2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

管理者画面から機関管理者が操作します。メニューの「Institutional Storage」よりプロバイダーごとに必要な情報を入力できます。それぞれのユーザインタフェースは、対象のストレージサービス毎に異なります。下記の(1)~(7)の中から対象のストレージサービスを選択し、操作方法を確認してください。


(1) Swiftを機関ストレージに指定する場合

 表示

①「Institutional Storage」の画面にて、Nameのフォームに任意のストレージ名称を入力し、
  OpenStack Swift を選択し「Save」ボタンを押下する。

 ②機関ストレージの変更について、確認画面が表示される。
  変更に同意する場合には「Type the following to continue:」の後に続く文字列をフォームに入力し「Change」ボタンを押下する。
  ※変更に同意しない場合は「Cancel」ボタンを押下することで前画面に戻ることができる。

 ③認証情報および設定情報の入力画面が表示されるため、下記に従って各フォームを入力し「Connect」ボタンを押下し接続試験を行う。
  ※接続に必要な項目がすべて入力されるまでは「Connect」ボタンが非活性となるため注意。

 ■ OpenStack Swift の認証に必要な項目

項目入力タイプ入力内容
Authentication(Keystone) VersiondropdownOpenStack Swift のバージョン
Authentication URLtext inputOpenStack Swift 認証URL
Tenant nametext input対象のテナント名
Project Domain nametext input対象のプロジェクトドメイン名
Usernametext input対象アカウントのユーザ名(メールアドレス)
User Domain nametext input対象のユーザドメイン名
Passwordtext input対象アカウントのパスワード
Containertext input対象のコンテナ名

  接続試験が成功した場合、「Credentials are valid」と表示されるため、手順④に進む。
  接続試験に失敗した場合、「Unable to list containers. Listing containers is required permission.」と表示されるため、
  エラー内容を修正し再度「Connect」ボタンを押下する。
  
 ④「Save」ボタンを押下し、機関ストレージ設定を保存する。

(2) Nextcloudを機関ストレージに指定する場合

 表示

 ①「Institutional Storage」の画面にて、Nameのフォームに任意のストレージ名称を入力し、
  Nextcloud を選択し「Save」ボタンを押下する。

 ②機関ストレージの変更について、確認画面が表示される。
  変更に同意する場合には「Type the following to continue:」の後に続く文字列をフォームに入力し「Change」ボタンを押下する。
  ※変更に同意しない場合は「Cancel」ボタンを押下することで前画面に戻ることができる。

 ③認証情報および設定情報の入力画面が表示されるため、下記に従って各フォームを入力し「Connect」ボタンを押下し接続試験を行う。
  ※接続に必要な項目がすべて入力されるまでは「Connect」ボタンが非活性となるため注意。

 ■ Nextcloud の認証に必要な項目

項目入力タイプ入力内容
Host URLtext input接続対象URL(スキーマ含む)
Usernametext input対象アカウントのユーザ名
Passwordtext input対象アカウントのパスワード
Foldertext input利用したいフォルダへのパス

  接続試験が成功した場合、「Credentials are valid」と表示されるため、手順④に進む。
  接続試験に失敗した場合、エラー内容が表示されるため、修正し再度「Connect」ボタンを押下する。
  
 ④「Save」ボタンを押下し、機関ストレージ設定を保存する。


(3) Owncloudを機関ストレージに指定する場合

 表示

 ①「Institutional Storage」の画面にて、Nameのフォームに任意のストレージ名称を入力し、
  Owncloud を選択し「Save」ボタンを押下する。

 ②機関ストレージの変更について、確認画面が表示される。
  変更に同意する場合には「Type the following to continue:」の後に続く文字列をフォームに入力し「Change」ボタンを押下する。
  ※変更に同意しない場合は「Cancel」ボタンを押下することで前画面に戻ることができる。

 ③認証情報および設定情報の入力画面が表示されるため、下記に従って各フォームを入力し「Connect」ボタンを押下し接続試験を行う。
  ※接続に必要な項目がすべて入力されるまでは「Connect」ボタンが非活性となるため注意。

 ■ Nextcloud の認証に必要な項目

項目入力タイプ入力内容
Host URLtext input接続対象URL(スキーマ含む)
Usernametext input対象アカウントのユーザ名
Passwordtext input対象アカウントのパスワード
Foldertext input利用したいフォルダへのパス

  接続試験が成功した場合、「Credentials are valid」と表示されるため、手順④に進む。
  接続試験に失敗した場合、エラー内容が表示されるため、修正し再度「Connect」ボタンを押下する。
  
 ④「Save」ボタンを押下し、機関ストレージ設定を保存する。

(4) Google Driveを機関ストレージに指定する場合

 表示

 ①「Institutional Storage」の画面にて、Nameのフォームに任意のストレージ名称を入力し、
  Google Drive を選択し「Save」ボタンを押下する。

 ②機関ストレージの変更について、確認画面が表示される。
  変更に同意する場合には「Type the following to continue:」の後に続く文字列をフォームに入力し「Change」ボタンを押下する。
  ※変更に同意しない場合は「Cancel」ボタンを押下することで前画面に戻ることができる。

 ③認証情報および設定情報の入力画面が表示される。
  認証情報を取得する場合は「Get OAuth permission」ボタンを押下する。

 ④アカウントの選択画面にて、対象のGoogleアカウントを選択する。

 ⑤アクセス権限の付与画面にて、「許可」を押下する。

 ⑥選択内容の確認画面が表示されるため、「Googleドライブのすべてのファイルの表示、編集、作成、削除」が選択されていることを確認し「許可」を押下する。

 ⑦下記のページが表示されれば認証成功である。
  (この時点で認証は完了しているので、Closeボタンを押下しこのページは閉じる。)

 ⑧「Institutional Storage」のタブに戻る。
  OAuth認証が成功し、認証を行ったユーザー名および認証トークンが表示されていることを確認する。
  

 ⑨「Folder」の入力フォームに対象のフォルダIDを入力する。

  ※フォルダIDはフォルダのURLに含まれる文字列であり、フォルダ名ではないので注意する。

 ⑩「Save」ボタンを押下し、機関ストレージ設定を保存する。

(5) Boxを機関ストレージに指定する場合

 表示

 ①「Institutional Storage」の画面にて、Nameのフォームに任意のストレージ名称を入力し、
  Box を選択し「Save」ボタンを押下する。

 ②機関ストレージの変更について、確認画面が表示される。
  変更に同意する場合には「Type the following to continue:」の後に続く文字列をフォームに入力し「Change」ボタンを押下する。
  ※変更に同意しない場合は「Cancel」ボタンを押下することで前画面に戻ることができる。

 ③認証情報および設定情報の入力画面が表示される。
  認証情報を取得する場合は「Get OAuth permission」ボタンを押下する。

 ④ログイン画面にて、対象アカウントのメールアドレス、パスワードを入力し、「承認」を押下する。

 ⑤アクセス権限の付与画面にて、「Grant access to Box」を押下する。

 ⑥下記のページが表示されれば認証成功である。
  (この時点で認証は完了しているので、Closeボタンを押下しこのページは閉じる。)

 ⑦「Institutional Storage」のタブに戻る。
  OAuth認証が成功し、認証を行ったユーザー名および認証トークンが表示されていることを確認する。
  

 ⑧「Folder」の入力フォームに対象のフォルダIDを入力する。

  ※フォルダIDはフォルダのURLに含まれる文字列であり、フォルダ名ではないので注意する。

 ⑨「Save」ボタンを押下し、機関ストレージ設定を保存する。


(6) Amazon S3 を機関ストレージに指定する場合

 表示

 ①「Institutional Storage」の画面にて、Nameのフォームに任意のストレージ名称を入力し、
  Amazon S3 を選択し「Save」ボタンを押下する。

 ②機関ストレージの変更について、確認画面が表示される。
  変更に同意する場合には「Type the following to continue:」の後に続く文字列をフォームに入力し「Change」ボタンを押下する。
  ※変更に同意しない場合は「Cancel」ボタンを押下することで前画面に戻ることができる。

 ③認証情報および設定情報の入力画面が表示されるため、下記に従って各フォームを入力し「Connect」ボタンを押下し接続試験を行う。
  ※接続に必要な項目がすべて入力されるまでは「Connect」ボタンが非活性となるため注意。

 ■ Amazon S3 の認証に必要な項目

項目入力タイプ入力内容
Access Keytext inputS3 アクセスキー
Secret Keytext inputS3 シークレットキー
Buckettext input対象のバケット名

  接続試験が成功した場合、「Credentials are valid」と表示されるため、手順④に進む。
  接続試験に失敗した場合、エラー内容が表示されるため、修正し再度「Connect」ボタンを押下する。
  
 ④「Save」ボタンを押下し、機関ストレージ設定を保存する。

(7) S3互換ストレージ を機関ストレージに指定する場合

 表示

 ①「Institutional Storage」の画面にて、Nameのフォームに任意のストレージ名称を入力し、
  S3 Compatible Storage を選択し「Save」ボタンを押下する。

 ②機関ストレージの変更について、確認画面が表示される。
  変更に同意する場合には「Type the following to continue:」の後に続く文字列をフォームに入力し「Change」ボタンを押下する。
  ※変更に同意しない場合は「Cancel」ボタンを押下することで前画面に戻ることができる。

 ③認証情報および設定情報の入力画面が表示されるため、下記に従って各フォームを入力し「Connect」ボタンを押下し接続試験を行う。
  ※接続に必要な項目がすべて入力されるまでは「Connect」ボタンが非活性となるため注意。

 ■ S3互換ストレージ の認証に必要な項目

項目入力タイプ入力内容
Endpoint URLtext inputエンドポイントURL(ホスト名)
Access Keytext inputS3互換ストレージ アクセスキー
Secret Keytext inputS3互換ストレージ シークレットキー
Buckettext input対象のバケット名

  接続試験が成功した場合、「Credentials are valid」と表示されるため、手順④に進む。
  接続試験に失敗した場合、エラー内容が表示されるため、修正し再度「Connect」ボタンを押下する。
  
 ④「Save」ボタンを押下し、機関ストレージ設定を保存する。

  • No labels