Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

mAP に対応されたサービスは、mAPから送信されるグループ情報や登録情報を利用します。 

SPコネクタで利用属性が変更された時、もしくはSPコネクタに新たにSPが紐付けられた場合に、グループ管理者が行わなければならない確認方法を記載します。

  1. グループが接続しているSPコネクタの利用属性が追加された場合、グループ管理者に下記のような通知メールが飛びます。

    通知メール
    「グループ名」が接続している 「SPコネクタ名」の送信される属性情報が追加されました。
    
    [追加属性]
    XXXXXXXXXXXX
    
    
    以下のURLにアクセスし送信される属性の追加に同意してください。
    同意するとメンバーに追加された送信される属性をメールで連絡します。
    https://cg.gakunin.jp/map/admin/manage_agreements/update/XXX
    

    グループが接続しているSPコネクタに新たにSPが紐づけられた場合は以下のような文面になります。

    通知メール
    「グループ名」が接続している 「SPコネクタ名」の送信される属性情報が追加されました。
    
    [追加対象SP]
    XXXXXXXXXXXX
    
    
    以下のURLにアクセスし送信される属性の追加に同意してください。
    同意するとメンバーに追加された送信される属性をメールで連絡します。
    https://cg.gakunin.jp/map/admin/manage_agreements/update/XXX
    
  2. 通知メールに記載のあるURLにアクセスします。(アクセス先URLが https://cg.gakunin.jp/ で始まることを確認してください)

    「同意する」を押下すると、グループメンバーに同意を促すメールが送信されます。なお、グループ管理者に委任しているメンバーはその時点で同意済みになり、その旨通知されます。
    「同意しない」を押下すると、グループメンバーには通知が行きません。また、グループ管理者に委任されているメンバーは非同意のままです。 

    「同意しない」を選択しても、グループメンバーには通知が行かないだけで、各自アカウント画面から同意することが可能です。必要であればSPコネクタへの接続を解除するなどの措置をとってください。 

    送信される属性の同意画面は、グループメニューからも遷移できます。


グループ管理者に戻る
Homeに戻る

 

  • No labels