Skip to end of metadata
Go to start of metadata

学内システムとして構築する場合の設定

本技術ガイドでは、フェデレーションに参加して連携する設定を説明していますが、ここでは、所属機関内のみで使用するSPを構築した場合など、特定のIdP・特定のSPの間でのみ連携する設定に変更する方法を説明します。

SP側shibboleth2.xmlとIdP側metadata-providers.xmlを編集し、以下のように設定します。 

  1. SPは、DSを経由せず、特定のIdPのみ信頼する
  2. IdPは、特定のSPのみ信頼する



shibboleth2.xmlの設定

IdPのメタデータを別途取得している場合はそのメタデータファイルを用いてください。そうでない場合は以下の手順に従ってIdPメタデータを取得してください。

もしIdPが学認の運用フェデレーションに参加している場合は、代わりに学認メタデータからIdPメタデータを自動抽出して利用することもできます。詳しくは以下をご参照ください。
GakuNinShare:設定・運用・カスタマイズ#メタデータ中の特定のIdPのみ利用を許可する方法

この設定を行った場合、DSの参照設定無効化から続きを実行してください。


  • テストフェデレーションに登録済みのIdPを利用する場合、学認申請システム(テストfed)にログインして該当IdPの詳細画面で「以下の内容のエンティティメタデータを取得」ボタンでメタデータを取得します。
  • テストフェデレーションに参加していない場合でも、学認申請システム(テストfed)を用いてIdPメタデータを取得することが可能です。

学認申請システム(テストfed)にアクセスして、「新規IdP申請」をクリックします。

○右側の入力に以下の必須情報を入力します。
        entityID → 指定するIdPのentityID。 例: https://idp.example.ac.jp/idp/shibboleth
        機関名称 → 入力例: フェデレーション大学 / The University of Federation
        スコープ → SPがIdPを識別するための情報。 例: nii.ac.jp
        証明書 → IdPの証明書をファイルで指定するか、もしくは MII… で始まる中身を貼り付けます。
        IdP名称 → 他のIdP/SPと区別できる名称。
        機関情報URL → IdP運用機関のウェブサイトURL。
        連絡先 → 種別は「技術的問い合せ先(technical)」を選択して連絡先を入力してください。

○入力後、申請せずに、「以下の内容でエンティティメタデータ生成」ボタンをクリックしてください。当該IdPのメタデータが生成されます。

IdPのメタデータを取得したら、それをSP上に配置します。端末上にある場合は、当該ファイルの中身を表示し全てコピーし、SP上でvi等を実行し挿入できる状態にした上で、貼り付けてください。

  • 取得したIdPのメタデータをSPの /etc/shibboleth/ (もしくは /etc/shibboleth/metadata/)に配置します。配置したIdPのメタデータファイルを参照する設定を追加し、フェデレーションのメタデータ設定を外します。

    (省略)
        <!-- Example of locally maintained metadata. -->

        <!-- コメントアウト解除 -->
        <MetadataProvider type="XML" validate="true" path="メタデータファイル名"/>
        <!-- コメントアウト解除 -->

        <!--
        Allows overriding of error template information/filenames. You can
        also add attributes with values that can be plugged into the templates.
        -->
        <Errors supportContact="root@localhost"
            helpLocation="/about.html"
            styleSheet="/shibboleth-sp/main.css"/>

        <!-- Example of remotely supplied batch of signed metadata. -->
        <!-- コメントアウト
<MetadataProvider type="XML" validate="true"
        url="https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-metadata.xml"

             backingFilePath="federation-metadata.xml" reloadInterval="7200">
            <MetadataFilter type="RequireValidUntil" maxValidityInterval="1296000"/>
            <MetadataFilter type="Signature" certificate="/etc/shibboleth/cert/gakunin-signer-2010.cer"/>
        </MetadataProvider>
        コメントアウト -->

    (省略)


  • 認証要求先のIdPを設定し、DSの参照設定を無効にします。

   (省略)

        <Sessions lifetime="28800" timeout="3600" relayState="ss:mem"

                  checkAddress="false" handlerSSL="false" cookieProps="http">

            <!--
            Configures SSO for a default IdP. To allow for >1 IdP, remove
            entityID property and adjust discoveryURL to point to discovery service.
            (Set discoveryProtocol to "WAYF" for legacy Shibboleth WAYF support.)
            You can also override entityID on /Login query string, or in RequestMap/htaccess.
            -->
            <SSO entityID="https://test-idp1.gakunin.nii.ac.jp/idp/shibboleth"
                           ↑IdPを設定(metadataに設定されているentityID)
                 discoveryProtocol="SAMLDS" discoveryURL="https://ds.example.org/DS/WAYF">
              SAML2 SAML1
            </SSO>


   (省略)

            <!-- Session diagnostic service. -->
            <Handler type="Session" Location="/Session" showAttributeValues="false"/>

            <!-- JSON feed of discovery information. -->
            <Handler type="DiscoveryFeed" Location="/DiscoFeed"/>

            <!-- コメントアウト
            <SessionInitiator type="Chaining" Location="/DS" isDefault="true " id="DS">
                <SessionInitiator type="SAML2" template="bindingTemplate.html"/>
                <SessionInitiator type="Shib1"/>
                <SessionInitiator type="SAMLDS" URL="https://test-ds.gakunin.nii.ac.jp/WAYF"/>
            </SessionInitiator>
            コメントアウト -->
        </Sessions>


   (省略)

 ※端末のサイズによっては表記がずれる可能性がございます。画面を広くしてご覧ください。 


 設定変更後、httpdとshibdを再起動します。

systemctl restart httpd
systemctl restart shibd
 CentOS 6の場合
service httpd restart
service shibd restart


※DSを経由する設定にshibboleth2.xmlを戻したい場合は、こちらを参照してください。



metadata-providers.xmlの設定

SPのメタデータを別途取得している場合はそのメタデータファイルを用いてください。そうでない場合は以下の手順に従ってSPメタデータを取得してください。

  • テストフェデレーションに登録済みのSPを利用する場合、学認申請システム(テストfed)にログインして該当SPの詳細画面で「以下の内容のエンティティメタデータを取得」ボタンでメタデータを取得します。
  • テストフェデレーションに参加していない場合でも、学認申請システム(テストfed)を用いてSPメタデータを取得することが可能です。   

学認申請システム(テストfed)にアクセスして、「新規SP申請」をクリックします。

○右側の入力に以下の必須情報を入力します。
        entityID → 指定するSPのentityID。 例: https://sp.example.ac.jp/shibboleth-sp
        機関名称 → 入力例: フェデレーション大学 / The University of Federation
        証明書 → SPの証明書をファイルで指定するか、もしくは MII… で始まる中身を貼り付けます。
        DSからのリターンURL → DSからの戻り先となるURL。例: https://sp.example.ac.jp/Shibboleth.sso/DS
        SP名称 → 他のIdP/SPと区別できる名称。
        機関情報URL → SP運用機関のウェブサイトURL。
        連絡先 → 種別は「技術的問い合せ先(technical)」を選択して連絡先を入力してください。

○入力後、申請せずに、「以下の内容でエンティティメタデータ生成」ボタンをクリックしてください。当該SPのメタデータが生成されます。

SPのメタデータを取得したら、それをIdP上に配置します。端末上にある場合は、当該ファイルの中身を表示し全てコピーし、IdP上でvi等を実行し挿入できる状態にした上で、貼り付けてください。

  • 取得したSPのメタデータをIdPの /opt/shibboleth-idp/metadata/ に配置します。配置したSPのメタデータファイルを参照する設定を追加し、フェデレーションのメタデータ設定を外します。

    (省略)

    The EntityRoleWhiteList saves memory by only loading metadata from entity types
    that you will interoperate with.
-->
<!-- ← 学認メタデータの自動ダウンロードを使用しないのでコメントアウト
<MetadataProvider id="HTTPMetadata"
                  xsi:type="FileBackedHTTPMetadataProvider"
                  backingFile="%{idp.home}/metadata/gakunin-metadata-backing.xml"
                  metadataURL="https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-metadata.xml">

<MetadataFilter xsi:type="SignatureValidation" certificateFile="%{idp.home}/credentials/gakunin-signer-2010.cer" />

   <MetadataFilter xsi:type="RequiredValidUntil" maxValidityInterval="P15D" />
   <MetadataFilter xsi:type="EntityRoleWhiteList">
       <RetainedRole>md:SPSSODescriptor</RetainedRole>
   </MetadataFilter>
</MetadataProvider>
--> ← 学認メタデータの自動ダウンロードを使用しないのでコメントアウト
↓以下を追加
<MetadataProvider id="SP名MD" xsi:type="FilesystemMetadataProvider" metadataFile="%{idp.home}/metadata/メタデータファイル名"/>

    (省略)

端末のサイズによっては表記がずれる可能性がございます。画面を広くしてご覧ください。 

学認参加IdPが個別の学内SPとも連携したい場合など、フェデレーションのメタデータ設定をコメントアウトせずにSPメタデータ設定を追加すれば、どちらのSPとも連携できます。


 設定変更後、Jettyを再起動します。

systemctl restart jetty
 CentOS 6の場合(Tomcat)
service tomcat7 restart

 ※フェデレーションのメタデータの参照設定を行った設定にmetadata-providers.xmlを戻す場合は、こちらを参照してください。


利用するSPにアクセスし、DSを経由せず、設定したIdPに直接アクセスすること、およびIdPで認証してSPに接続できることを確認してください。

  • No labels