Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata


統計機能を利用するには、ログイン後[Administration]にアクセスし、[Statistics]をクリックしてください。

1.定型レポートの出力

1.1.ダウンロードする

(1) [Statistics]>[Report]をクリックします。

(2) レポートの管理画面の[定型レポート]の[月別集計]で、[タイプ]、[年]、および[月]を選びます。

[タイプ]として選択できる項目については、「定型レポートのタイプ一覧」を参照してください。

(3) [ダウンロード]をクリックします。

定型レポートがダウンロードされます。

定型レポートでダウンロードできるファイルは、11種類のTSV(タブ区切りテキスト)形式ファイルです。

定型レポートのタイプ一覧

タイプ

ファイル名

ログ内容

ファイルダウンロード

logReport_FileDownload_YYYY-MM.tsv

ファイルごとのダウンロード回数を、次の分類順に出力します。

  • ファイルダウンロード回数
  • オープンアクセスのファイルダウンロード回数

各分類の出力項目は以下の通りです。

  • ファイル名
  • 登録インデックス名
  • ファイルダウンロード回数
  • 未ログインユーザー
  • ログインユーザー
  • サイトライセンス認可ユーザー
  • 管理者
  • アイテム登録者

Paid File Downloads

logReport_PayFileDownload_YYYY-MM.tsv

課金ファイルのダウンロード数を出力します。

出力項目は以下の通りです。

  • ファイル名
  • 登録インデックス名
  • ファイルダウンロード回数
  • 未ログインユーザー
  • ログインユーザー
  • サイトライセンス認可ユーザー
  • 管理者
  • アイテム登録者

出力レイアウト

ファイルプレビュー

logReport_FilePreview_YYYY-MM.tsv

ファイルごとの再生回数を下記の分類順に出力します。

  • ファイルプレビュー数
  • オープンアクセスのファイルプレビュー数

各分類の出力項目は以下の通りです。

  • ファイル名
  • 登録インデックス名
  • ファイルダウンロード回数
  • 未ログインユーザー
  • ログインユーザー
  • サイトライセンス認可ユーザー
  • 管理者
  • アイテム登録者

出力レイアウト

Paid File Previews

logReport_PayFilePreview_YYYY-MM.tsv

課金ファイルの再生回数を出力します。

出力項目は以下の通りです。

  • ファイル名
  • 登録インデックス名
  • ファイルダウンロード回数
  • 未ログインユーザー
  • ログインユーザー
  • サイトライセンス認可ユーザー
  • 管理者
  • アイテム登録者

出力のレイアウト

インデックスアクセス

logReport_IndexAccess_YYYY-MM.tsv

各インデックスに所属するアイテムのアイテム詳細画面閲覧回数を出力します。

出力項目は以下の通りです。

  • 詳細ビュー合計
  • 閲覧回数

出力のレイアウト

アイテムビュー

logReport_DetailView_YYYY-MM.tsv

アイテムごとの再生回数を出力します。

出力項目は以下の通りです。

  • タイトル
  • 登録インデックス名
  • 閲覧回数
  • 未ログインユーザー

出力のレイアウト

ユーザー毎に使用するファイル

logReport_FileUsingPerUser_YYYY-MM.tsv

ユーザー別のファイルのダウンロード回数、再生回数を出力します。

出力項目は以下の通りです。

  • メールアドレス
  • ユーザ名
  • ファイルダウンロード回数
  • ファイル再生回数

出力のレイアウト

検索キーワード

logReport_SearchCount_YYYY-MM.tsv

各検索キーワードの検索回数を出力します。

出力項目は以下の通りです。

  • キーワード
  • 検索回数

出力のレイアウト

トップページへのアクセス

logReport_TopPageAccess_YYYY-MM.tsv

ホスト別のトップページアクセス回数を出力します。

出力項目は以下の通りです。

  • ホスト
  • IPアドレス
  • WEKOトップページアクセス回数

出力のレイアウト

ユーザー

logReport_UserAffiliate_YYYY-MM.tsv

権限別の登録ユーザー数を出力します。

出力項目は以下の通りです。

  • ロール
  • ユーザー数

出力のレイアウト

サイトアクセス

logReport_SiteAccess_YYYY-MM.tsv

サイトライセンスを設定しているホストまたはユーザーと、サイトライセンス以外からのアクセス回数を下記の分類順に出力します。

  • サイトライセンス別アクセス数
  • サイトライセンス別アクセス数内訳

出力項目は以下の通りです。

  • 機関名(サイトライセンス別のアクセス回数に出力します)
  • WEKO3トップページアクセス回数
  • 検索回数
  • 閲覧回数
  • ファイルダウンロード回数
  • ファイル再生回数

出力のレイアウト


1.2.メールで送信する

(1) 「1.1.ダウンロードする」(1)(2)と同様に[タイプ]、[年]、および[月]を選びます。

(2) [メール送信]で、メールアドレスを入力して[保存]をクリックします。

メールアドレスを追加する場合、[+メールアドレス]をクリックします。
メールアドレスの入力欄が追加されます。

(3) [送信]をクリックします。

登録したメールアドレスへ定型レポートが送信されます。

(4) 定期的にメールを受信する場合、[メールスケジュールの報告]で[送信間隔]の[周期]を選択して、ラジオボタンの[オン]を選択します。

(5) [保存]をクリックします。

メールスケジュールが設定されます。

設定された送信周期に基づき定型レポートメールが送信されます。

【参考】定型レポートひな形

[※]にはメール本文の言語に応じてリポジトリ名が入ります。

2.カスタムレポートの出力

(1) [Statistics]>[Report]をクリックします。

(2) [Custom Report]の項目を入力します。

項目

説明

Start Date

ログを集計する最初の日です。

カレンダーから選択または入力します。フォーマットは「yyyy/mm/dd」です。

End Date

ログを集計する最終の日です。

カレンダーから選択または入力します。フォーマットは「yyyy/mm/dd」です。

Target Report

レポートの種類です。必ず指定します。

  • [アイテム登録数]:期間中に登録されたアイテムの数です。
  • [閲覧回数]:期間中に閲覧されたアイテムの数です。
  • [ダウンロード回数]:期間中にダウンロードされたアイテムの数です。

Unit

集計単位です。必ず指定します。

デフォルトの状態は非活性です。[Target Report]を選択した後、活性になります。

以下の単位を選択できます。

  • Day
  • Week
  • Year
  • Item
  • Host

(3) [Display]をクリックします。

[Result]に集計結果が表示されます。

3.フィードバックメールの設定

(1) [Statistics]>[Feedback Mail]をクリックします。

フィードバックメールの送信を設定する画面が表示されます。

(2) [自動送信設定]で、[送信]または[送信しない]を選択します。

(3) [送信除外対象者]を設定します。

[著者DBから入力]からも入力できます。

メールアドレスを検索し、[入力]をクリックして[閉じる]をクリックします。

(4) [保存]をクリックします。

設定が保存されます。

  • No labels