Skip to end of metadata
Go to start of metadata

貴学にてSPをインストールする場合の構築手順

 

 


1. Shibboleth SP (version 2.6以降) の動作要件

以下は本技術ガイドで構築する前提となる環境です。

    • Apache HTTP Server 2.4以上と mod_ssl

他の環境および最新の情報はShibbolethのサイトでご確認ください:
全体LinuxMac OS XSolarisWindowsJava Servlets

 


2. OSをインストールする

1. OSでの設定

  • OS(CentOS 7)インストール
    インストーラを起動してOSのインストールを行ってください。途中表示されるパッケージ選択画面では「Webサーバー」を選択してください。
    その他に必要なパッケージがある場合は、適宜インストールしてください。
    ※このテキストはSELinuxは無効化されているものとして書かれております。下記コマンドでSELinux設定を確認してください。

    $ /usr/sbin/getenforce

  • ネットワーク設定
    環境に合わせ、ホスト名・ネットワーク・セキュリティを設定してください。
    SPでは shibd サービスが通信を行います。

2. DNSへ登録

 新しいホスト名とIPアドレスをDNSに登録してください。

3. 時刻同期の設定

 ntpサービスを用い、貴学環境のntpサーバと時刻同期をしてください。 
※Shibbolethでは、通信するサーバ間の時刻のずれが約5分を越えるとエラーになります。

 

 


3. Shibbolethのインストール

SPバージョン2.3からはrepositoryが用意され、yumに対応したのでインストールが大変楽になりました。
ここで説明するのは、以下のOSについてのインストール方法となります。

  • CentOS 5/6/7, Red Hat Enterprise Linux 5/6/7 (i386)
  • SUSE Linux Enterprise Server 10/11(無印/SP1/SP2/SP3) (i386)
  • OpenSUSE Linux 12.1/12.2/12.3 (i386)

 その他のOSについては、以下を参照してください。

※上記OSでx86_64の場合
⇒下記の"yum install shibboleth"を"yum install shibboleth.x86_64"と読み替えてください。
※Linuxの他のディストリビューションの場合
こちら
※他のOSの場合
こちら

 

1. repositoryファイル追加 

  Shibboleth用のrepositoryファイルをダウンロードします。
  (下記コマンドは、CentOS 7 の場合です。他のディストリビューションの場合はURLの "CentOS_7" の部分を適宜読み替えてください。ただし、RHEL 7 の場合は "CentOS_7" をご利用ください。)

対応表:

OS/バージョンURL

CentOS 5

CentOS_5

CentOS 6

CentOS_CentOS-6

CentOS 7, RHEL 7

CentOS_7

# wget http://download.opensuse.org/repositories/security:/shibboleth/CentOS_7/security:shibboleth.repo

 yumにrepositoryファイルを追加します。
  (コロンはちょっと気持ち悪いので、ファイル名も変更しています。)


# cp security\:shibboleth.repo /etc/yum.repos.d/shibboleth.repo


2. インストール

  yum コマンドの実行前に、まず※PGP鍵のインポートを参照してください。
  yumコマンドを使用する為、依存性のあるunixODBCなども同時にインストールされます。

# yum install shibboleth

  なお、OSインストール直後の状態でyum install shibbolethでインストールされるパッケージは以下の通りです。
  (2013年10月22日現在, CentOS 7にて)

shibboleth 2.6.0-2.1

libcurl-openssl  (*)

liblog4shib1

libmemcached  (*)

libsaml9

libxml-security-c17

libxmltooling7

opensaml-schemas

unixODBC

xerces-c

xmltooling-schemas

(2012年11月14日注:CentOS 5の場合は libcurl-openssl, libmemcached はインストールされません)
(2011年6月21日注:ここでliblog4shib1でなく古いlog4shibがインストールされた場合は
yum update liblog4shib1
を実行してアップデートしてください)


3. httpd 設定   
 

/etc/httpd/conf.d/ssl.confにて、ServerNameを設定します。

ServerName example-sp.nii.ac.jp:443    ← ホスト名を設定

 

加えて、SSL 3.0プロトコルに対する攻撃が発見されておりますので、当該プロトコルを無効化することをお勧めします。⇒SSLバージョン3の脆弱性について (CVE-2014-3566)

SSLProtocol all -SSLv2 -SSLv3


4. shibd 起動 

以下のコマンドでshibdを起動し、自動起動設定も行います。

# systemctl start shibd
# systemctl enable shibd


 CentOS 6の場合
# service shibd start

 


4. サービスの起動・停止方法

サービス
起動コマンド
停止コマンド
再起動コマンド
httpdsystemctl start httpdsystemctl stop httpdsystemctl restart httpd
shibdsystemctl start shibdsystemctl stop shibdsystemctl restart shibd
 CentOS 6の場合
サービス
起動コマンド
停止コマンド
再起動コマンド
httpdservice httpd startservice httpd stopservice httpd restart
shibdservice shibd startservice shibd stopservice shibd restart

※shibdと同様、httpdもSPの設定ファイル(shibboleth2.xml等)を読み込みますので、設定ファイルを変更した際はhttpdの再起動もしくは再読み込み(reload)もあわせて行うようにしてください。httpdに含まれるShibbolethモジュール(mod_shib)が当該ファイルを読み込みます。



 
インストールが完了したら,サイト情報等の設定を行って下さい.
 



  • No labels