2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

改版履歴

版数

日付

内容

担当

V.1.0

2015/4/1

初版

NII

V.1.1

2016/12/26

認証局「NII Open Domain S/MIME CA」の追加に伴う修正

NII

V2.0

2018/2/26

対応環境をMozilla Thunderbird 52.0 以上に変更

NII


目次
1. S/MIME証明書のインストール手順
1-1. 動作環境について
1-2. 前提条件
1-3. インストール手順
2. デジタル署名付きメールの送信
2-1. デジタル署名付きメールの送信
2-2. 送信したデジタル署名付きメールの確認手順

1. S/MIME証明書のインストール手順


1-1. 動作環境について

本マニュアルでは以下の環境における操作手順のみ記載しています。

対応環境

Mozilla Thunderbird 52.0 以上


1-2. 前提条件

Mozilla ThunderbirdでS/MIME証明書を使用する場合の前提条件について記載します。S/MIME証明書を利用する環境に合わせて、適宜手順の読み替えを行ってください。(本マニュアルではMozilla Thunderbird 52.0での実行例を記載しております。)

前提条件

  1. S/MIME証明書がWebブラウザへインストールされていること
    (Webブラウザへのインストールマニュアル_Mozilla Firefox編に記載)
  2. Mozilla Thunderbird 52.0以上がインストールされていること


1-3. インストール手順

証明書のインストール手順

  1. Mozilla Thunderbirdより[mailuser](アカウント名)を右クリックし、[設定(E)]を選択してください。


  2. [アカウント設定]画面が表示されますので、[セキュリティ]を選択し[証明書を管理(M)]を押してください。


  3. [証明書マネージャー]画面が表示されますので、[あなたの証明書]タブを選択し[インポート(M)]を押してください。


  4. [インポートする証明書ファイル]画面が表示されますので、インポートする証明書を選択し[開く(O)]を押してください。


  5. [パスワードを入力してください]画面が表示されますので、[パスワード]にこの証明書のバックアップ用パスワードを入力し、[OK]を押してください。

     

  6. [警告]画面が表示されますので、 [OK]を押してください。

     
  7. [証明書マネージャー]画面が表示されますので、証明書がインストールされていることを確認し、[OK]を押してください。

     
  8. [アカウント設定]画面が表示されますので、[セキュリティ]を選択し[選択(S)]を押してください。


  9. [証明書の選択]画面が表示されますので、[証明書]からS/MIME証明書を選択し、[OK]を押してください。

     
  10. [いいえ(N)]を押してください。


  11. [メッセージにデジタル署名する(既定の動作)(D)]にチェックをし、[OK]を押してください。




    以上でS/MIME証明書のインストールは完了です。


2. デジタル署名付きメールの送信

2-1. デジタル署名付きメールの送信

デジタル署名付きメールの送信手順

  1. Mozilla Thunderbirdより、[作成]を押してください。


  2. [メッセージ作成]画面が表示されますので、[セキュリティ]右横の[▼]を選択し[このメッセージにデジタル署名する(M)]にチェックをしてください。


  3. メールを作成します。
    作成が終わりましたら、 [送信]を押してください。




    以上でデジタル署名付きメールの送信は完了です。


2-2. 送信したデジタル署名付きメールの確認手順

送信したデジタル署名付きメールの確認手順

  1. [送信済みトレイ]よりデジタル署名付きで送信したメールを選択してください。
  2. メールのアイコンを押してください。

     
  3. [メッセージのセキュリティ]画面が表示されますので、[署名証明書を表示]を押してください。


  4. [証明書ビューアー]画面が表示されますので、[一般(G)]タブを選択し、「この証明書は以下の用途に使用する証明書であると検証されました」と表示されていることを確認してください。


    以上で送信したデジタル署名付きメールの確認は完了です。
  • No labels