2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Child pages
  • ExcelとテキストエディタによるTSVファイル作成
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

1. はじめに

本ページでは、ExcelとテキストエディタによるTSVファイル作成方法について解説します。

2. 前提

本ページでは、テキストエディタとして Visual Studio Code (以下 VSC) を用いて解説します。
ダウンロード元: Visual Studio Code

テキストエディタは、文字コードを指定して保存できるものであれば何でもかまいません。

Excel は Excel 2016 を使用しますが、こちらも現在サポート対象のバージョンであれば問題ありません。

3. TSVファイル仕様の確認

下記マニュアルページで、TSVファイルの仕様を確認してください。

マニュアル:本システムで扱うファイル形式

4. Excelで必要項目の入力

  1. Excelを起動し、作成したいTSVファイルの仕様にそって必要な列数を確保するため、1行目に番号をふってください。
  2. 2行目(およびそれ以降)に、必要な項目を入力してください。
    ※CSRは改行を除いて1行にしてください。
  3. 列数と記載内容を確認してください。

5. 1行目を除いてコピー

1行目を除いて範囲選択してコピーしてください。

13列のTSVファイルであれば、M列まで範囲選択してください。空欄であっても、必ず選択してください。

6. VSCに貼り付け

VSCを開いて貼り付けてください。

7. 文字コードを指定して保存

  1. 最下部に「UTF-8」と記載されている箇所があるので、クリックしてください。


  2. 保存時のエンコードを指定できるので、「Japanese(Shift JIS)」を選択してください。


  3. UTF-8」から「Shift JIS」に切り替わったことを確認して、名前をつけて保存してください。拡張子をTSVとされるとよいでしょう。


以上で作成完了です。

サンプルでは1行ですが、複数行のTSVファイルを作成することも出来ます。

  • No labels