Skip to end of metadata
Go to start of metadata

idp.properties ファイルの変更 

IdPのentityIDやScopeや証明書などのプロパティ値をidp.properties ファイルに設定します。
entityIDやScopeは、インストール時に入力した値で設定されているので、証明書を設定します。

1. 証明書の設定

サーバ証明書と秘密鍵「/root/GETFILE」配下よりコピーしてください。ここの設定で使用する証明書となります。 

# cp /root/GETFILE/ex-idp-certs/ex-idp-test??.gakunin.nii.ac.jp.cer /opt/shibboleth-idp/credentials/server.crt ← ??は各自割り振られた番番号(0番なら「00」

# cp /root/GETFILE/ex-idp-keys/ex-idp-test??.gakunin.nii.ac.jp.key /opt/shibboleth-idp/credentials/server.key ← ??は各自割り振られた番番号(0番なら「00」

また、以下のように秘密鍵にアクセス制限をかけるとともに"jetty"ユーザで参照できるように設定します。

chown root:jetty /opt/shibboleth-idp/credentials/server.key
chmod 640 /opt/shibboleth-idp/credentials/server.key

2. idp.propertiesの設定

 /opt/shibboleth-idp/conf/idp.properties ファイルを以下のように編集します。 

idp.signing.key= %{idp.home}/credentials/server.key
idp.signing.cert= %{idp.home}/credentials/server.crt
idp.encryption.key= %{idp.home}/credentials/server.key
idp.encryption.cert= %{idp.home}/credentials/server.crt


以下のように行を挿入し、entityIDをURLとしてアクセスした際にidp-metadata.xmlが返される機能を無効にします。  

#idp.entityID.metadataFile=%{idp.home}/metadata/idp-metadata.xml
idp.entityID.metadataFile=


# Set the scope used in the attribute resolver for scoped attributes


Previous Page Parent Page Next Page

  • No labels