2020年1月よりいずれのグループにも所属していない方は本サービスにログインできなくなりました。該当者はログインせずにこれまで同様に各公開ページを閲覧できます。
詳細: [upki-fed:01315] 【重要】meatwikiアカウント整理のお知らせ
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

テストアカウントで接続確認する


 1.httpdとTomcatの再起動(★)

接続確認前にhttpdとTomcatを再起動します。(★)

# service tomcat6 stop
# service httpd restart
# service tomcat6 start

 


 2.テストSPにアクセス(★)

テストSPにアクセスしログインを行ってください。学認のテストSPは技術ガイドに記載しています。画面中央の「接続テスト」 リンクをクリックしてください。

実習セミナー

・実習セミナー内のSPサーバにアクセスして、確認します。
 https://ex-sp.gakunin.nii.ac.jp/

 


3.DSのIdP選択画面が表示(★)

 DSのIdP選択画面から構築したIdPを選択します。(★)
 ※学認DSについての注意点:
  一度選択したIdPが表示されている状態で、別のIdPを選択したい場合は、
  「リセット」リンクをクリックすると選択可能な全てのIdPが表示されます。

 

 よくあるエラー

IdP選択時にブラウザにエラー(HTTPステータス 404 -) 

IdPを選択した際に、ブラウザに下記のエラーが出力されます。

HTTPステータス 404 -
type ステータスレポート
メッセージ
説明 The requested resource () is not available.

→IdPの各種設定ファイルにて記述ミスの可能性があります。
 ログファイル /opt/shibboleth-idp/logs/idp-process.log を確認して下さい。(下記の"HandlerManager"や"RelyingPartyConfigurationManager"の部分で、どの設定ファイルに問題があるか判別可能です)

  • /opt/shibboleth-idp/conf/handler.xml にて記述ミスがある場合

    00:00:00.000 - ERROR [edu.internet2.middleware.shibboleth.common.config.BaseService:188] - Configuration was not loaded for shibboleth.HandlerManager service, error creating components.  The root cause of this error was: org.xml.sax.SAXParseException: The content of elements must consist of well-formed character data or markup.
  • /opt/shibboleth-idp/conf/relying-party.xmlにて検証用証明書の設定が間違っている場合

    00:00:00.000 - ERROR [edu.internet2.middleware.shibboleth.common.config.BaseService:188] - Configuration was not loaded for shibboleth.RelyingPartyConfigurationManager service, error creating components.  The root cause of this error was: java.io.FileNotFoundException: /opt/shibboleth-idp/credentials/gakunin-signer-2010.cer (No such file or directory)

    →実習セミナー環境での検証用証明書はex-fed.crtとなっています。ファイルが指定場所にあるか、ファイル名が間違っていないか確認ください。
     テストフェデレーション、運用フェデレーションにおける検証用証明書については技術ガイドのrelying-party.xml ファイルの確認を参照ください。
     

  • /opt/shibboleth-idp/conf/relying-party.xmlのMetadata Configuration付近にて記述ミスがある場合

    00:00:00.000 - ERROR [edu.internet2.middleware.shibboleth.common.config.BaseService:188] - Configuration was not loaded for shibboleth.RelyingPartyConfigurationManager service, error creating components.  The root cause of this error was: org.xml.sax.SAXParseException: cvc-complex-type.2.3: Element 'metadata:MetadataProvider' cannot have character [children], because the type's content type is element-only.
  • /opt/shibboleth-idp/conf/relying-party.xmlのProfileConfiguration付近にて記述ミスがある場合

    00:00:00.000 - ERROR [edu.internet2.middleware.shibboleth.common.config.BaseService:188] - Configuration was not loaded for shibboleth.RelyingPartyConfigurationManager service, error creating components.  The root cause of this error was: org.xml.sax.SAXParseException: Element type "rp:ProfileConfiguration" must be followed by either attribute specifications, ">" or "/>".
  • idp-process.logにエラーが出ていない場合、$CATALINA_HOME/endorsedフォルダにjarファイルがコピーできていない可能性もあります
    参考情報: 貴学にてIdPをインストールする場合の構築手順 - 4. Shibbolethのインストール(★) -4. Tomcatの設定(★)

IdP選択時にページが見つからない(404 Not Found) 

IdPを選択した際に、Webページがみつからない、404 Not Foundといったエラーがブラウザに表示されます。  

IE:
Webページが見つかりません。HTTP 404
可能性のある原因:
 ・アドレスに入力ミスがある。
 ・リンクをクリックした場合に、リンクが古い場合があります。
 
Firefox:
サーバが見つかりませんでした。

→/etc/httpd/conf.d/ssl.conf にて記述ミスの可能性があります。
 参考情報: 貴学にてIdPをインストールする場合の構築手順 - 3. jdk6、tomcat6をインストールする(★) -5. httpd の設定(★)
 


IdP選択時にブラウザにエラー(HTTPステータス 404 - /idp/profile/SAML2/Redirect/SSO) 

IdPを選択した際に、ブラウザに下記のエラーが出力されます。

HTTPステータス 404 - /idp/profile/SAML2/Redirect/SSO
type ステータスレポート
メッセージ /idp/profile/SAML2/Redirect/SSO
説明 The requested resource (/idp/profile/SAML2/Redirect/SSO) is not available.

→$CATALINA_HOME/webappsにidp.warファイルがきちんとコピーできていない可能性があります。

 参考情報: 貴学にてIdPをインストールする場合の構築手順 - 4. Shibbolethのインストール(★) -5. idp.war の配置(★)

 


4.ログイン(★)

 設定したIDとPasswordを利用してログイン(★)

実習セミナー

・接続確認用ユーザ情報は、以下のようになっています。
 ID:test001、パスワード:test001
 ID:test002、パスワード:test002
 ID:test003、パスワード:test003
 何れかを使用して、ログインしてください。

 ID, パスワードを入力してログインした後、表示される環境変数に、IdPで公開するように設定した値
  (LDAPに保存されている eduPersonPrincipalNameなど)が含まれていることを確認します。
  これが、SPへ送信したユーザの属性情報となります。


 よくあるエラー

IdPで認証時にエラー(Error Message:Error decoding authentication request mesaage) 

IdP選択後、認証画面にてログインした際に、ブラウザに下記のエラーが出力されます。

Error Message:Error decoding authentication request mesaage

また、/opt/shibboleth-idp/logs/idp-process.log に下記のエラーが出力されます。

00:00:00.000 - ERROR [edu.internet2.middleware.shibboleth.idp.authn.AuthenticationEngine:618] - No user identified by login handler.
00:00:00.000 - ERROR [edu.internet2.middleware.shibboleth.idp.authn.AuthenticationEngine:563] - Authentication failed with the error:

→/opt/shibboleth-idp/conf/handler.xml にて記述ミスの可能性があります。

 参考情報:  IdPセッティング - handler.xml ファイルの変更(★)


IdPで認証時にエラー(Credentials not recognized.) 

IdP選択後、認証画面にてログインした際に、ブラウザに下記のエラーが出力されます。

Credentials not recognized.

また、/opt/shibboleth-idp/logs/idp-process.log に下記のエラーが出力されます。

00:00:00.000 - WARN [edu.vt.middleware.ldap.auth.SearchDnResolver:1105] - Error performing LDAP operation, retrying (attempt 0)

→/opt/shibboleth-idp/conf/login.config にて記述ミスの可能性があります。

 参考情報:  IdPセッティング - login.config ファイルの変更(★)


IdPで認証時にエラー(Message was signed, but signature could not be verified)

IdP選択後、認証画面にてログインした際に、ブラウザに下記のエラーが出力されます。

opensaml::FatalProfileException at (https://ex-sp.gakunin.nii.ac.jp/Shibboleth.sso/SAML2/POST)
Message was signed, but signature could not be verified.

 → トラブルシューティング を参照下さい。

 

表示例)
phpinfoの場合
 

PHP Variables 

variablevalue
_SERVER["unscoped-affiliation"]faculty

 


5.メタデータ署名検証が正常に機能していることの確認

実習セミナー

・実習セミナーでは改変されたメタデータが用意されていないのでこの項目は飛ばしてください。 

relying-party.xmlに設定した取得するメタデータを改竄されたものに変更して、適切に署名検証が失敗することを確認してください。
relying-party.xmlの以下の部分を修正し、Tomcatを再起動してください。(元がgakunin-test-metadata.xmlの場合はgakunin-test-metadata-tampered.xmlに修正してください)

        <metadata:MetadataProvider id="URLMD" xsi:type="metadata:FileBackedHTTPMetadataProvider"
                          metadataURL="https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-metadata-tampered.xml"

メタデータの署名検証に失敗した場合には、IdPのログファイル(/opt/shibboleth-idp/logs/idp-process.log)に以下の様なメッセージが出力されます。

11:44:03.060 - ERROR [org.opensaml.saml2.metadata.provider.SignatureValidationFilter:311] - Signature trust establishment failed for metadata entry URLMD
11:44:03.067 - ERROR [org.opensaml.saml2.metadata.provider.AbstractReloadingMetadataProvider:393] - Error filtering metadata from https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-metadata-tampered.xml
org.opensaml.saml2.metadata.provider.FilterException: Signature trust establishment failed for metadata entry
        at org.opensaml.saml2.metadata.provider.SignatureValidationFilter.verifySignature(SignatureValidationFilter.java:312) ~[opensaml-2.5.3.jar:na]
(...略...)
11:44:03.071 - ERROR [org.opensaml.saml2.metadata.provider.AbstractMetadataProvider:411] - Metadata provider failed to properly initializing, halting
org.opensaml.saml2.metadata.provider.MetadataProviderException: org.opensaml.saml2.metadata.provider.MetadataProviderException: Error filtering metadata from https://metadata.gakunin.nii.ac.jp/gakunin-metadata-tampered.xml
        at org.opensaml.saml2.metadata.provider.AbstractReloadingMetadataProvider.refresh(AbstractReloadingMetadataProvider.java:266) ~[opensaml-2.5.3.jar:na]
(...略...)
11:44:03.073 - ERROR [edu.internet2.middleware.shibboleth.common.config.BaseService:188] - Configuration was not loaded for shibboleth.RelyingPartyConfigurationManager service, error creating components.  The root cause of this error was: org.opensaml.saml2.metadata.provider.FilterException: Signature trust establishment failed for metadata entry

検証に失敗した場合、起動に失敗しますのでIdPで認証しようとすると代わりにエラー画面(HTTP Status 404)が表示されます。また、この時点でバッキングファイルは改竄されたもので上書きされていますので、バッキングファイルを使って復旧することもできません。

バッキングファイルは /opt/shibboleth-idp/metadata/some-metadata.xml にあります。

確認後は、設定を元に戻すのを忘れないでください。

 

Previous Page Parent Page  

  • No labels