイテムタイプ]を選択すると、削除されたアイテムタイプが表示されます。

アイテムタイプに実施できる操作を次に示します。


表 アイテムタイプに実施できる操作

操作

標準アイテムタイプ

ハーベスト用アイテムタイプ

削除済みアイテムタイプ

追加

×

メタデータ編集

×

マッピング設定

×

エクスポート

名前の変更

×

コピー

アイテムタイプ権限設定

×

×

名前の変更

削除

×

別名保存
エクスポート 

×

削除
インポート

×

×

3.2.アイテムタイプを追加する

(1)  アイテムタイプを選択します。

[標準アイテムタイプ]または[ハーベスト用アイテムタイプ]のラジオボタンをチェックします。

Image RemovedImage Added

(2)  [新規登録]のラジオボタンをチェックします。

Image RemovedImage Added

(3)  [アイテムタイプ]にアイテムタイプの名前を入力します。

Image RemovedImage Added

(4)  メタデータ属性を追加する場合、[メタデータ追加]をクリックします。

空のメタデータ属性が追加されます。

Image RemovedImage Added

(5)  [保存]をクリックします。

...

アイテムタイプが保存されます。アイテムタイプの名前を入力しない場合、[保存]をクリックすると、エラーメッセージ「 アイテムタイプ名が空白です」が表示されます。

新規作成されたアイテムタイプは「標準アイテムタイプ」のリストの末尾に「(1)」が追加されます。

[公開日]はデフォルトの項目として常に表示されています。アイテム登録画面で入力必須の項目のため、オプションの「必須」はチェックありで変更できません。

4.アイテムタイプの更新

4.1.メタデータ項目名を編集する

(1)  アイテムタイプを選択します。

アイテムタイプのメタデータ項目が表示されます。

※アイテムタイプに存在する各プロパティの変更はできません(非活性となっています)

Image RemovedImage Added

(2)  メタデータ項目で、[Localization Setting]をクリックします。

多言語の名称が表示されます。多言語の項目名の名称入力エリアが表示されます。

Image RemovedImage Added

(3)  表示されている言語の項目名を編集します。

設定された項目名はアイテム登録・編集画面、アイテム詳細画面に表示されます。対応言語は日本語及び英語です。システム言語が日本語の場合、[Japanese]での設定された項目名が表示されます。システム言語が日本語以外の場合、[English]での設定された項目名が表示されます。
設定しない場合は、表示言語設定に関わらず、当該画面で設定している項目名が表示されます。

Image AddedImage Removed

(4)  [保存]をクリックします。)  メタデータ項目での[属性]カラムにある[Localization Setting]をクリックします。

多言語の子項目の名称入力エリアが表示されます。

Image Added

(5) 子項目の多言語設定を編集します。

設定内容はアイテム登録・編集画面、アイテム詳細画面に表示されます。
対応言語は日本語と英語です。WEKO3の表示言語設定が日本語の場合は[Japanese]での設定された子項目名、日本語以外の場合は[English]での設定された子項目名が表示されます。
子項目名を設定しない場合、[プロパティ]画面に設定された子項目名が表示されます。

Image Added

(6) [保存]をクリックします。

編集した内容がアイテムタイプに保存されます。

4.2.メタデータ属性を編集する

(1)  アイテムタイプを選択します。

アイテムタイプのメタデータ項目が表示されます。

Image RemovedImage Added

(2)  メタデータ項目の最下行で、[+メタデータ追加]をクリックします。

項目が追加されます。

Image Modified


(3)  項目を変更します。) メタデータ項目の子項目の入力形式を編集します。

子項目の入力形式が[Select]、[Radios]、[Checkboxes]の場合、メタデータ画面で入力形式の変更ができます。
変更可能な入力形式は[Select]、[Radios]、[Checkboxes]でいずれかです。各入力形式の設定内容については、「表 メタデータ属性の項目」を参照してください。

Image Added


(4) メタデータ項目の子項目の選択肢を編集します。

[プロパティ]画面で「"editAble": true」を設定した子項目は、当該画面で設定内容を編集できます。
「"editAble": true」が設定されていない場合、選択肢の入力エリアは非活性で表示されます。

Image Added


メタデータ属性として選択できる項目を次に示します。

アンカー
メタデータ属性の項目
メタデータ属性の項目

表 メタデータ属性の項目

メタデータ属性

表示例

説明

テキスト

(Text)

Image Added

1行のテキストで値を入力します。

テキストエリア

(Textarea)

Image Added

複数行のテキストで値を入力します。

チェックボックス

(Checkboxes)

Image Added

複数選択のチェックボックスで値を入力します。

選択式(ラジオ)

(Radios)

Image Added

単一選択のラジオボタンで値を入力します。

選択式(プルダウン)

(Select)

Image Added

単一選択のプルダウンメニューで値を入力します。

日付

(Datetime)

Image Added

次のどちらかの形式で値を入力します。

  • yyyy-mm-dd形式で入力
  • エリアフォーカス時に表示するカレンダーで日付を選択して入力

オブジェクト

(Object)

Image Added

複数の項目を入力します。入力項目がセットになっています。例えば、「関連情報」プロパティの「関連識別子」が該当します。

リスト

(List)


Image Added

複数の項目を繰り返し入力できます。入力項目がセットになっています。例えば、「権利者情報」プロパティの「権利者識別子」が該当します。

注※

メタデータ属性で、チェックボックス、選択式(ラジオ)、または選択式(プルダウン)を選択した場合、選択肢入力欄が表示されます。

選択肢入力欄には、各選択肢を「|」(半角パイプ)区切りで入力します。

例:AAA|BBB|CCC

選択式(プルダウン)を選択した場合、選択肢を選択した後に未選択の状態に戻れるようにするため、選択肢入力欄には「|」(半角パイプ)を先頭に追加します。

例:|AAA|BBB|CCC

【注意事項】

メタデータ属性の変更が可能なのは、テキストプロパティとテキストエリアプロパティの相互の変更のみとなります。


(5) メタデータ項目のオプションを編集します。

項目のオプションは[オプション]カラムに表示されている[Required]、[Allow Multiple]、[Show List]、[Specify Newline]、[Hide]にチェックを入れることで設定できます。
また、子項目のオプションは該当子項目の直下に表示されている[Required]、[Show List]、[Specify Newline]、[Hide]にチェックを入れることで設定できます。

Image Added


項目の詳細を次に示します。[オプション]の項目をチェックします。項目の詳細を次に示します。

表 [オプション]の項目

オプション

説明

必須

Required

アイテム登録時に

アイテム登録時に「*

を表示し、必須入力のメタデータにします。

必須メタデータが入力されていないアイテムは、公開できません。

複数可

」を表示し、必須入力のメタデータにします。

Allow Multiple

アイテム登録時に[+

追加]を表示し、メタデータの複数入力を可能にします。

New]を表示し、メタデータの複数入力を可能にします。

一覧表示

Show List

インデックスサーチおよびキーワードサーチ結果表示にメタデータを表示できます。

アイテム一覧画面にメタデータをカンマ区切りで一覧に表示されます。

改行指定

Specify Newline

インデックスサーチおよびキーワードサーチ結果でのメタデータ表示に、改行を設定できます。

アイテム一覧画面にメタデータを改行で表示されます。

非表示

インデックス、キーワードサーチ結果およびアイテム詳細にメタデータの詳細を表示しないようにできます。

Hide

インデックス、キーワードサーチ結果およびアイテム詳細にメタデータの詳細を表示しないようにできます。


親要素と子要素のオプションの優先度は、「表 オプションの優先度」を参照してください。

表 オプションの優先度

親要素

子要素

オプション

-

子要素全体に適用します。

-

指定された子要素のみ適用します。

親のみ選択された状況と同様になります。


(6) 項目の表示位置を編集します。

[↑]または[↓]ボタンをクリックすると、メタデータ属性入力エリアの表示位置が入れ替わります。
1番上の項目は、[↑]ボタンが無効になります。1番下の項目は、[↓]ボタンが無効になります。

Image Added


(7) 削除したいメタデータ項目がある場合は、[X]ボタンをクリックします。

Image Added


(8(4)  [保存]をクリックします。

編集した内容がアイテムタイプに保存されます。

...

[アイテムタイプ]に名前が表示されます。[バージョンアップ]がチェックされていることを確認してください。

Image RemovedImage Added

(2)  アイテムタイプの名前を変更します。

Image RemovedImage Added

(3)  [保存]をクリックします。

...

(1) アイテムタイプを選択します。

[アイテムタイプ]に名前が表示されます。

Image RemovedImage Added

(2) [新規登録]をチェックします。

Image RemovedImage Added

(3) アイテムタイプの名前を変更します。

Image RemovedImage Added

(4) [保存]をクリックします。

変更後のアイテムタイプの名前が保存されます。

5.アイテムタイプの削除

【注意】

  • 削除したアイテムタイプを使用してアイテムを新規作成することはできません。
  • ハーベスト用アイテムタイプを削除することはできません。
  • 標準アイテムタイプのうち、登録されているアイテムに使用しているアイテムタイプは削除できません。

...

  • [継続]をクリックすると、該当するアイテムが存在するため削除できない旨のメッセージが表示されます。

...


  • Image Added

(1)  アイテムタイプを選択します。

[アイテムタイプ]に名前が表示されます。

Image RemovedImage Added

(2) [削除]をクリックします。

削除確認用のダイアログが表示されます。

(3) [継続]をクリックします。

アイテムタイプが削除されて、[削除済みアイテムタイプ]に表示されます。アイテムタイプが削除されます。


Image RemovedImage Added

...

6.アイテムタイプをエクスポートする

6.1.OAI Schemaを設定する

OAI Schema画面は、[Item Types]をクリックして[OAI Schema]をクリックすると表示されます。

この画面は、マッピングに使用するスキーマ一覧を表示し、スキーマを追加または削除できます。

6.2.マッピングに対応しているスキーマについて

WEKO3システムは、OAI-PMHやBIBTEXなどのメタデータ・ハーベスティング・プロトコルを利用して、メタデータを外部のシステムに提供できます。

アイテムのメタデータとプロトコルのエレメントを結びつけるためには、各メタデータがどのような意味を持つ情報であるかを把握する必要があります。

アイテムタイプの各メタデータ属性に、次のスキーマとの関連づけおよび言語を設定します。

  • JPCOAR
  • Learning Object Metadata

メタデータ提供機能は、アイテムタイプのマッピング情報に基づき、コンテンツメタデータを出力します。

なお、各語彙の詳細仕様については、それぞれの公式サイトをご覧ください。

6.3.スキーマを追加する

(1) [+Add Schema]をクリックします。

設定画面が表示されます。

アイテムタイプをファイルとしてエクスポートすることができます。エクスポートしたアイテムタイプはインポートにより取り込むことができます。

(1) [標準アイテムタイプ]を選択します。

(2) [エクスポート]をクリックします。

(3) アイテムタイプの定義を含んだZIPファイルがダウンロードされます。

Image Added

7.アイテムタイプをインポートする

エクスポートされたアイテムタイプをアイテムタイプとしてインポートすることができます。

(1) [標準アイテムタイプ]を選択します。Image Removed

(2)  スキーママッピングファイルを追加して、必要事項を入力します。[インポート]をクリックします。

Image RemovedImage Added

(3)  [保存]をクリックします。

スキーマが追加されます。

...

[ファイルを開く]をクリックし、エクスポートされたアイテムタイプを読み込みます。

(4) [Item Type]にインポートするアイテムタイプの名称を入力します。

(1) [削除]をクリックします。

スキーマが削除されます。

Image Removed

6.5.アイテムタイプをマッピングする

アイテムタイプをスキーマにマッピングする方法を説明します。事前にスキーマを追加する必要があります。

スキーマの追加については、「6.3.スキーマを追加する」を参照してください。

5) [Execute Import]をクリックすると、入力した名称でアイテムタイプが取り込まれます。

Image Added

※本機能を利用する場合は、事前にアイテムタイプと同じプロパティが定義されている必要があります。

8.アイテムタイプのマッピングの設定

アンカー
アイテムタイプをマッピングする
アイテムタイプをマッピングする
8.1.アイテムタイプをマッピングする

アイテムタイプをスキーマにマッピングする方法を説明します。

マッピングの編集画面は、[アイテムタイプ管理]をクリックして[マッピング]をクリックすると表示されます。

本画面で設定したマッピングの情報は、アイテム詳細画面にあるOAI-PMH出力をする際に、本画面の情報を参照してOAI-PMH出力を行います。マッピングの編集画面は、[Item Types]をクリックして[Mapping]をクリックすると表示されます。


(1) [アイテムタイプリスト]からアイテムタイプ、[スキーマリスト]からスキーマを選択します。

[アイテムタイプ(親)]と[スキーマ(親)]に値が表示されます。

Image RemovedImage Added

(2) [アイテムタイプ(親)]にマッピングする[スキーマ(親)]の属性を変更する場合は、プルダウンリストから選択します。

[アイテムタイプ(親)]の属性をプルダウンリストから選択する、または[スキーマ]にマッピングする[スキーマ(親)]の左のラジオボタンをチェックします。]の属性を変更しないで(子)の属性を変更したい場合は、そのまま[スキーマ(親)

...

]の左のラジオボタンをチェックします。

Image RemovedImage Added

(3) (子)の属性をプルダウンリストから選択します。

Image RemovedImage Added

(4) 属性を追加する場合は、[+ 追加]をクリックします。

項目が追加されます。

Image RemovedImage Added

(5) 編集した内容を保存する場合、[保存]をクリックします。

アイテムタイプがスキーマにマッピングされます。

※WEKO3では、同一の[スキーマ(親)]を複数の[アイテムタイプ(親)]にマッピングできるため、OAI-PMHの出力でエラーが発生しないよう、[アイテムタイプ(親)]のマッピング設定をチェックしています。
    同一の[スキーマ(親)]を複数の[アイテムタイプ(親)]にマッピングする場合、それぞれの[アイテムタイプ(親)]のマッピング設定が異なった状態で「保存」をクリックすると、エラーが表示されます。


(6) 複数の(子)プロパティを1つの子要素にマッピングさせる場合は[Join]をクリックします。

入力欄に「,」(半角カンマ)を入れることで、複数の(子)プロパティを1つの子要素にマッピングさせることができます。

Image Added

 [Add static value]をクリックすると、指定した値を子要素に出力させることができます。

Image Added

8.2.システムが付与したアイテムタイプ(親)をマッピングする

[システムが付与したアイテムタイプ(親)]をスキーマにマッピングする方法を説明します。

[システムが付与したアイテムタイプ(親)]では、JAIRO Cloudのシステム操作を介して作成されるメタデータの[永続識別子]や[ファイル情報]をマッピングすることができます。

マッピングの編集画面は、[アイテムタイプ管理]をクリックして[マッピング]をクリックすると表示されます。


(1) [アイテムタイプリスト]からアイテムタイプ、[スキーマリスト]からスキーマを選択します。

[アイテムタイプ(親)]と[スキーマ(親)]に値が表示されます。

Image Added

(2) [システムが付与したアイテムタイプ (親)]をクリックします。

[システムが付与したアイテムタイプ (親)]のマッピングエリアが表示されます。

Image Added

(3) [システムが付与したアイテムタイプ(親)]にマッピングする[スキーマ(親)]の属性を変更する場合は、プルダウンリストから選択します。

[システムが付与したアイテムタイプアイテムタイプ(親)]にマッピングする[スキーマ(親)]の属性を変更しないで(子)の属性を変更したい場合は、そのまま[スキーマ(親)]の左のラジオボタンをチェックします。

画面下部に(子) の属性が表示されます。

Image Added

(4) 属性を追加する場合は、[+ 追加]をクリックします。

項目が追加されます。

(5) 編集した内容を保存する場合は、[保存]をクリックします。

アイテムタイプがスキーマにマッピングされます。

【注意事項】

異なるプロパティに対して同じスキーマをマッピングさせる場合は、Schema ()含めて全て同じようにマッピングさせる必要があります。同じマッピングではない場合は、保存時に「Duplicate mapping as below」とメッセージが表示され、マッピング情報を保存できません。