Skip to end of metadata
Go to start of metadata


設定画面からプロフィール/アカウント設定/アドオンアカウント構成/メール通知/開発者アプリ/パーソナルアクセストークンについて、設定できます。

プロフィール


プロフィールに表示する情報を設定します

氏名

プロフィールに表示する氏名を設定します

氏名(名/ミドルネーム・旧姓/姓/敬称)

引用のプレビュー

引用される時の書式を表示します。

職歴

職歴を登録します。複数登録でき、現在在籍している機関を指定できます。


  1. 機関/雇用者
  2. 部門/研究所
  3. 職名
  4. 開始日/終了日
  5. 在籍

学歴

学歴を登録します。複数登録でき、現在在籍している機関を指定できます。

  1. 機関
  2. 部門
  3. 学位
  4. 開始日/終了日
  5. 在籍

SNS

利用しているSNSを登録できます。

  1. ウェブサイト
  2. ORCID
  3. ReseracherID
  4. Twitter
  5. GitHub
  6. LinkedIn
  7. InpactStory
  8. Google Scholar
  9. ResearchGate
  10. Academia
  11. Baidu Scholar
  12. SSRN

アカウント設定

アカウント設定


メールアドレスを登録します。メールアドレスは、主に利用するプライマリメールアドレスを登録します。

代替メールアドレスを追加登録できます。


接続されたアイデンティティ

サードパーティのサービスを介して、GakuNin RDMにログインできます。

サードパーティの認証を取り消すことができます。


パスワードを変更する

パスワードを更新することができます。


アカウントを非アクティブにする

アカウントを非アクティブにすると、投稿者であるすべての公開プロジェクトから削除されます。 アカウントはGakuNin RDMプロジェクトに関連付けられなくなり、GakuNin RDMでの作業にアクセスできなくなります。


アドオンアカウント構成


プロジェクトに関連付けるストレージについてアカウントの設定をします。ここでアカウントを認証したサービスを、プロジェクトからファイルストレージとして利用することができます。

  1. Amazon S3
  2. Azure Blob Storage
  3. Bitbucket
  4. Box
  5. Dataverse
  6. Dropbox
  7. figshare
  8. GitHub
  9. GitLab
  10. Google Drive
  11. IQB-RIMS
  12. Mendeley
  13. Nextcloud
  14. OneDrive
  15. OpenStack Swift
  16. ownCloud
  17. S3 Compatible Storage
  18. Zotero

メール通知を設定する

メールで通知する項目を設定します。デフォルトの通知設定と、プロジェクト毎の通知設定を指定できます。


デフォルトの通知設定

  1. コメントへの返信時
  2. コメント追加時
  3. ファイルアップロード時
  4. メンション追加時
  5. プレプリント提出時の更新時


プロジェクト通知

  1. コメント追加時
  2. ファイルアップロード時

開発者アプリ

OAuth 2.0 経由で、サードパーティのアプリケーションからGakuNin RDMを利用できます。「新しいアプリケーション登録」ボタンを押すと、サードパーティのアプリケーションの認証コールバックURLを登録できます。

アプリケーション詳細

アプリケーションの認証コールバックURLを登録します。


  1. アプリケーション名
  2. プロジェクトホームページURL
  3. アプリケーションの説明
  4. 認証コールバックURL

パーソナルアクセストークン

パーソナルアクセストークンは、通常のOAuthアクセストークンのように機能します。 APIの認証に使用できます。

「新規トークン」を指定するとパーソナルアクセストークンを作成します。


トークン名と、トークンを利用するアプリケーションに与える権限をスコープとして指定します。




  • No labels