Skip to end of metadata
Go to start of metadata

事前作業(シンクライアント環境)

IdP、又はSPの構築にあたって、ベースとなるOS (Linux/CentOS)の起動と初期設定(ネットワークの設定など)を
以下の手順にて行ってください。
※使用するサーバは、「CentOS5 32bit」です。
※VMwareを使用していますが、必ずしも推奨している訳ではありません。

1. VMイメージよりOS起動

VMware Playerを起動させてください。
 画面左のリストより実習用Shibboleth-IdP、又は実習用Shibboleth-SPを選択し、
 画面右下にある「仮想マシンの再生」をクリックしてください。
 ※初回起動時には、イメージをコピーしたか移動したかの確認メッセージが表示されます。
  その際は、「コピーしました」を選択してください。
 ※OSのインストールと、DNS登録、時刻同期の設定のみ完了している状態です。

2. ゲストOSの初期設定

 ・VMware Playerのコンソールで操作

VMware Playerの画面をクリックすると操作対象がVMwareのコンソールに移ります。
 OSのサービスが全て起動し、ログインプロンプト(login:)が表示されたら、
 rootユーザでログインします。
 ※「Ctrl+Alt」キーで、操作対象をWindowsに戻す事ができます。

 
・初期設定シェルスクリプトの実行

実習セミナー環境での初期設定は、コンソール画面よりシェルスクリプトを実行して行います。
 シェルスクリプトがネットワークの設定を行うとともに、実習セミナー内のDSサーバから
 証明書、メタデータのテンプレート取得などを行います。
 以下のコマンドラインを実行してください。
 
 # /root/TOOL/initSetting.sh 割り振られた番号
 
 例)1番を割り振られた場合(PC:cb0001)
 # /root/TOOL/initSetting.sh 1
 
 初期設定スクリプトが取得したファイルは、「/root/GETFILE」に保存されます。
 初期設定が完了すると、以降はTeraTermで操作していきます。
 表示されるホスト名を接続先として、TeraTermで接続してください。
 (コンソール画面は、閉じないで最小化しておいてください。)
 
 注意:1日目終了時点では、ゲストOSのシャットダウンは、行わないでください。ゲストOSは、
     必ず×をクリックして、そのままコンソール画面を閉じます。(サスペンドする設定になって
      います。メニューの「仮想マシン」→「パワー」→「サスペンド」を選択しても同じです。)
     このようにすると、構築した情報が保存されるので、2日目にその状態から再開することが
     できます。 

 


Shibboleth構築作業について

1. IdP構築:接続確認までの流れ

  1)Javaのインストール

  2)Tomcatのインストール
      変更ファイル: /etc/profile, httpd.conf, ssl.conf, server.xml

  3)Shibboleth-IdPのインストール
      変更ファイル: java.security

  4)Shibboleth-IdPの設定
    ・メタデータの自動ダウンロード設定
    ・認証方法をID/パスワード認証に設定
    ・認証時のLDAP接続設定
      変更ファイル: relying-party.xml, handler.xml, login.config

  5)SPへの送信属性に関する設定
    ※実習セミナーでは、設定済みファイルに置き換え
      変更ファイル: attribute-resolver.xml, attribute-filter.xml

  6)ApacheおよびIdPへの証明書の設定
      変更ファイル: ssl.conf, relying-party.xml

  7)メタデータの作成と提出

  8)講師用のSPを使った接続確認

2. SP構築:接続確認までの流れ

  1)Shibboleth-SPのインストール
      変更ファイル: ssl.conf

  2)Shibboleth-SPの設定
      ・EntityIDの設定
      ・DSサーバの参照設定
      ・メタデータの自動ダウンロード設定
      変更ファイル: shibboleth2.xml

  3)ApacheおよびSPへの証明書の設定
      変更ファイル: ssl.conf, shibboleth2.xml

  4)メタデータの作成と提出

  5)IdPからの受信属性に関する設定
      ※実習セミナーでは、設定済みファイルに置き換え
      変更ファイル: attribute-map.xml, attribute-policy.xml

  6)講師用のIdPを使った接続確認

 


実習セミナー環境での設定ホスト一覧
 

 DSサーバ:
  training-ds.nii.ac.jp
  ※SPに設定するDSのURL
   →https://training-ds.nii.ac.jp/discovery/WAYF

 LDAPサーバ:
  training-ds.nii.ac.jp

 レポジトリサーバ(メタデータ自動ダウンロードで参照):
  training-ds.nii.ac.jp
  ※実習セミナー内公開メタデータのURL
   →http://training-ds.nii.ac.jp/fed/training-fed-metadata.xml

 メタデータ提出先:
  training-ds.nii.ac.jp
  ※このホストのtestユーザのホーム配下にある「METADATA」ディレクトリ配下にアップロードします。

 接続確認用SP :
  training-sp.nii.ac.jp
  training-sp2.nii.ac.jp

 接続確認用IdP:
  training-idp.nii.ac.jp

 接続確認のURL:
  https://training-sp.nii.ac.jp/
  ※SP構築時の接続確認は、"training-sp.nii.ac.jp"の部分が各自
   構築したSPのホスト名となります。

 

IdP構築は、こちらへ。 また、SP構築は、こちらへ。

  • No labels