Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata


本ページでは、WEKO3で試験的に追加された機能について説明します。

1.アイテムの全件エクスポート

JAIRO Cloudに登録されたアイテムのメタデータを全件エクスポートすることができます。

全件エクスポートは、図書館員以上の権限をもつユーザーだけが実行できます。手順は以下の通りです。

(1) ログイン後、[Administration]にアクセスし、[アイテム管理]をクリックして[一括エクスポート]をクリックします。

全件エクスポートの画面が表示されます。

(2) [エクスポート]をクリックします。

全件エクスポートを実行してよいかの確認ダイアログが表示されます。

※他のユーザーが全件エクスポート実行中の場合、[エクスポート]ボタンが非活性となり、クリックすることができません。

※確認ダイアログで[キャンセル]をクリックすると、全件エクスポートを行わなず、確認ダイアログを閉じます。

(3) [実行]をクリックします。

全件エクスポートが実行されます。

正常に処理が完了するとダウンロードURLが画面上に表示されます。

URLをクリックするとzipファイル(export-all.zip)がダウンロードされます。

※全件エクスポートの実行中に[キャンセル]をクリックすると、全件エクスポートの処理を中止してよいかの確認ダイアログが表示されます。

  • [実行]をクリックすると、アイテムの全件エクスポートを中止し、確認ダイアログを閉じます。

  • [キャンセル]をクリックすると、アイテムの全件エクスポートを続行し、確認ダイアログを閉じます。

2.その他の試験的機能

下記の機能は試験的な機能となっており、用途が限定されております。ドキュメント整備、また使用にはいくつか制限事項があります。

これらの機能については、wekosoftware ( at ) nii.ac.jp にお問い合わせください。

2.1.制限公開機能

利用者からの申請をもとに、ファイルコンテンツを公開する機能です。

2.2.ファセット検索

リポジトリコンテンツに対するファセット検索が可能となります。

2.3.IIIF機能

単独でプレビュー可能なmanifest.jsonをアップロードすると、IIIFプレビューワで内容を確認することができます。

複数の画像ファイルと空のmanifest.jsonをアイテムのコンテンツとしてアップロードすると、それらの画像をIIIFプレビューワで確認することができます。


  • No labels