Skip to end of metadata
Go to start of metadata

You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

« Previous Version 4 Next »

2/12(金)に NII FileSender をメジャーバージョンアップいたします。
これまでの NII FileSender にはカスタマイズを加え様々な機能を追加しておりましたが、
今後は FileSender 開発元のリリースからのカスタマイズは最小限にとどめ最新版ならびに脆弱性への迅速な対応を重視する方針とさせていただきます。
そのため、これまで利用してきた機能の一部の操作が変わったり、利用できなくなったりしております。
ここでは、そのような機能をご案内致します。

目次

変更点

日本語表示について

現在NII FileSenderバージョン2はUIが英語での表示となっており日本語に切り替えることができません。鋭意作業中ですので近日中に対応いたします。

メールを配信できなかった場合の通知について

現在NII FileSenderバージョン2は、指定したメールアドレスにメールを送信できなかった場合、その旨を送信者(アップロードを行った方)へ通知することができません。
この対応をどうするかについては現在検討中です。
なお、いずれにしろ通知可能なのはメール配送を試行した先から通知(いわゆるバウンスメール)があった場合のみであり、この制約は旧版でも変わりません。

グループ送信機能が利用できなくなります

学認クラウドゲートウェイサービスに作成されたグループのメンバー全員に対して一括してファイルを送信する機能が使えなくなります。
具体的には以下の機能が利用できなくなります。

  • グループ宛のファイル送信
  • 送信先メールアドレスの代わりにリストからグループを選択すること

これまで OpenIdP のユーザがグループ送信機能を使ってファイルを送信していた場合、バージョンアップ後は送信できなくなります。
代わりに他のユーザからバウチャーを発行してもらうことでファイルを送信できます。
バウチャーの発行は利用マニュアルの「
ゲスト利用者からファイルを送信してもらう」をご確認下さい。

送信者のメールアドレス入力機能が利用できなくなります

送信者のメールアドレスを任意で指定できなくなります。
送信者のメールアドレスはシボレス認証で IdP から送信された mail 属性の値となります。

送信者のメールアドレスを変更したい場合、
ファイルアップロードの際に "Get a link instead of sending recipients" オプションを有効にすると
アップロード完了後にそのファイルのリンクを取得することができますので、
別途メールソフトを利用して上記のリンクを相手にお伝え下さい。

エンドツーエンド暗号化機能を利用できるようになります

ファイルアップロードの際にパスワードを設定して暗号化できるようになります。
暗号化はWebブラウザ上で行われるためアップロードされたサーバー上で中身を覗き見ることはできません。

複数のファイルを送受信できるようになります

アップロード時に複数のファイルを指定できるようになります。
これらのファイルは、アーカイブ形式(zip,tar)の単一ファイルとしてダウンロードできるほか、
アップロードされたファイル一覧から個別に選択してダウンロードすることができます。

IdP が送信すべき必須属性が変更となりました

本項はIdP管理者向けの案内です。

これまではシボレス認証で IdP から送信される属性のうち
 ePPN(eduPersonPrincipalName)  もしくは ePTID(eduPersonTargetedID) の
どちらか一方が必須となっておりましたが、 ePTID が必須に変更となります。

そのため ePPN のみしか送信しない IdP では認証が通らずサービスを利用できなくなります。

もし所属機関IdPでNII FileSenderにePTIDが送信されていないことを発見しましたら、本ページを参照していただくようIdP管理者にご連絡ください。

  • No labels