2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

1. はじめに

本メニューでは、IdP・SPを学認申請システム(テストFed)を使用して、実際にテストフェデレーションへ登録します。
テストフェデレーションに関して、詳しくは「テストフェデレーションルール」を参照してください。



2. 実習セミナーでは

以下のような設定で行います。
手順書と照らし合わせながら、作業を進めてください。

 

・アカウント作成時のメールアドレスについて

ここで設定したメールアドレスに申請システムからの確認メールが届くので、
必ず使用可能なメールアドレスを設定してください。 

・申請(IdP)entityID

例)1番を割り振られた場合
 https://ex-idp-test01.gakunin.nii.ac.jp/idp/shibboleth

・申請(SP)entityID

例)1番を割り振られた場合
  https://ex-sp-test01.gakunin.nii.ac.jp/shibboleth-sp

・スコープについて

例)1番を割り振られた場合
 ex-idp-test01.gakunin.nii.ac.jp

・その他の項目について

各自の名前、所属機関などを設定してください。



3.手順書

以下の手順書を参照し、作業を行います。

 


4. 動作確認

以下の動作確認手順は、IdP・SPの両方を参加させた場合です。

・構築SPとテストフェデレーションテスト用IdPの間での接続テスト

 ①  構築したSPのshibboleth2.xmlにて、DSをテストフェデレーションのものに変更します。

<Sessions lifetime="28800" timeout="3600" relayState="ss:mem"
          checkAddress="false" handlerSSL="false" cookieProps="http">

(省略)

    <!-- Session diagnostic service. -->
    <Handler type="Session" Location="/Session" showAttributeValues="false"/>

    
<!-- JSON feed of discovery information. -->
    
<Handler type="DiscoveryFeed" Location="/DiscoFeed"/>

    
<SessionInitiator type="Chaining" Location="/DS" isDefault="true" id="DS">
        <SessionInitiator type="SAML2" template="bindingTemplate.html"/>
        
<SessionInitiator type="Shib1"/>
        
<!--
        
<SessionInitiator type="SAMLDS" URL="
https://ex-ds.gakunin.nii.ac.jp/WAYF"/ >
        -->
        
<SessionInitiator type="SAMLDS" URL="https://test-ds.gakunin.nii.ac.jp/WAYF" />
    </SessionInitiator>

</Sessions>

② テストフェデレーションメタデータ検証用の証明書を
https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-test-signer-2011.cer からダウンロードします。

cd /etc/shibboleth/cert
wget https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-test-signer-2011.cer


③ shibboleth2.xmlのメタデータダウンロード元と証明書を変更します。 

<!--
Allows overriding of error template information/filenames. You can
also add attributes with values that can be plugged into the templates.
-->
<Errors supportContact="root@localhost"
    helpLocation="/about.html"
    styleSheet="/shibboleth-sp/main.css"/>

<!-- Example of remotely supplied batch of signed metadata. -->
<!-- -->
<!--
<MetadataProvider type="XML" validate="true"
      uri="
https://ex-ds.gakunin.nii.ac.jp/fed/ex-fed-metadata.xml"
-->
<MetadataProvider type="XML" validate="true"
      uri="
https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-test-metadata.xml
"
      backingFilePath="federation-metadata.xml" reloadInterval="7200">
    <MetadataFilter type="RequireValidUntil" maxValidityInterval="1296000"/>
    <!--
    <MetadataFilter type="Signature" certificate="/etc/shibboleth/cert/ex-fed.crt"/>
    -->
    <MetadataFilter type="Signature" certificate="/etc/shibboleth/cert/gakunin-test-signer-2011.cer"/>
    <DiscoveryFilter type="Blacklist" matcher="EntityAttributes" trimTags="true"
      attributeName="http://macedir.org/entity-category"
      attributeNameFormat="urn:oasis:names:tc:SAML:2.0:attrname-format:uri"
      attributeValue="http://refeds.org/category/hide-from-discovery" />
    <TransportOption provider="CURL" option="64">1</TransportOption>
    <TransportOption provider="CURL" option="81">2</TransportOption>
    <TransportOption provider="CURL" option="10065">/etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt</TransportOption>

</MetadataProvider>
<!-- -->

<!-- Example of locally maintained metadata. -->
<!--
<MetadataProvider type="XML" validate="true" file="partner-metadata.xml"/>
-->

④ shibdおよびhttpdを再起動します。

systemctl restart httpd
systemctl restart shibd


⑤ テストフェデレーションDSから接続テスト用IdPを選択します。
・各自構築したSPにアクセスします。

例)1番を割り振られた場合
  https://ex-sp-test01.gakunin.nii.ac.jp/

 ・ログインボタンをクリックします。

 ・テストフェデレーションDSが表示されるので、所属している機関リストから関東カテゴリの「GakuNin テスト IdP」
 (英語表示の場合はKantoカテゴリの「GakuNin Test IdP」)を選択します。

 ・ログイン画面が表示されるので、ユーザtest001、パスワードtest001を入力して認証を行います。

 ・正しく属性受信の確認ページが表示されます。
 (IdPエンティティIDが”https://test-idp1.gakunin.nii.ac.jp/idp/shibboleth”となっていることを確認してください) 


・構築IdPとテストフェデレーションテスト用SPの間での接続テスト

① 構築IdPにて、テストフェデレーションメタデータ検証用の証明書を
 https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-test-signer-2011.cer からダウンロードします。

cd /opt/shibboleth-idp/credentials
wget https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-test-signer-2011.cer


② metadata-providers.xmlのメタデータ自動ダウンロード設定を変更します。 

<!-- ========================================================================================== -->
<!--                             Metadata Configuration                                         -->
<!--                                                                                            -->
<!--  Below you place the mechanisms which define how to load the metadata for the SP you will  -->
<!--  provide a service to.                                                                     -->
<!--                                                                                            -->
<!--  Two examples are provided.  The Shibboleth Documentation at                               -->
<!--  https://wiki.shibboleth.net/confluence/display/IDP30/MetadataConfiguration                -->
<!--  provides more details.                                                                    -->
<!--                                                                                            -->
<!--  NOTE.  This file SHOULD NOT contain the metadata for this IdP.                            -->
<!--                                                                                            -->
<!-- ========================================================================================== -->

<!--
Example HTTP metadata provider.  Use this if you want to download the metadata
from a remote source.

(省略)

<!-- -->
<!--
<MetadataProvider id="HTTPMetadata"
                  xsi:type="FileBackedHTTPMetadataProvider"
                  backingFile="%{idp.home}/metadata/gakunin-metadata-backing.xml"
                  metadataURL="https://ex-ds.gakunin.nii.ac.jp/fed/ex-fed-metadata.xml">
-->
<MetadataProvider id="HTTPMetadata"
                  xsi:type="FileBackedHTTPMetadataProvider"
                  backingFile="%{idp.home}/metadata/gakunin-metadata-backing.xml"
                  metadataURL="https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-test-metadata.xml">

<!--
 
   <MetadataFilter xsi:type="SignatureValidation" requireSignedRoot="true"
                    certificateFile="%{idp.home}/credentials/ex-fed.crt">
-->
    <MetadataFilter xsi:type="SignatureValidation" requireSignedRoot="true"
                    certificateFile="%{idp.home}/credentials/gakunin-test-signer-2011.cer">
<!--
          <PublicKey>
              MIIBI.....
          </PublicKey>
-->
    </MetadataFilter>
    <MetadataFilter xsi:type="RequiredValidUntil" maxValidityInterval="P15D"/>
    <MetadataFilter xsi:type="EntityRoleWhiteList">
        <RetainedRole>md:SPSSODescriptor</RetainedRole>
    </MetadataFilter>
</MetadataProvider>
<!-- -->


③ tomcatを再起動します。 

systemctl restart tomcat


④ テストフェデレーションの接続テスト用SP https://test-sp1.gakunin.nii.ac.jp にアクセスします。

・ログインボタンをクリックします。

・テストフェデレーションDSの所属している機関から各自の構築したIdP名称があるかどうかを確認し、選択をします。

・IdPのログイン画面が表示されるので、ユーザtest001、パスワードtest001を入力して認証を行います。

・正しく属性受信の確認ページが表示されることを確認してください。(本確認についてのみ、属性が全て"NOT RECEIVED"になっていても問題ありません。そうなっていることを確認した上で次の確認に進んでください。)


・構築SPと構築IdPとの間での接続テスト

① 各自構築したSPにアクセスします。

例)1番を割り振られた場合
  https://ex-sp-test01.gakunin.nii.ac.jp/

② ログインボタンをクリックします。

③ テストフェデレーションDSの所属している機関から各自の構築したIdPを選択します。

④  IdPのログイン画面が表示されるので、ユーザtest001、パスワードtest001を入力して認証を行います。

⑤ 正しく属性受信の確認ページが表示されることを確認してください。


  Parent Page Next Page

  • No labels