2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

  attribute-resolver.xml ファイルの変更

実習セミナー

・「/root/GETFILE」内の、attribute-resolver.xmlを使用します。
  以下のコマンドで、デフォルトのファイルを差し替えてください。
 # /bin/cp -f /root/GETFILE/attribute-resolver.xml /opt/shibboleth-idp/conf  

※ 上記ファイルは学認推奨の16属性が全て既設LDAPの内容と整合性をとった形で有効になっている為、本ページの以降の設定手順は不要です。

 デフォルトの /opt/shibboleth-idp/conf/attribute-resolver.xml をテンプレートで差し替え、下記にしたがい修正してください。 

 



1.属性の定義部分を、以下の例に従い有効にします。

各属性の定義方法はここを参照下さい。

(1) eduPersonPrincipalNameを有効とする例:

  <!-- Attribute Definition for eduPersonPrincipalName -->
    <!-- --> ← コメント終了を追加して、以下を有効とします
<resolver:AttributeDefinition id="eduPersonPrincipalName"    xsi:type="Scoped" xmlns="urn:mace:shibboleth:2.0:resolver:ad" scope="***.ac.jp" sourceAttributeID="uid">       ← scopeにIdPのドメインを設定します、また、
       sourceAttributeIDにLDAP内の属性名を設定します
<resolver:Dependency ref="myLDAP" /> <resolver:AttributeEncoder xsi:type="SAML1ScopedString" xmlns="urn:mace:shibboleth:2.0:attribute:encoder" name="urn:mace:dir:attribute-def:eduPersonPrincipalName" /> <resolver:AttributeEncoder xsi:type="SAML2ScopedString" xmlns="urn:mace:shibboleth:2.0:attribute:encoder" name="urn:oid:1.3.6.1.4.1.5923.1.1.1.6" friendlyName="eduPersonPrincipalName" /> </resolver:AttributeDefinition> <!-- --> ← コメント開始を追加して、上記を有効とします

  
(2) eduPersonEntitlementを有効とする例:

  <!-- Attribute Definition for eduPersonEntitlement -->
    <!-- --> ← コメント終了を追加して、以下を有効とします
<resolver:AttributeDefinition id="eduPersonEntitlement" xsi:type="Simple" xmlns="urn:mace:shibboleth:2.0:resolver:ad" sourceAttributeID="eduPersonEntitlement"> <resolver:Dependency ref="staticEntitlement" /> <resolver:AttributeEncoder xsi:type="SAML1String"        xmlns="urn:mace:shibboleth:2.0:attribute:encoder" name="urn:mace:dir:attribute-def:eduPersonEntitlement" /> <resolver:AttributeEncoder xsi:type="SAML2String"        xmlns="urn:mace:shibboleth:2.0:attribute:encoder" name="urn:oid:1.3.6.1.4.1.5923.1.1.1.7" friendlyName="eduPersonEntitlement" /> </resolver:AttributeDefinition> <!-- --> ← コメント開始を追加して、上記を有効とします
<!-- Static Connector for Entitlement --> <!-- --> ← コメント終了を追加して、以下を有効とします <resolver:DataConnector id="staticEntitlement" xsi:type="Static"        xmlns="urn:mace:shibboleth:2.0:resolver:dc"> <Attribute id="eduPersonEntitlement"> <Value>urn:mace:dir:entitlement:common-lib-terms</Value>            ↑ 送信する値を設定します </Attribute> </resolver:DataConnector> <!-- --> ← コメント開始を追加して、上記を有効とします

 

 



2.利用するコネクタを設定します。

  ※LDAPを利用する例を示します。

    <!-- Example LDAP Connector -->
    <!-- --> ←コメント終了を追加して、以下を有効とします
    <resolver:DataConnector id="myLDAP" xsi:type="LDAPDirectory" xmlns="urn:mace:shibboleth:2.0:resolver:dc"
        ldapURL="ldap://ldap.example.org" ← LDAPのURLを設定
        baseDN="ou=people,dc=example,dc=ac,c=JP" ← LDAPのbaseDNを設定
        principal="uid=myservice,ou=system" ← LDAPのprincipalを設定
        principalCredential="myServicePassword"> ← LDAPのパスワードを設定
       
<FilterTemplate>             <![CDATA[                 (uid=$requestContext.principalName)             ]]>         </FilterTemplate>     </resolver:DataConnector>     <!-- --> ← コメント開始を追加して、上記を有効とします

 ※ パスワードに '&' や '<' を含む場合は '&amp;' や '&lt;' のように記述してください。
  → meatwiki:GakuNinShare:トラブルシューティング

Previous Page Parent Page Next Page

  • No labels