Skip to end of metadata
Go to start of metadata

目次

指名

IdP/SPの新規申請や、変更申請で新たな運用担当者を追加する場合、(自分が兼任するのでなければ)他の方を運用責任者・運用担当者に指名しなければならないことがあります。

この場合簡便な方法は、その方に学認申請システムにログインしてもらい、初回のログインであればアカウント作成の画面が表示されますので必要な情報を入力していただいた上で「同一機関構成員から参照可能とする」チェックボックスにチェックを入れていただくことです。もしすでにアカウントが作成されている場合はアカウント作成画面が表示されませんので「アカウント情報変更申請」メニューから自分の情報を表示し、当該チェックボックスにチェックを入れて「申請」ボタンを押していただいてください。このようにした上で新規/変更申請すれば、選択肢にその方が表示され容易に指名・追加ができます。

一方、参照可能となっていないアカウントならびにまだアカウント登録されていない方を指名・追加することも可能です。この場合、まずその方のeduPersonPrincipalName(ePPN)属性の値を確認してください。上記のように本人がログインすることでも確認できますが、それが不可能な場合はIdPの管理者にお問い合わせください。IdPの新規申請の場合、その時点でログインはできませんが学認参加後に送信される予定のePPNを登録して問題ありません。運用責任者として入力しようとしている方の所属機関が学認に参加していないなどePPNをお持ちでない場合は、OpenIdPでアカウントを作成していただくか後述のePPNを入力しない方法をご参照ください。

ePPNが判明しましたら申請入力画面の運用責任者の「新規入力」もしくは運用担当者の「追加」から情報を入力してください。ご注意いただきたいのは、すでにアカウントが存在する場合、登録されている情報を(ハイフンや全角・半角等含めて)一致させないといけません。可能なら本人からアカウントに登録されている情報を入手してください。また、情報に未入力のものがあれば入力を求められます(2018年以前にアカウント作成された場合このような状態になっている場合があります)。この場合あらかじめ本人にログインの上「アカウント情報変更申請」メニューより全て入力していただいてください。

その他、運用責任者についてはePPNを入力せずにその他の情報のみを入力することも可能で、その場合アカウントとの紐付けは行われませんので自由に入力することができます。ただし、後述のアカウントの情報更新を行ってもePPNの入力がないものについては連動して更新されることはございませんので、更新漏れのないようご注意ください。また、当該運用責任者の方はオンライン確認など学認申請システムにログインして行う操作ができませんのでご了承ください。

交代・追加

異動等で運用責任者や運用担当者が別人に変更になる場合、後述の「情報変更」ではなく以下の手順に従ってください。

運用責任者の交代については、運用担当者がログインしてIdP/SPの変更申請を行います(*)。運用責任者の欄で上記「指名」の場合と同様に後任の運用責任者を選択もしくは入力してください。選択肢に存在しない場合は「新規入力」を選択して必要な情報を入力してください。なお、指名の場合と同様後任の方がオンライン確認などのため学認申請システムにログインする必要がない場合はePPNの入力は不要ですので「新規入力」を選択してePPN以外の情報を入力してください。

運用担当者の交代もしくは追加については、前任の運用担当者含めた運用担当者のいずれかがログインしIdP/SPの変更申請を行います(*)。運用担当者欄に「追加」ボタンがありますのでこのボタンを押下し後任の運用担当者を選択もしくは入力してください。交代の場合はさらに前任者の「削除」ボタンを押してください。ページ最下部の「申請」ボタンを押下すれば変更申請が作成されます。後任者について、上段の選択肢に存在しない場合は後段のフォームに必要な情報を入力してください。後任者についての手順の詳細は上記「指名」の項をご参照ください。

(*) - IdP/SP変更申請を行いたい場合は、承認済みIdPもしくはSPの詳細画面の最下部に「変更申請」リンクがありますのでこれをクリックしてください。

情報変更

運用責任者もしくは運用担当者の所属が変わる、姓が変わるなどアカウント情報に変更が発生した場合は下記の手順に従ってください。

関係する運用担当者がログインし、「アカウント情報変更申請」メニューから情報変更したいアカウントを選択し、情報を更新して「申請」ボタンを押してください。その人が運用責任者または運用担当者となっているIdP/SPの分だけ申請書が作成されます(もしくは取り扱い中の申請書があればそれに変更が加えられます)ので、各申請書の処理を進めてください。ただし当該IdP/SPが申請書事務局処理済み(申請書オンライン確認/郵送待ち)の場合は他の変更を受け付けない状態ですので、その時点では新たな申請書は作成されません。当該申請書の処理が完了後再度変更申請してアカウント情報変更を反映させてください。

もし「アカウント情報変更申請」メニューに表示されない場合、その方はePPNが入力されていない運用責任者と思われますので、IdP/SPを表示し変更申請を起票し、運用責任者欄の情報を更新し「申請」ボタンを押してください。情報更新は連動しませんので、IdP/SPの数だけこれを繰り返してください。

  • No labels