2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Child pages
  • Apache(mod_ssl)編
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

改版履歴

版数

日付

内容

担当

V.1.1

2014/12/22

初版

NII

V.1.2

2015/5/15

中間CA証明書のファイル名を修正

NII

V.1.3

2015/12/11

サーバ証明書設定について注釈を追加

NII

V.2.0

2018/2/26

SHA1の記載内容の削除

NII

V.2.12018/3/26CT対応版の中間CA証明書について説明を追加NII
V.2.22018/4/27

Apache(mod_ssl)2.4.8以降における手順を追加

NII
V.2.32018/7/9ECDSA対応版の中間CA証明書についての説明を追加

NII

V.2.42019/4/22ECC認証局 中間CA証明書の名称を変更NII



目次

1. Apache(mod_ssl) によるサーバ証明書の利用
1-1. 前提条件
1-2. 証明書のインストール
1-2-1. 事前準備
1-2-2. 中間CA証明書のインストール
1-2-3. サーバ証明書のインストール
1-3. Apacheの設定変更
1-4. サーバ証明書の置き換えインストール
1-5. 起動確認

1. Apache (mod_ssl) によるサーバ証明書の利用

1-1. 前提条件

Apache(mod_ssl)でサーバ証明書を利用する場合の前提条件について記載します。適宜、サーバ証明書をインストールする利用管理者様の環境により、読み替えをお願いします。
(本マニュアルでは、Red Hat Enterprise Linux Server release 6.3 (Santiago)、OpenSSL 1.0.1e-fips 11 Feb 2013、Apache/2.2.15 (Unix) または Apache/2.4.9 (Unix)での実行例を記載しております)

前提条件

  1. OpenSSLがインストールされていること
  2. Apacheがインストールされていること
  3. 使用されているApacheシステムに適当なmod_sslがインストールされていること
  4. ssl.confファイルまでの絶対パス:/etc/httpd/conf.d/ssl.conf
  5. httpd.confファイルまでの絶対パス:/etc/httpd/conf/httpd.conf

  6. ssl.confファイルの設定 
      a. SSLCertificateFile: /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt (サーバ証明書を配置)
      b. SSLCertificateKeyFile: /etc/httpd/conf/ssl.key/server.key (秘密鍵を配置)
      c. SSLCertificateChainFile: /etc/httpd/conf/ssl.crt/nii-odca3sha2.cer (SHA-2認証局 中間CA証明書を配置)
                                                   または
                                                   /etc/httpd/conf/ssl.crt/nii-odca3ecdsa.cer (ECC認証局 中間CA証明書を配置)

    Apache2.4.8以降をご利用の場合

     a. SSLCertificateFile: /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt (サーバ証明書と中間CA証明書を連結した証明書を配置)
     b. SSLCertificateKeyFile: /etc/httpd/conf/ssl.key/server.key (秘密鍵を配置)

CSR作成時は既存の鍵ペアは使わずに、必ず新たにCSR作成用に生成した鍵ペアを利用してください。
更新時も同様に、鍵ペアおよびCSRを新たに作成してください。
鍵ペアの鍵長は、RSAの場合は2048bit、ECDSAの場合は384bitにしてください。
※Apache2.2(mod_ssl)はECDSA鍵について非対応となっております。

1-2. 証明書のインストール

Apache(mod_ssl)への証明書のインストール方法について記述します。

1-2-1. 事前準備

事前準備として、サーバ証明書、中間CA証明書を取得してください。

事前準備

別ページ記載の手順(※)にて取得したサーバ証明書をserver.crtという名前で任意の場所に保存してください。
※「サーバー証明書インストールマニュアル / Apache・IIS・Nginx編 / 事前準備 ~ 証明書の申請から取得まで」 - 「3.証明書の申請から取得まで」 を参照

  1. 中間CA証明書を準備します。
  2. 次のURLにアクセスすることでリポジトリにアクセスすることが可能です。
    リポジトリ:https://repo1.secomtrust.net/sppca/nii/odca3/index.html

    【2018年3月26日 14時以前に発行されたサーバー証明書(sha256WithRSAEncryption)をインストールする場合】
    SHA-2認証局 中間CA証明書をnii-odca3sha2.cerという名前で保存したと仮定して以降記載します。

  3. 【2018年3月26日 19時以降に発行されたサーバー証明書(sha256WithRSAEncryption)をインストールする場合】
     SHA-2認証局 中間CA証明書(CT対応版)をnii-odca3sha2.cerという名前で保存したと仮定して以降記載します。

     【サーバー証明書(ecdsa-with-SHA384)をインストールする場合】
      ECC認証局 中間CA証明書はnii-odca3ecdsa******.cer(※)をnii-odca3ecdsa.cerという名前で保存したと仮定して以降記載します。
      ※CA Issuersのcerファイル名の******部分には、年月が入ります。(例:nii-odca3ecdsa201903.cer)

1-2-2. 中間CA証明書のインストール

以下の手続きに従って、中間CA証明書のインストールを行ってください。

中間CA証明書のインストール

中間CA証明書は「1-1.前提条件」条件6.で記述したssl.confファイルの「SSLCertificateChainFile」で指定します。
「1-2-1. 事前準備」で取得した中間CA証明書を「1-1. 前提条件」条件6.c.で記述したパスへ移動してください。

SHA-2認証局 中間CA証明書の場合

$ mv nii-odca3sha2.cer /etc/httpd/conf/ssl.crt/nii-odca3sha2.cer
 

ECC認証局 中間CA証明書の場合

$ mv nii-odca3ecdsa******.cer /etc/httpd/conf/ssl.crt/nii-odca3ecdsa.cer

Apache2.4.8以降をご利用の場合

後述の「1-2-3. サーバ証明書のインストール」手順にて記載します。
(Apache2.4.8以降では設定ファイルで中間CA証明書を指定するSSLCertificateChainFileディレクティブが廃止されました)

1-2-3. サーバ証明書のインストール

新規でサーバ証明書をインストールする場合は以下の手続きによりサーバ証明書のインストールを実施してください。

サーバ証明書のインストール

サーバ証明書は「1-1. 前提条件」条件6.で記述したssl.confファイルの「SSLCertificateFile」で指定します。

「1-2-1. 事前準備」で取得したサーバ証明書を「1-1. 前提条件」条件6.a.で記述したパスへ移動してください。

$ mv server.crt /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt

                       

Apache2.4.8以降をご利用の場合

「1-2-1. 事前準備」で取得したサーバ証明書と中間CA証明書を連結して保存します。

SHA-2認証局 中間CA証明書の場合

$ cat server.crt nii-odca3sha2.cer > server.crt

ECC認証局 中間CA証明書の場合

$ cat server.crt nii-odca3ecdsa.cer > server.crt


 ※ 上記コマンドの前提
  ・連結前の証明書は同ディレクトリに存在する

  ・連結前のサーバ証明書は、連結後の内容で上書保存する

連結した証明書は「1-1. 前提条件」条件6.a.で記述したパスへ移動してください。


1-3. Apacheの設定変更

Apacheに証明書を適用するための設定方法について記述します。

Apacheの設定変更

証明書のインストール終了後、「1-1. 前提条件」で記述したssl.confファイルの編集を行ってください。
(既に「1-1. 前提条件」の通りにssl.confファイル設定済である場合は、当手順は不要です)

証明書の更新を行った場合は新たに作成した秘密鍵をSSLCertificateKeyFileに、新たに作成したサーバ証明書をSSLCertificateFileに、新たに取得した中間CA証明書をSSLCertificateChainFileに設定してください。

・・・
SSLCertificateFile:
デフォルトでは/etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt (サーバ証明書を配置)
SSLCertificateKeyFile:
デフォルトでは/etc/httpd/conf/ssl.key/server.key (秘密鍵を配置)
SSLCertificateChainFile:
デフォルトでは/etc/httpd/conf/ssl.crt/server-chain.crt(中間CA証明書を配置)
・・・



Apacheを再起動し、変更した設定を反映させます。

$ /etc/init.d/httpd stop Apacheの停止
$ /etc/init.d/httpd start Apacheの起動

                 

Apache2.4.8以降をご利用の場合

証明書の更新を行った場合は新たに作成した秘密鍵をSSLCertificateKeyFileに、新たに作成したサーバ証明書と中間CA証明書を連結した証明書をSSLCertificateFileに設定してください。

・・・
SSLCertificateFile:
←デフォルトでは/etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt (連結した証明書を配置)
SSLCertificateKeyFile:
←デフォルトでは/etc/httpd/conf/ssl.key/server.key (秘密鍵を配置)
・・・


Apacheを再起動し、変更した設定を反映させます。

$ /etc/init.d/httpd stop Apacheの停止
$ /etc/init.d/httpd start Apacheの起動


1-4. サーバ証明書の置き換えインストール

更新したサーバ証明書をインストールする場合は以下の手続きによりサーバ証明書のインストールを実施してください。

サーバ証明書の置き換えインストール

  1. 旧サーバ証明書の鍵ペアをコピーしてください。
$ cd /etc/httpd/conf/ssl.key/
$ cp server.key server.key.old

 
2.  更新対象のサーバ証明書をコピーして、保管してください。

$ cd /etc/httpd/conf/ssl.crt/
$ cp server.crt server.crt.old


 3. 更新対象の中間CA証明書をコピーして、保管してください
     SHA-2認証局 中間CA証明書の場合

$ cd /etc/httpd/conf/ssl.crt/
$ cp nii-odca3sha2.cer nii-odca3sha2.cer.old


     ECC認証局 中間CA証明書の場合

$ cd /etc/httpd/conf/ssl.crt/
$ cp nii-odca3ecdsa.cer nii-odca3ecdsa.cer.old


  4. 別ページ記載の手順「支援システム操作手順書 / 利用管理者用」 - 「2-2. サーバ証明書更新申請手続き概要」に従い、証明書の更新申請を実施してください。


  5. 「1-2-1. 事前準備」で取得したサーバ証明書を、「1-1. 前提条件」条件6.a.で記述したパスへ移動してください。

$ mv server.crt /etc/httpd/conf/ssl.crt/server.crt


  6. 「1-2-1. 事前準備」で取得した中間CA証明書を、「1-1. 前提条件」条件6.c.で記述したパスへ移動してください。

      SHA-2認証局 中間CA証明書の場合

$ mv nii-odca3sha2.cer /etc/httpd/conf/ssl.crt/nii-odca3sha2.cer

      ECC認証局 中間CA証明書の場合

$ mv nii-odca3ecdsa******.cer /etc/httpd/conf/ssl.crt/nii-odca3ecdsa.cer

Apache2.4.8以降をご利用の場合

1. 旧サーバ証明書の鍵ペアをコピーしてください。

$ cd /etc/httpd/conf/ssl.key/
$ cp server.key server.key.old


2. 更新対象のサーバ証明書をコピーして、保管してください。

$ cd /etc/httpd/conf/ssl.crt/
$ cp server.crt server.crt.old


3. 別ページ記載の手順「支援システム操作手順書 / 利用管理者用」 - 「2-2. サーバ証明書更新申請手続き概要」に従い、証明書の更新申請を実施してください。

4. 「1-2-1. 事前準備」で取得したサーバ証明書、中間CA証明書を用いて「1-2-3. サーバ証明書のインストール」の手順を実施し、連結してください。


1-5. 起動確認

インストールした証明書によるSSL通信に問題がないか確認する方法を記述します。

証明書の反映・確認

1. Apacheを再起動し、変更した設定を反映させます。

$ /etc/init.d/httpd stop Apacheの停止
$ /etc/init.d/httpd start Apacheの起動


2. ブラウザ経由で、該当のサーバへアクセスし、SSL通信に問題がないことを確認してください。





  • No labels