Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

SPコネクタで利用属性が変更されたとき、もしくは属性の送信先SPが追加されたときにそのサービスを利用しているグループ側の対応手順です。各メンバーが属性送信に同意した状態にならないとサービス利用に支障が生じる可能性がありますのでご注意ください。

  1. グループが接続しているSPコネクタの利用属性が追加された場合、グループ管理者に以下のような通知メールが送信されます。

    通知メール
    「グループ名」が接続している 「SPコネクタ名」の送信される属性情報が追加されました。
    
    [追加属性]
    XXXXXXXXXXXX
    
    
    以下のURLにアクセスし送信される属性の追加に同意してください。
    同意するとメンバーに追加された送信される属性をメールで連絡します。
    https://cg.gakunin.jp/map/admin/manage_agreements/update/XXX
    

    グループが接続しているSPコネクタに設定されている対象SPが追加された場合(つまり属性の送信先SPが追加された場合)は以下のような文面になります。

    通知メール
    「グループ名」が接続している 「SPコネクタ名」の送信される属性情報が追加されました。
    
    [追加対象SP]
    XXXXXXXXXXXX
    
    
    以下のURLにアクセスし送信される属性の追加に同意してください。
    同意するとメンバーに追加された送信される属性をメールで連絡します。
    https://cg.gakunin.jp/map/admin/manage_agreements/update/XXX
    
  2. 通知メールに記載のあるURLが https://cg.gakunin.jp/ で始まることを確認したうえで、URLにアクセスします。

  3. 変更のあったサービス(SPコネクタ)が表示されます。サービス(SPコネクタ)と、追加された送信される属性について確認し、「同意する」もしくは「同意しない」をクリックします。

    「同意する」をクリックした場合には、グループ管理者に委任をしているメンバーはその時点で同意済みとなり、その旨がメール通知されます。委任をしていないメンバーには同意を促すメールが送信されます。

    「同意しない」をクリックした場合には、メンバーは同意しないままの状態となり、メール通知等も行われません。ただし「SPに送信される属性の同意」の通り、各メンバーはアカウント画面から送信に同意する属性を確認することができます。

    「同意を促すメール」を受信したメンバーは、通知メールに記載のあるURLが https://cg.gakunin.jp/ で始まることを確認したうえで、URLにアクセスして属性送信に同意してください。

    通知メール
    作成中
    




グループ管理者に戻る
Homeに戻る


  • No labels