Skip to end of metadata
Go to start of metadata

ファイルの送信時やゲストにバウチャーを送信時に宛先を指定してメールを送信しますが、宛先のメールアドレスが誤っていた場合などメールが配信できないことがあります。

NII FileSenderでは、メールが配信できなかった場合に特定の条件を満たしていればそれを送信者に通知します。条件を満たさない場合は、配信できなかったことを送信者は知ることができません。

通知の方法

送信したメールが配信できなかった場合、マイ転送画面の当該の転送について赤く色づけされて表示されます。ただし、送信した直後に表示されるわけではなく、配信できなかったことが判明した時点で表示されるため通常一時間程度、場合によっては数日後に表示される可能性があります。

また、メールでも通知されます。


通知される条件

送信したメールの宛先の(あるいは中継された)メールサーバが、メールを配信できなかった場合にインターネットの標準仕様の一つである RFC 3464 に準拠したメールの形式にて送信元サーバである NII FileSender に通知してきた場合、NII FileSender は上記の方法にて送信者に通知します。

より具体的には配信できなかった旨の通知メール(バウンスメール)が以下の形式のものを対象とします。

  • Content-Type: multipart/report のメールである
  • 2つ目のパートが Content-Type: message/delivery-status で、Action ヘッダが failed である
  • 3つ目のパートにオリジナルのメールがあり、その中にNII FIleSenderが送信したメールのヘッダ X-Filesender-Context ヘッダ、あるいは NII FileSender が生成した形式の Message-Id ヘッダが含まれている
  • No labels