Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

« Previous Version 6 Next »

よくあるご質問 (FAQ)

 

WAYFless URLを持つSPをプライベートサービスに登録するには?

SPではディスカバリーサービス(DS)のIdPリストから所属機関を選択して認証する方法のほかに、所属機関ごとに用意されるWAYFless URLを用いてログインする方法が提供される場合があります。WAYFless URLは所属機関ごとに異なるURLが発行されるため、クラウドゲートウェイの利用可能サービスとして表示するためにはプライベートサービスを活用する必要があります。

あなたが所属機関のIdP管理者である場合には、プライベートサービスを機関グループに接続することで、機関グループに所属するユーザが利用可能なサービスとして公開することができます。プライベートサービスを使ったWAYFless URLのサービス追加について以下に設定例を記載します (事前に プライベートサービス のドキュメントをご一読ください)。

  • クラウドゲートウェイ ( https://cg.gakunin.jp/ ) にログインしてください。
  • クラウドゲートウェイ画面右上のドロップダウンメニューから「プライベートサービスの登録」をクリックしてください。
  • 「プライベートサービスの登録」で以下を設定してください。
    • サービス名称  :任意の名前を設定することができます。所属機関のユーザに見えることを考えると学認の IdP・SP一覧 と同じ名前にしておくことが混乱が少ないと考えられます。
    • 接続するグループ:所属する機関グループを選択します。
    • サービスアイコン:任意のアイコンを選択してください。

    • サービスURL  :SPから指定されたWAYFless URLを設定してください。SPごとの具体的な設定例を以下に記載します。

      Thomson Reuters の InCites Journal Citation Reports (JCR) のWAYFless URL設定例は以下の通りです。

      http://login.incites.thomsonreuters.com/?auth=ShibbolethIdPForm2_IC2JCR&entityID=https://idp.example.ac.jp/idp/shibboleth&ShibFederation=japaneseFederation

      赤字 は所属機関IdPのentityIDに変更してください。

      Thomson Reuters の InCites Essential Science Indicators (ESI) のWAYFless URL設定例は以下の通りです。

      http://login.incites.thomsonreuters.com/?auth=ShibbolethIdPForm2_IC2JCR&entityID=https://idp.example.ac.jp/idp/shibboleth&ShibFederation=japaneseFederation

      赤字 は所属機関IdPのentityIDに変更してください。

 

  • No labels