Skip to end of metadata
Go to start of metadata

学認が提供しておりますIAL2およびAAL2文書に準拠していることを示すための技術情報を記します。

IALおよびAALを格納する要素・属性

SAMLでの規定およびREFEDS等での利用から、下記要素・属性を用いることとする。

SPからの多要素認証要求

SAMLの規定により、認証要求(AuthnRequest) AuthnContextClassRef という認証方式に関するパラメーターを含めることができる。
通常は無指定であり、どんな認証方式でもOKであることを表す。
例えば、パスワード認証は以下の識別子で指定できる:
urn:oasis:names:tc:SAML:2.0:ac:classes:PasswordProtectedTransport

認証要求の AuthnContextClassRef を使うと、通常はパスワード認証でOKだが、機密度・重要度の高いサービスは「パスワードでない何か」を求めることができる。

学認のIAL2/AAL2を示す識別子

AAL2については認証要求およびアサーションのAuthnContextClassRefに下記識別子を格納することとする。

  • 識別子: “https://www.gakunin.jp/profile/AAL2

IAL2についてはアサーションのeduPersonAssurance属性に下記識別子を格納すこととする。

  • 識別子: “https://www.gakunin.jp/profile/IAL2

Shibboleth SPでの記述例

AAL2を要求する記述例

Apache設定
<Location /restricted-attrviewer/ialaal.php>
    ShibRequestSetting authnContextClassRef https://www.gakunin.jp/profile/AAL2
</Location>

IAL2を受信する記述例

PHPコード
$ary = preg_split("/(?<!¥¥¥);/", $_SERVER["assurance"]);
foreach ($ary as $val) {
    if ($val == "https://www.gakunin.jp/profile/IAL2") {
        ....
    }
}

AAL2を受信(要求に応えるのはSAML的にMUSTだが念の為)

PHPコード
if ($_SERVER["Shib-AuthnContext-Class"] == "https://www.gakunin.jp/profile/AAL2") {

Shibboleth IdPでの設定方法例

AAL2について:

IAL2について:

  • eduPersonAssurance属性の設定は通常の属性と同じ

AAL2利用シナリオ例:ステップアップ認証パターン

  1. (SP)AAL2に限定しないログインを行う
    • ここでAAL2で認証された場合はセッションにフラグを立てる
  2. (SP)ログイン後の処理・ユーザー操作を受け付ける
  3. (SP)AAL2を要求する機能を要求された場合
    1. (SP)AAL2で認証したことがない場
      1. (SP)AAL2限定のログインを行う
        • DSにてAAL2をサポートしたIdPのみ表示する
      2. (SP)AAL2で認証されたことが確認できればフラグを立てる
    2. (SP)フラグが立っていれば当該機能を提供する

他の考慮点:AAL2付与されないIDへの救済措置

メタデータへの記載

IdPのIAL2/AAL2対応状況やSPの要求状況を示すための、メタデータへの記載方法については検討中である。

関連資料

IdP側改修における要求仕様例:

東京大学での試行における技術情報提供:

  • No labels