Skip to end of metadata
Go to start of metadata

接続までに必要なセッティング

1. Shibboleth SPの設定

デフォルトでは、/etc/shibboleth/ がShibboleth SPの設定ファイルのディレクトリとなります。
変更する以下の設定ファイルも同ディレクトリ配下にあります。

2. サーバ証明書と設定

3. 接続テスト

Shibboleth SPのログは以下に出力されます。
/var/log/shibboleth/{shibd.log, shibd_warn.log}
  SPに関する、SAML関連、Metadata関連、セキュリティ関連のログです。通常は、こちらのログを参照ください。
/var/log/shibboleth-www/{native.log, native_warn.log} 
  Apacheモジュールmod_shibのログです。shidb.logでは情報が足りない場合は、こちらのログを参照ください。
  (SP 2.5.3およびそれ以前からアップデートして使っている場合は/var/log/httpd/以下に出力されている場合、もしくは出力に失敗している場合があります。最新版にアップデート後 /etc/shibboleth/native.logger.dist を参考にして出力先を上記に変更してください。)
/var/log/shibboleth/transaction.log
  SPのトランザクションに関するログです。セッションの開始や終了、属性等が含まれます。

なお、これらログファイルに関する設定は、/etc/shibboleth/{shibd.logger , native.logger} にあります。


構築後のカスタマイズ

 


ノウハウ

 


サンプル

 

このページに探している情報がない場合、下記のWikiスペースにも有益な情報が掲載されていますので、あわせてご覧ください。
meatwiki:GakuNinShare

 

 

 

  • No labels