Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

自分が管理しているSPコネクタに、管理者としてメンバーを招待することができます。
招待機能を使用すると、メールアドレスへ招待メールが送信され、受取人は受信したメールからSP管理者の承認なしでSPコネクタの管理者となります。

この操作を行うには、SPコネクタの権限を持っている必要があります。

  1. 「MYグループ」から、SPコネクタを選択します。 
  2. SPコネクタの「管理者メニュー」から「管理者招待」をクリックします。
    今までに招待した情報を確認できます。
  3. 「新たに招待」ボタンをクリックします。
  4. 招待したいメンバー(複数可)のメールアドレスなどを入力し、「確認」ボタンをクリックします。

    招待メールアドレスは、改行区切りとし、1行1メールアドレスとしてください。
    有効期限とは、招待メールの本文に mAPが自動的に挿入するURLの有効期限であり、
    招待メールアドレスに、複数の個人宛てメールアドレスを入力した場合に ワンタイムを選択しても、それぞれ違うURLが挿入されます。 

    また、招待メールの本文のテンプレートは下記となっており、XXXX には 自分のアカウント氏名が、YYYY はSPコネクタ名が、ZZZZにはSPコネクタの紹介文が 入ります。
    自動的に挿入されるURLは最後(「宜しくお願い致します。」の下)に挿入されます。

    XXXX です。
    学認クラウドゲートウェイサービスがグループ管理機能を提供しており、そこで
    YYYYSPコネクタ名を管理しています。
    この YYYYSPコネクタへ招待いたしますので、
    是非、参加をお願いします。
    
    <SPコネクタの紹介>
    ZZZZ
    
    
    下記のURLにて、入会処理をしてください。
    宜しくお願い致します。
    

    自分が管理している他のグループ(SPコネクタは含まない)から管理者に招待することも可能です。

    他のグループのメンバーを管理者に招待する場合、追加でメールアドレスの入力を求めるフォームが表示される場合がありますので本人のメールアドレスを入力してください。

     

  5. 招待された人が、届いたメールに記載されている URL をクリックし、所属機関IdPの認証に成功すれば、SP管理者の承認なしでSPコネクタの管理者となります。

    被招待者がSPコネクタの管理者となったか状況の確認を行うには、「管理者メニュー」の「管理者招待」をクリックし「招待履歴および状況」の項で確認することができます。


SP管理者に戻る
Homeに戻る

 


  • No labels