Skip to end of metadata
Go to start of metadata

1. はじめに

 本メニューでは、学術認証フェデレーション内のSPであるGakuNin mAPを使ったグループ属性値を送信する設定を行います。
内容としては、IdPにGakuNin mAPを使用できるようにし、GakuNin mAPにグループなどを作成します。
またSPに対しては、GakuNin mAPに作成するSPコネクタと連携できるように設定します。 

 ※前提条件として、活用編メニューにある「学認申請システムを使ってテストフェデレーションに参加する」を実施しておく必要があります。

※現在は「学認クラウドゲートウェイサービス」と呼ばれており、GakuNin mAPは当該サービスのグループ機能として統合されておりますが、本ページでは旧称のGakuNin mAPで説明しています。


2. 実習セミナーでは

以下のような設定で行います。
手順書と照らし合わせながら、作業を進めてください。

 ・前提条件

「学認申請システムを使ってテストフェデレーションに参加する」を実施し、IdPとSPをテストフェデレーションに登録しておく必要があります。
また、テストフェデレーションに存在するクラウドゲートウェイのSP検証環境を使用するので、ホスト名を「sptest.cg.gakunin.jp」に置き換えて設定します。

また、テストフェデレーションのIdPのIDは学認のIDほどしっかり管理されていないため、SP管理者としてのIDは特別なIdP(idp.sptest.cg.gakunin.jp)から払い出しています。本メニュー希望者はスタッフにその旨連絡しIDの払い出しを受けてください。IDに関する情報の連絡は学認申請システムに登録したメールアドレス宛に行います。

 ・IdP管理者に必要な情報

手順書の「クラウドゲートウェイ連携のための情報」内にある「IdP管理者に必要な情報」を参照し、IdPに必須属性である「ePPN (eduPersonPrincipalName)」を
送信できるよう/opt/shibboleth-idp/conf/attribute-filter.xmlに設定を追加します。  

<!-- Release attributes to mAP -->
<AttributeFilterPolicy id="PolicyforCloudGateway">
<PolicyRequirementRule xsi:type="Requester" value="https://sptest.cg.gakunin.jp/shibboleth-sp" />

<AttributeRule attributeID="eduPersonPrincipalName">
    <PermitValueRule xsi:type="ANY" />

</AttributeRule>

</AttributeFilterPolicy>


 ・SP管理者に必要な情報

手順書の「クラウドゲートウェイ連携のための情報」内にある「SP管理者に必要な情報」を参照し、手順にそって進めていきます。「attribute-policy.xmlの編集」まで行います。 
以下のように置き換えることを忘れないように設定してください。

クラウドゲートウェイ(IdP)のメタデータは、以下のように実習セミナー用DSサーバよりダウンロードして、/etc/shibboleth/metadata配下に配置します。
# wget https://ex-ds.gakunin.nii.ac.jp/sptestcgidp-metadata.xml
# mkdir -p /etc/shibboleth/metadata
#
mv sptestcgidp-metadata.xml /etc/shibboleth/metadata

手順書の「shibboleth2.xmlの編集」にあるメタデータのファイル名「cgidp-metadata.xml」を「sptestcgidp-metadata.xml」に置き換えて設定します。
また、「SimpleAggregationの追加」、「attribute-policy.xmlの編集」では、設定値にホスト名があるので、「sptest.cg.gakunin.jp 」に置き換えることを忘れないでください。

 GakuNin mAPの設定: GakuNin mAPにログイン

払い出されたIDを使ってSP管理者としてクラウドゲートウェイにログインします。(グループ機能の所在がわからない場合は左上の「MYグループ」をクリックしてください。)

テストフェデレーションのクラウドゲートウェイSP検証環境にアクセスします。
IdPは「クラウドゲートウェイSP検証環境IdP」を選択し、払い出されたIDでログインします。
https://sptest.cg.gakunin.jp/map/ 

アカウント作成画面が表示されるので、以下のように設定してください。

氏名: 任意
メールアドレス: 任意

 ・GakuNin mAPの設定: SPコネクタの作成 

 各自のSPを設定し、GakuNin mAPから属性値を取得できるようにします。 
手順書の[SP管理者]-[SPコネクタを作成する]を行ってください。 

SPコネクタ名、SPコネクタID(英数記号)、紹介文は任意の文字列でかまいませんが、例えば「ex-sp-test**-年月」(例:ex-sp-test01-201811)を入力してください。
その他の項目は、デフォルト値で問題ありません。

対象SPには、各自のSPを指定することを忘れないでください。

※**は、各自の番号に置き換えてください。 

 ・GakuNin mAPの設定: グループの作成

 使用するグループを作成します。 ここで登場人物を区別するため、一旦ログアウトし構築IdPのIDでログインしてください。
手順書の[グループ管理者]-[グループを作成する]を行ってください。 

グループ名、グループID(英数記号)は任意の文字列でかまいませんが、例えば「ex-test**-年月」(例:ex-test01-201811)を入力してください。
その他の項目は、デフォルト値で問題ありません。
※**は、各自の番号に置き換えてください。  

 ・GakuNin mAPの設定: グループをSPコネクタに接続する

グループ情報をSPコネクタで使用できるように設定します。
手順書の[グループ管理者]-[サービスを利用する]を行ってください。

「利用するWebサービスを追加」ボタンをクリックして、作成したSPコネクタ(例:ex-sp-test01-201811)を選択します。

 


3. 手順書

下記の設定手順書を参照し、作業を行います。
※実習時の設定値に置き換える事を忘れないようにしてください。


4. 動作確認

① 各自が使用するSPの接続確認用ページにアクセスします。

例)1番を割り振られた場合
  https://ex-sp-test01.gakunin.nii.ac.jp/

② ログインボタンをクリックします。

③ テストフェデレーションの所属機関の選択画面が表示されるので、各自が使用するIdPを選択します。

④ IdPのログイン画面が表示されるので、Username/Passwordを入力して認証を行います。

⑤ 正しく属性受信の確認ページが表示され、isMemberOf属性にSPコネクタ名やグループ名が送信できていることを確認します。

Previous Page Parent Page Next Page

  • No labels