Skip to end of metadata
Go to start of metadata

1. はじめに

本メニューでは、SPをカスタマイズします。
DSを使用せずに、直接IdPに認証要求を行う設定です。
例えば、所属機関内のみで使用する
学内サービスをシボレスで構築した場合などに行う設定となります。
※学認には登録せずに、所属機関のIdPで常に認証を行います。

 


2. 実習セミナーでは

以下のような設定で行います。
手順書と照らし合わせながら、作業を進めてください。

・認証要求を行うIdP

例)1番を割り振られた場合
https://ex-idp-test01.gakunin.nii.ac.jp/idp/shibboleth

・IdPのメタデータ

以下のようなURLにて取得できるようにしています。
wgetコマンドにて取得してください。

例)1番を割り振られた場合 # cd /etc/shibboleth
# wget https://ex-idp-test01.gakunin.nii.ac.jp/metadata/ex-idp-test01.xml



3. 手順書

下記の設定手順書を参照し、作業を行います。
※実習時の設定値に置き換える事を忘れないようにしてください。
※学認申請システムに参加していない場合、手順書の「metadata-providers.xmlの設定」部分を飛ばしてください。

 


4. 動作確認

① 設定後、Apacheやshibdの再起動を行ってない場合は行ってください。

systemctl restart httpd
systemctl restart shibd

② 各自が使用するSPの接続確認用ページにアクセスします。

例)1番を割り振られた場合 https://ex-sp-test01.gakunin.nii.ac.jp/

③ ログインボタンをクリックします。

④ DSの所属機関の選択画面が表示されずにIdPのログイン画面が表示されることを確認します。

⑤ Username/Passwordを入力して認証を行います。

⑥ 正しく属性受信の確認ページが表示される事を確認してください。
    ※各自が使用するIdPで認証を行なっているか、属性受信の確認ページで確認します。
      タイトルの下に表示されている「あなたのIdPは、<…>」の箇所です。

Previous Page Parent Page Next Page

  • No labels